最高の暗号取引プラットフォーム

株のスイングトレードのやり方は

株のスイングトレードのやり方は
出典:マネックス証券:はじめてのテクニカル分析

株スイングトレードのコツと手法、銘柄の探し方

スイングトレード

大和ハウス工業
積水ハウス
エムスリー
アサヒグループホールディングス
キリンホールディングス
味の素
日本たばこ産業
セブン&アイ・ホールディングス
東レ
旭化成
信越化学工業
三菱ケミカルホールディングス
花王
武田薬品工業
アステラス製薬
塩野義製薬
中外製薬
エーザイ
小野薬品工業
テルモ
第一三共
大塚ホールディングス
オリエンタルランド
Zホールディングス
富士フイルムホールディングス
資生堂
ENEOSホールディングス
ブリヂストン
日本製鉄
住友金属鉱山
住友電気工業
リクルートホールディングス
日本郵政
SMC
小松製作所
クボタ
ダイキン工業
日立製作所
東芝
三菱電機
マキタ
日本電産
オムロン
富士通
パナソニック 株のスイングトレードのやり方は
ソニー
キーエンス
シスメックス
デンソー
レーザーテック
ファナック
京セラ
村田製作所
三菱重工業
日産自動車
トヨタ自動車
本田技研工業
スズキ
SUBARU
シマノ
オリンパス
HOYA
キヤノン
バンダイナムコホールディングス
任天堂
伊藤忠商事
丸紅
三井物産
東京エレクトロン
住友商事
三菱商事
ユニ・チャーム
イオン
三菱UFJフィナンシャル・グループ
りそなホールディングス
三井住友トラスト・ホールディングス
三井住友フィナンシャルグループ
みずほフィナンシャルグループ
オリックス
大和証券グループ本社
野村ホールディングス
SOMPOホールディングス
日本取引所グループ
MS&ADインシュアランスグループホールディングス
第一生命ホールディングス
東京海上ホールディングス
三井不動産
三菱地所
住友不動産
東日本旅客鉄道
西日本旅客鉄道
東海旅客鉄道
ANAホールディングス
日本電信電話(NTT)
KDDI
ソフトバンク
セコム
ニトリホールディングス
ファーストリテイリング
ソフトバンクグループ

株式スイングトレード手法公開!【投資とトレードの違いも解説】

出典:マネックス証券:はじめてのテクニカル分析

・相場のトレンドは常に「上昇トレンド」「レンジ相場」「下降トレンド」のどれか!

ちなみに上の図のように中期線(20日線)を短期線(5日線)が下から上へ抜けていく事を ゴールデンクロス といい、上昇トレンドへの転換ポイントになりやすいです!

ちなみに上の図のように中期線(20日線)を短期線(5日線)が上から下へ抜けていく事を デッドクロス といい、下降トレンドへの転換ポイントになりやすい!

中期線長期線は株価が上へ行くのを阻む 上値抵抗線 (レジスタンスライン) になったり、

逆に株価が下降するの阻む 下値支持線 (サポートライン)になったりする!

下の図で説明すると①が下値支持線になっていて②が上値抵抗線ですね!

①では価格が落ちていきますが中期線がサポートラインになって上に押し返していますね!

②では長期線の上へ抜けようと何度も頑張りますが、レジスタンスラインになって下に押し返しています!

中期線と長期線は上値抵抗線下値支持線のどちらにもなるので慎重に判断しましょう!

知らないと失敗する株スイングトレードのコツ

知らないと失敗する株スイングトレードのコツ

数日間で取引を完了させて儲けるといっても、どのような流れの中で、どのようなポイントで売買したらよいのか ?

スイングトレードでは、 チャートをよく観察 株のスイングトレードのやり方は することが基本です。

ローソク足チャートを徹底的に見る

そのために、個々の会社について、業績などの基本的条件を知ろうとする(割安なのか等)のがファンダメンタルズ分析です。

それに対して、チャート分析(テクニカル分析)があります。

スイングトレードでは、チャート分析が基本となります。

したがって、チャートを毎日、よく観察することが第一歩です。

銘柄のチャートをよく見て、動きのクセをつかむ

すると、チャートの形はさまざまで、一つとして同じものはないと分かるでしょう。

また、チャートの期間をいろいろと変えて見てみましょう。

年単位では、株価の大きなトレンドが把握出来ます。

次に、この1年以内の株価の動き・トレンドを把握します。

そして、大切なのが、この数か月(3か月・1か月)の動き。

つまり、いずれにも共通しているのは、 株価は上げたり下げたりの波を作って動いている ことです。

そして、個別銘柄には、 動き方の傾向・クセがある ということです。

スイングトレードの考え方を理解しよう

買いであれば、上昇の小さな波の中で、それに乗って、上昇の一部の利益を手堅く取ろうというものです。

スイングトレードでは、基本的に、数日の動きの中で、ある幅の利益を取ることです。

それを積み重ねていくうちに、利益が増えていきます。

1回の利益率は、数パーセント(5%前後)でも成功と考えます。

それは、損失が最小限となるように、初めに損切りポイントを決めて実行できれば、トータルで利益が得られるからです。

つまり、目先の動きや雰囲気に流されず、自分のルールをしっかりと決めて実行することです。

チャートの動きが読めるようになり、銘柄選びから売買のタイミングがわかるようになると、スイングトレードを中心に、いろいろなトレードが出来るようになります。

そのためには、株式投資の基本を知り、何よりも負けないトレード手法を身につけることです。

これには、しっかり練習すること、チャートをたくさん見て、銘柄のクセパターンが見えるようになることが大切。

そして、決めた取引の方法ルールを守ることです。

スイングトレードにおすすめの初心者向き教材

スイングトレードは数日間 (長くても1・2週間)で取引する短期トレードです。

上記のような投資が出来るようになるには、自己流で行うと膨大な試行錯誤が必要になります。

成功や失敗を繰り返し、経験的に勝ちのパターンを身につけていくことになります。

これは、ある意味で誰にも避けられないプロセスですが、できることなら、 その期間を最小化して、効率よく方法を身につけたい ものですね。

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる