よくあるご質問

FXのpips(ピップス)とは

FXのpips(ピップス)とは
海外FX

ピップ値計算機

Tradexfin Limitedは、証券ディーラーライセンス番号SD010の下、セーシェル金融庁(FSA)により規制されています。 | 個人情報保護方針 | クッキーに関する方針 | 契約条件
Fintrade Limitedは、証券ディーラーライセンス番号GB20025835の下、モーリシャス金融サービス委員会(FSC)より、規制されています。 | 個人情報保護方針 | クッキーに関する方針 | 契約条件

TPS Management Limitedの所在地は、Steliou Mavrommati 80B, Agios Pavlos, 2364, Nicosia, Cyprusです。 TPS Management LimitedはTradexfin Limitedが完全に所有しています。

リスク警告: FXのpips(ピップス)とは FXおよびCFD商品取引には投資元金を失う非常に高いリスクが伴います。弊社Tradexfinのリスク開示およびFintradeのリスク開示をお読みの上、十分にご理解ください。

お客様の個人情報を大切にします

お客様のクッキーの設定

クッキーとは何ですか?

クッキーは何の役に立つのですか?

以下は、クッキーが弊社に提供する一部の機能の概要です:

  • お客様の個人情報を確認し、お客様のアクセス元の国を特定する
  • ブラウザ種類と端末をチェックする
  • ユーザーの参照元となったサイトを追跡する
  • 第三者によるコンテンツの適切なカスタマイズを可能にする

本ウェブサイトは、Google, Inc. 社(「Google」)が提供するウェブ分析サービスのGoogle アナリティクスを使用しています。Google アナリティクスは、お客様のコンピュータに保存されている分析クッキーを使用してユーザーのウェブサイトの利用を分析します。クッキーによって生成されたお客様のウェブサイトの利用に関する情報(お客様のIPアドレスを含む)は、Googleによってそのサーバーに送信され、保存される場合があります。Google はこの情報を使用してウェブサイトの利用状況を評価し、ウェブサイトの活動に関するレポートを編集し、ウェブサイトの活動やインターネットの利用に関連するその他のサービスを提供する場合があります。また、Google は法律によってこちらを行うことが必要な場合には本情報を第三者に転送する場合があり、こちらには当該第三者がGoogle に代わって情報を処理する場合も該当します。Googleは、お客様の IP FXのpips(ピップス)とは アドレスを他のデータと関連付けることはありません。本ウェブサイトを使用することにより、お客様は、Googleにお客様に関する情報を上記に規定された方法および目的にて処理する許可を与えます。

FXのpips(ピップス)とは

「1000通貨取引で1pipsの利益はいくらになるの?」

「どれくらいの資金が必要かな?」

「1000通貨取引で利益を積み上げるコツが知りたい」

結論から言うと、米ドル/円の1000通貨取引における1pipsの利益は 10円 です。

必要な証拠金についてはレートを1米ドル円 = 115円(2022年2月時点)とすると、レバレッジ25倍なら約5,000円で取引できます。

この記事では、pipsの計算方法を初心者にもわかりやすく解説するとともに、安全に運用できる資金量の目安と1pipsの利益を積み上げるコツをお伝えします。

記事内容を実践すれば初心者でもpips計算ができるようになり、 適切な資金を用意して安全に運用できるようになりますよ。

・1000通貨取引の基本
・pipsの計算方法
・1000通貨取引における1pipsの損益額
・1000通貨取引で1pips稼いだ場合の利益
・用意すべき資金の目安
・1pipsの利益を狙う時の7つのコツ
・1pipsの利益を狙いやすいFX会社2選

FXの1000通貨取引とは

FXには1、100、1,000、1万の4種類の取引単位があり、FX会社や通貨ペアによって異なります。

一般的に1000通貨以下の取引は 「少額取引」 と呼ばれていて、資金負担と損失リスクを抑えながら取引の経験が積めるのがメリットです。

FXのpips(ピップス)とは FXのpips(ピップス)とは
取引通貨量 1銭(1pips) 5銭(5pips) 10銭(10pips) 50銭(50pips) 1円(100pips)
1000通貨 10円 50円 100円 500円 1000円
2000通貨 20円 100円 200円 1000円 2000円
3000通貨 30円 150円 300円 1500円 3000円
5000通貨 50円 250円 500円 2500円5000円
1万通貨 100円 500円 1000円 5000円 10000円

1000通貨取引ができるFX会社一覧

上記データは2022年1月8日調べ。資金・スプレッドは米ドル/円のもの。
※1. 資金は1ドル115円(2022年1月のレート)と仮定
※2. 1,000通貨までは0.09pips、100万通までは0.19pips
※3. ループイフダン口座のみ

pips(ピップス)とは

pip(ピップ)は「percentage in point」の頭文字をとったもの(pipsはpipの複数形)で、FXにおける 通貨の値幅 を表します。

そこでpipsを使えば「円が〇〇pips変動」「米ドルが〇〇pips変動」のように、異なる通貨ペアでも変動幅を共通の単位で表現できるというわけです。

1000通貨取引における1pipsの損益額

クロス円の場合

クロス円のpips

クロス円は日本円を含む通貨ペアで、 1pips = FXのpips(ピップス)とは 1銭(0.01円) です。

【1000通貨 × 1銭 = 1000米ドル × 0.01円 = 10円】となります。

ドルストレートの場合

ドルストレートのpips

ドルストレートは米ドルを含む通貨ペアを指し、 1pips = 0.0001米ドル です。

例えば1米ドル円 = 115円の時にユーロ米ドルの1000通貨取引で1pipsの利益を出した場合、円に換算すると【1000通貨 × 0.0001米ドル × 115円 = 11.5円】となります。

【通貨ペア・取引量別】1pipsあたりの損益額 比較表

クロス円とドルストレートの1pipsあたりの損益額を、取引量別に比較表にしてみました。

取引量 クロス円 ユーロ/米ドル
1000通貨 10円 11.5円
1万通貨 100円 115円
10万通貨 1,000円 1,150円
100万通貨 10,000円 11,500円

1000通貨取引で用意すべき資金の目安

取引通貨量 レバレッジ1倍 レバレッジ10倍 レバレッジ25倍
1通貨 115円 11.5円 約5円
100通貨 1万1,500円 1,150円 460円
1,000通貨 11万5,000円 1万1,500円 4,600円
10,000通貨 115万円 11万5,000円 4万6,000円

米ドル円を1000通貨取引をする場合、レバレッジを最大の25倍使えば 約5,000円 で取引できます。

【115円 × 1000通貨 ÷ 25倍 = FXのpips(ピップス)とは 4,600円】

ただし5,000円ぎりぎりの資金で取引すると、わずかでもレートが不利な方向に動くと、証拠金維持率が100%を下回って追証やロスカットになります。

【115円 × FXのpips(ピップス)とは 1000通貨 ÷ 3倍 = 38,333円】

1000通貨取引で1pips稼いだ場合の利回り

1000通貨FXで1pips稼いだ利回り

クロス円の利回り例

クロス円の場合、1000通貨で1pips利確した時の利益は10円です。

1年間の利回りは 【2,400円 ÷ FXのpips(ピップス)とは 38,333円 × 100 ≒ 6.26%】 です。

ドルストレートの利回り例

ドルストレートの場合、米ドル/円のレートを115円で換算した場合、1000通貨の1pipsから得られる利益は11.5円です。

1年間の利回りは 【2,760円 ÷ 38,333円 × 100 ≒ 7.20%】 です。

1000通貨取引で1pipsの利益を積み上げる8つのコツ

1000通貨取引で1pipsの利益を積み上げるには 8つのコツ があります。

①スプレッドが狭い通貨ペアで運用する
②約定力が高いFX会社を使う
③ツールが使いやすい
④順張りでエントリーする
⑤IFO注文を使う
⑥1分足か5分足を使う
⑦損切りを徹底する
⑧相場に方向感がない時は取引を控える

ピップス (ぴっぷす)

【ご注意】
『みんかぶ』における「買い」「売り」の情報はあくまでも投稿者の個人的見解によるものであり、情報の真偽、株式の評価に関する正確性・信頼性等については一切保証されておりません。 FXのpips(ピップス)とは また、東京証券取引所、大阪取引所、名古屋証券取引所、China Investment Information Services、NASDAQ OMX、CME Group Inc.、株式会社FXプライムbyGMO、東京商品取引所、大阪堂島商品取引所、SIX ファイナンシャルインフォメーションジャパン、Dow Jones、Hang Seng Indexes、株式会社bitFlyer 等から情報の提供を受けています。 日経平均株価の著作権は日本経済新聞社に帰属します。 『みんかぶ』に掲載されている情報は、投資判断の参考として投資一般に関する情報提供を目的とするものであり、投資の勧誘を目的とするものではありません。 これらの情報には将来的な業績や出来事に関する予想が含まれていることがありますが、それらの記述はあくまで予想であり、その内容の正確性、信頼性等を保証するものではありません。 これらの情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当社、投稿者及び情報提供者は一切の責任を負いません。 投資に関するすべての決定は、利用者ご自身の判断でなさるようにお願いいたします。 個別の投稿が金融商品取引法等に違反しているとご判断される場合には「証券取引等監視委員会への情報提供」から、同委員会へ情報の提供を行ってください。 また、『みんかぶ』において公開されている情報につきましては、営業に利用することはもちろん、第三者へ提供する目的で情報を転用、複製、販売、加工、再利用及び再配信することを固く禁じます。

【ご注意】『みんかぶ』における「買い」「売り」の情報はあくまでも投稿者の個人的見解によるものであり、情報の真偽、株式の評価に関する正確性・信頼性等については一切保証されておりません。 また、東京証券取引所、名古屋証券取引所、China Investment Information Services、NASDAQ OMX、CME Group Inc.、東京商品取引所、大阪堂島商品取引所、 S&P Global、S&P Dow Jones Indices、Hang Seng Indexes、bitFlyer 、NTTデータエービック、ICE Data Services等から情報の提供を受けています。 日経平均株価の著作権は日本経済新聞社に帰属します。 『みんかぶ』に掲載されている情報は、投資判断の参考として投資一般に関する情報提供を目的とするものであり、投資の勧誘を目的とするものではありません。 これらの情報には将来的な業績や出来事に関する予想が含まれていることがありますが、それらの記述はあくまで予想であり、その内容の正確性、信頼性等を保証するものではありません。 これらの情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当社、投稿者及び情報提供者は一切の責任を負いません。 投資に関するすべての決定は、利用者ご自身の判断でなさるようにお願いいたします。 個別の投稿が金融商品取引法等に違反しているとご判断される場合には「証券取引等監視委員会への情報提供」から、同委員会へ情報の提供を行ってください。 また、『みんかぶ』において公開されている情報につきましては、営業に利用することはもちろん、第三者へ提供する目的で情報を転用、複製、販売、加工、再利用及び再配信することを固く禁じます。

FXの値幅の単位 pips(ピップス)とは?

FXの値幅の単位 pips(ピップス)とは?

「pipは為替レートの一番最後(右端)のケタ」と覚えるのは間違いです。
FX会社によって、小数点以下の桁数が違います。文字の大きさを変えてくれているので、大きな文字の右端が1pipsと思ったほうがわかりやすいです。

pipsを使うことでトレードの内容がわかる。

Aさん は 1万円の利益確定しました。
Bさん も 1万円の利益確定しました。

Aさんは
獲得pips幅:109.835円-109.710円=0.125円=12.5pips
損益額:80,000通貨×12.5pips(0.125円)=10,000円

Bさんは
獲得pips幅:109.860円-111.860円=2円=200pips
損益額:5,000通貨×200pips(2円)=10,000円

1万円稼ぐのに何pipsとれば良い?pipsでパフォーマンスをくらべる

FXのpips(ピップス)とは

FXのpips(ピップス)とは FXのpips(ピップス)とは FXのpips(ピップス)とは
通貨量 1pips=0.01円=1銭 10pips=0.1円=10銭 100pips=1円=100銭
1通貨 1銭 10銭 1円
100通貨 1円 10円 100円
1,000通貨 10円100円 1,000円
10,000通貨 100円 1,000円10,000円
100,000通貨 1,000円 10,000円 100,000円

MT4をつかって簡単に値幅(pips)を調べる。

pipsはFX特有の単位ですが、円絡みとそれ以外に分けて
日本の円だけが特別で「0.01(小数第二位) = 1pip」、他の通貨ペアについて「0.0001(小数第四位) = 1pip」と覚えておけば問題ありません。

いかがだったでしょか?
今回のピプスも知っていれば簡単だけど、知らないとなんだそれは???となって進められないっていうことはたくさんあります。
FXトレードを行っていく上で、知っていおいて欲しい知識、レベルアップのネタを1ページにまとめた
レベルアップ講座を無料でプレゼントしています。

海外FXの1pips(ピップス)とは?1pipsの儲けは何円?計算方法や考え方を解説

海外FXの1pipsとは

海外FX

競馬愛好家

海外FXの1pipsとは?

1pipsとは

海外FXのpipsは「通貨の1%」または「値動きの最小単位」のことです。

海外FXでpipsを使う理由

海外FXでpipsが使われる理由は、 通貨が変わっても平等に投資効率を判断するため です。

pipsは通貨ペアによって変わる

海外FXの1pipsっていくら儲けたということなの?

1pipsいくらの儲け?

海外FXは1pipsがいくらになるのか‼計算方法を解説

海外FXで使われる1pipsの考え方

海外FXのpipsに関する注意点

海外FXの1pipsまとめ

海外FXのはじめ方ガイドブック

著書『海外FXのはじめ方完全ガイド』

当サイト監修者が執筆した 「海外FXのはじめ方完全ガイド」 をAmazonで販売中。
海外FX初心者の最初の1冊として、今日からはじめられる海外FX投資のはじめ方ガイドブックです。国内FXと海外FXの違いや税金の違い。口座開設方法まで、 初心者に必要な知識をまるごとまとめた初心者を対象とした入門書 です。海外FXならではの追証ゼロのゼロカットシステムやボーナスキャンペーンを使ったお得な取引方法など、海外FXって大丈夫なの?という人に読んでほしいガイドブックです。

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる