取引のメリット

手法&トレード解説

手法&トレード解説

相場の世界で生き残るのに必要なスキルの1つに対応力があります。

手法&トレード解説


Twitterやブログでも、トレード情報などを発信中。すぐにチェック!
Twitter:ゲイトレーダーもってぃーⓂ @motty_gaytrader
ブログ:相場をATMに変えるFXブログ http://motty-fx-trader.com/

値動きって、「上がっているか」、「下がっているか」、「もみ合っているか」の三種類しかなんだけど、一度、相場に流れ(トレンド)が生まれると、次の流れに変わるまでは、その流れが続きやすい傾向があるのね。
例えば、上昇トレンドの時は、相場の転換点を迎えるまでは上がりやすいし、下落トレンドの時は、その逆に、下げが続きやすい。 っていうことは、その流れに乗れることさえできれば、利益がとれるってことになるでしょ。

それまではずっと1分足だけを見て、ボリンジャーバンドにぶつかったら逆張りするっていうやり方をしていたんだけど、実は、もっと長い「時間足」とか、「日足」でなくちゃ、大きなトレンドって見えないのよ。
たとえ、1分足とか、5分足の短い足でトレンドが出ているように見えたとしても、大きな流れが逆なら、結局、その大きなトレンドに引き寄せられちゃうの。
しかも、短い足ですごく動いているように見えたとしても、長い足で見たらトレンドなんて出てなくて、レンジ内でのもみあいだったりすることもあるの。 手法&トレード解説
こういう動きの時にトレードすると、ことごとく負けちゃうわね。 だから、まずは大きなトレンドをしっかり見極めて、その方向に従ってトレードすることが大事なの。

そう。それから、チャートを見続けていたら、値動きにはクセがあることが見えてきて、それからは、その値動きのクセをヒントに、今のトレード手法を思いついたの。
その手法って言うのが、まず、1時間足チャートでトレンドを分析して、その1時間足が上昇トレンドだと判断できれば、今度はチャートを1分足に切り替えて、1分足が下落から上昇に転じたタイミングでロングポジションを持つの。
だって、上昇トレンドが前提だから、1分足が下げていたら逆にチャンスで、その後は新規の買いが入ってきやすいから上昇トレンドに乗りやすいのよ。
超短期の値動きが反転しやすい地点は、移動平均線にぶつかったところとか、過去の高値や安値近辺ね。
これらの条件が、いくつか重なると、なおいいの。確実性が高まるから。もちろん、デモトレードでずっと試して、行けるんじゃないかって思えてから、実トレードに移ったわ。

もともと、トレードスタイルは「スキャルピング」(超短期トレード)で、一日に20回から30回くらいのトレードを繰り返していたんだけど、このトレード手法にしてからは、「ココだ」って思えるときしかポジションを持たなくなったから、トレード回数は一日平均2、3回に激減したわね。
トレード回数は減ったけど、負けがどんどん減って、利益が積み上げられるようになったの。 そうなると、ロット数を増やしたくなるんだけど、今はまだ増やさないわ。調子のいい時ほど、慎重にトレードするの。だって、失敗が続くと、また自信を失ってしまうでしょ。
もう少し修行を積んで、ロット数を増やしても「平常心」でトレードできるようになるのが次の目標ね。 手法&トレード解説
トレードに「ココロ」ってすごく影響するの。どんなにメンタルの本を読んでも、ココロだけは変わらない。
大事なのは、「自分のエントリーポイントに、どれだけ自信が持てるか」ってこと。 そして、失敗したら「潔く、ロスカットする」ってこと。理想のトレードができるようになるには、もう練習しかないの。慣れていくしかないの。

「もう少しで勝てるようになれそう」って人はたくさんいると思うんだけど、早いうちにこの大事なことに気づいてほしいなって思うわ。
私は、気がつくまでにすごく時間がかかったから。トレードは、勘に頼ってもうまくいかないし、人の手法のつまみ食いしているだけでもダメ。
でもね、正しい経験を積み重ねていけば、勝てるようになるモノだと思うのよ。正しい経験をしていれば、たとえ負けたとしても、取り返せる自信も余裕も生まれてくるから、途中でやめないで続けてほしいわ。

1998年にラジオNIKKEIへ入社。『経済情報ネットワーク』、『東京株式実況中継』等の株式情報番組を担当し、その後はフリーに転身。
現在はラジオNIKKEIや日経CNBCの番組パーソナリティを務めるほか、ライターとして複数のメディアに記事を執筆するなど、多方面で活躍中。
2017年11月には、初の著書となる『FX億トレ! 7人の勝ち組トレーダーが考え方と手法を大公開』を刊行した。

【現在出演中の番組】
・ザ・マネー 15:10-16:00 (毎週月曜日担当)
・投資戦略ラジオ きらめきの発想 毎週火曜日14:30-15:00
・トレードパーティー♪ 毎週水曜日 16:00-16:30
・ザ☆スマートトレーダーPLUS 毎週木曜日16:00-16:30
・夜トレ 21:30-22:30 (隔週金曜日担当)
(いずれもラジオNIKKEIで放送中)
・夜エクスプレス 21:00-22:手法&トレード解説 40 毎週木曜日(日経CNBC)

【現在連載中の雑誌等】
・ForbesJAPAN
・東洋経オンライン
・All About FX担当ガイド
・CEO 社長情報

FXデイトレード徹底解説!おすすめの通貨ペア・取引時間帯・分析手法は?

fx,デイトレード

デイトレードは1日で取引が完了するため、マイナススワップの影響を受けにくいメリットがある。ただし、上昇トレンドに沿って取引をできている場合でも、実際には損失が出て含み損を抱えている可能性も。 また、デイトレードでは1日のなかで小さなチャンスを活かすため、高いレバレッジをかけて取引することが効率のよい取引方法だ。しかしレバレッジが高くなると、その分リスクも大きくなることもデメリットとして挙げられる。繰り返し損失を重ねると、資金がすぐに減ってしまう可能性も高い。 手法&トレード解説 デイトレードで利益をコツコツと上げたいのであれば、最低限のチャート分析が必要だ。そのため、デイトレードはテクニカル分析などが苦手な方には向いてない取引スタイルになるだろう。

FXデイトレードで利益を出すポイント

FXデイトレードにおすすめの通貨ペア

FXデイトレードにおすすめの時間帯

8~10時:日本の経済指標が発表され、日本の投資家が取引を始めるため、取引が活発化する。
16~18時:ユーロ圏の経済指標が発表され、欧州市場(ロンドン市場)の取引が活発化する。
21~23時:アメリカの重要な経済指標が発表され、欧州・米国ともに取引が活発化する。

FXデイトレードの分析手法

FXデイトレードの始め方!FX口座選びのポイントは?

手法&トレード解説
FX会社/通貨ペア 米ドル/円 ユーロ/円 ユーロ/米ドル
SBI FXトレード 0.09 0.3 0.19
DMM FX 0.2 0.5 0.4
みんなのFX 0.2 0.4 0.3
LIGHT FX 0.2 0.4 0.3
セントラル短資FX 0.10.4 0.3
手法&トレード解説 FXTF 0.1 0.3 0.2

FXデイトレード向きのおすすめのFX口座3選

SBI FXトレード

DMM FX

みんなのFX

FXデイトレードの注意点

損切ルールを徹底する

最初は少額から始める

FXデイトレードで利益をあげるために

おさらいすると、FXのデイトレードにおいて重要なポイントは以下の通り。 ・デイトレードは1日の間に取引を数回繰り返し、1日が終わる時点ですべて決済するトレードスタイル ・「スキマ時間で効率的にトレードできる」「マイナススワップのリスクがない」という2つのメリットがある ・取引回数が多くなるため、スプレッドが狭いFX会社を選ぶことが重要である

そして、FXのデイトレードは以下2つの理由から初心者でも利益を出しやすい取引方法である。 ・テクニカル分析で利益を狙いやすい ・精神的な負担が少ない

FXで億トレーダーが使う手法とは?有名人や億トレーダーの生活も紹介

億トレーダー_FXで億トレーダーになれる?


私たちもFXで億トレーダーになれるのでしょうか。

  1. 億トレーダーになれる人は一握り
  2. 初心者がいきなり億トレーダーを目指すのは厳しい
  3. 億トレーダーも常に勝っているわけではない

億トレーダーになれる人は一握り

億トレーダー_なれるのはほんの一握りの人


FXで億トレーダーになれるのは、ほんの一握りの人です。

億トレーダー_勝ってる人の割合

1年以内に相場を退場した人は約7割という結果が示されています。

ちなみに、FXを始める理由の1位はやはり「貯金を増やすため」とのことです (ISSIN research 「FXを始めた理由や業者を選んだ理由などFXに関する実態調査を実施」) 。

初心者がいきなり億トレーダーを目指すのは厳しい

億トレーダー_初心者が目指すのは厳しい


初心者がいきなり億トレーダーを目指しても、挫折する可能性が高いです。

  1. 相場への対応力が身についていないから
  2. 値動きに翻弄されて疲弊してしまうから
  3. コツコツドカンで退場してしまうから

相場への対応力が身についていないから

億トレーダー_相場への対応力不足


相場の世界で生き残るのに必要なスキルの1つに対応力があります。

値動きに翻弄されて疲弊してしまうから

億トレーダー_値動きに翻弄されてしまうから


初心者トレーダーあるあるとして「エントリーした通貨ペアの値動きが気になって他のことが何も手につかない」なんてことありますよね。

レバレッジとはテコの原理のこと。国内FX業者では25倍のレバレッジ取引が可能です。
入金したお金を担保金として最大25倍の金額をトレードすることができます。(10万円入金した場合、最大250万円分の取引が可能)

コツコツドカンで退場してしまうから

億トレーダー_コツコツドカンで退場してしまうから


トレードに慣れていない初心者は、コツコツドカンで退場してしまう可能性が高いです。

コツコツドカンとは、勝率が高くコツコツ利益を積み重ねていたとしても、一回の大敗で資金の大半を失ってしまうこと。

億トレーダーも常に勝っているわけではない

億トレーダー_常に勝っているわけではない


億トレーダーは全戦全勝のイメージがあるかもしれませんが、決して常に勝っているわけではありません。

FX で億トレーダーになるまでの道のり

億トレーダー_達成までの道のり


ここまで記事を読んでいる方は「億トレーダーになるのが難しいのはわかった。それでも俺(私)は億トレーダーになりたい」とお考えの方も多いと思います。

FXを猛勉強する

億トレーダー_FXを猛勉強する


億トレーダーを目指すに当たり、まずはFXについて猛勉強しましょう。

FXの実践経験を積む

億トレーダー_実戦経験を積む


FXの勉強と同時並行で実戦経験も積んでいきましょう。

自分だけのルールを確立する

億トレーダー_自分だけのルールを確立する


実戦経験を積む中で自分に合う手法を見つけたら、それを確立していきましょう。

自分に合ったFX会社を見つける

億トレーダー_自分に合うFX会社を見つける

GMOクリック証券FXネオ

ここでは様々なトレード手法におすすめのFX会社としてGMOクリック証券を紹介します。

GMOクリック証券は FX取引高が世界1位*のFX会社です。 手法&トレード解説 (*ファイナンス・マグネイト社調べ 2020 年 1 月~ 2021 年 12 月)

最低取引単位 10,000通貨
通貨ペア数 20通貨ペア
スプレッド
(原則固定)
米ドル/円:0.2銭
ユーロ/円:0.5銭
ポンド/円:1.0銭
特徴 業界最小水準のスプレッド
抜群に使いやすい取引ツール
高水準のスワップポイント
24時間サポート無料

分析を繰り返し、勝率をあげていく

億トレーダー_分析繰り返し勝率を上げる


自分なりのルールが確立できたら、そのルールで多くのトレードを行い、分析を繰り返していきましょう。

そこで次章では、 FX で億トレーダーになった方が使っている手法について紹介します。

FX で億トレーダーが使う手法

億トレーダー_億トレーダーの手法紹介


前章では億トレーダーなるための道のりについて解説しました。

F Xの「窓」とは?窓開け・窓閉めのトレード手法と窓ができる理由をわかりやすく解説!【お金マン】

お金まん.png

先ほどの説明で,この“窓”がなんとなく危険な感じがしますよね?
よって,“窓”が発生するタイミングではトレードを避けたいので,まずは“窓”の発生タイミングについて説明します。
結論は「月曜日の朝」です。
したがって,“窓”というのは週末の終値と翌週の始値に差になります。
下図に示すように,月曜で市場が開いてからすぐに,“窓”ができていることが確認できると思います。
基本的に,この“窓”で大損を出してしまう人は,金曜日にポジションを持ったままトレードを終えている人ということになりますね!

【お金マン】4月1記事目pic②.png

1.3なぜ窓って発生するの?

「“窓”の発生タイミングはなぜ月曜?」と疑問を持つ方もいるかもしれませんので,“窓”手法&トレード解説 手法&トレード解説 の発生要因について説明します。 “窓”の発生要因はFX会社の取引時間が関係しています。
FXは24時間取引可能ということは皆さんご存知かと思いますが,土日は取引時間外となっていますよね?
この取引時間外に値動きがあると,市場が開いたと同時に“窓”が発生します。
なぜこの時間帯に値動きがあるかというと,休日が日曜でない国で取引が行われている場合や,大口注文に限り土日に注文を受けるFX会社があるためです。
つまり,私たちが取引できない時間帯においても,少額ですが通貨の取引が行われているということを覚えておきましょう。

★☆★ シストレちゃんねる から お得なお知らせ ! ★☆★

デモ訴求ページTOP画像.png

2.窓が発生した際のトレード手法

窓の説明を見ると金曜日のポジション持ち越しに,気が引けてきたのではないでしょうか?
土日の経済指標によって,大幅利益を得るか大損するかをかける,いわゆるギャンブルになってしまいますもんね!
では,金曜日ではなく,窓が発生した後の月曜日の早朝に何かトレードはできないか?と考える方もいると思います。
結論をいうと,規則的な動きがあります。
この動きに着目したトレードが,いわゆる“窓閉め(または,窓埋め)”で,難しいテクニカル分析やファンダメンタルズ分析について深く考えずにエントリーすることができます!
今回はこの“窓閉め”トレードについて紹介します。

2.1 窓閉めって何?

まずは,“窓”が発生した後の,ロウソク足の動きについて見ていきましょう。
下図より,“窓”が発生した後には,8割の確率で窓を閉めるように値動きが起こると言われています。
この理由は3つあります。
① 持ち越しポジションの利確
② 持ち越しポジションの損切り
③ 窓閉めトレーダーのエントリー

【お金マン】4月1記事目pic③.png

金曜日からポジションを持ち越しているトレーダーは,この“窓”によって大きな利益を得れば利益を確定するし,その逆で,含み損が膨らんだトレーダーはロスカットとなり,“窓”が開いた方向とは逆の方向に値動きします。
また,“窓”の発生を利用したトレード手法は多くのトレーダーが実践しているので,これもまた“手法&トレード解説 窓”とは逆の方向に値動きします。
これらによって,非常に高い確率でロウソク足は“窓”を閉める方向に動きます。 手法&トレード解説
このような値動きによって,“窓”により開いた値幅分を埋めることを“窓閉め”と言います。

2.2 窓閉めによるトレード手法?

続いて,先ほど説明した“窓閉め”を利用したトレード手法を紹介します。
“窓閉め”の動きより,“窓”が開いた方向とは逆の方向にポジションを持つ手法であることは予想がつくかと思います。
まさにその通りで,この手法は4つの手順で,トレードを行います。

【お金マン】4月1記事目pic④.png

STEP1:早起きをして,“窓”の発生を確認
この手法を実践する上で,最も大切なことは早起きをすることです。
具体的に何時に起きるべきかというと,利用しているFX会社の取引開始時間です。
したがって,まずは自分の利用しているFX会社の取引時間開始時間を調べて,月曜日の朝はこの時間前には起きることを習慣化しましょう。

STEP2:“窓”が開いた方向に,ヒゲが発生し上昇,または下降しきったことを確認
次に大切なことは,“窓”が開いた方向とは逆方向への値動きが始まることを待つことです。
“窓”手法&トレード解説 手法&トレード解説 が開いた瞬間にエントリーしてしまうと,上図に示すように含み損を抱えてしまいます。
したがって,理想は“窓”が開いた方向にヒゲを確認してから,エントリーすることをお勧めします!

STEP4:“窓”の50%付近で利益を確定する(上図参照)
最後に利確ポイントについて説明します。
この手法では,“窓”により発生した値幅の50%を目安に利確することをお勧めしています。
理由は,“窓”が完全に埋まるには時間がかかるためです。
上図を見ても,“窓”手法&トレード解説 が完全に閉まるには1日以上かかっていることが確認できます。
多くのトレーダーが実践している手法であるということを考慮すると,この手法に限っては,早めに利確し,利益が0となることを防ぎましょう!

3.窓が開いた際の注意点

手法の説明を見ると,とても簡単なトレードで早く実践したいという方もいるかと思います。
しかし,この手法も完全ではありません。
そこで最後に,この手法を用いる際の注意点について説明します!

3.1 トレード期間について

理想の期間は,月曜早朝の取引開始時間から9時までの2,3時間を目安としてください。
9時以降は日本市場が開くので,経済指標等の発表がある場合は想定通りに値動きしないケースがあります。
したがって,この手法は“窓”の50%付近まで値動きしたら,ポジションを長く保持することなく利確しましょう。

3.2 窓閉めに失敗するケース

3.3 窓閉めを狙う上でのルール設定

そして,“窓閉め”トレードで大損しないために大切なのは,損切りラインを決めておくことです。 これは,FXにおいて当たり前のことですが,“窓閉め”手法&トレード解説 は高確率で起こるので,これをしない人がいます。 損失を低減するために大切なことは,ルールを決めておくことです。 自分の許容できる範囲で,損切りラインを設定した上で,月曜の早朝から取引をしていきましょう!!

ちなみに、アイネット証券の自動売買「ループイフダン」ならこのように早起きしてチャートを見なくとも自動で取引することができます。
非常に楽ですし、自分で分析する必要もありません。
初心者の方やトレードが難しいと感じている方はぜひ試してみてください。
気になる方は公式サイトから口座開設して使ってみましょう。

たったこれだけ抑えれば100万円でも株で成功する2つの投資手法

author-avatar

小林 俊司 資産運用コンサルタント・商品開発部運営課

  • 100万円でそもそも株式投資はできるのか?
  • どうやったら儲かるのか?
  • どのくらい損失があるのか?

このような不明点や不安があって、躊躇してしまっている方が多いのではないかと思います。
実際は、 100万円から株式投資はできます。

私は、かれこれ7年以上株式投資を行っていますが、100万円から 数十万円の利益を出した経験を何回もしております。
そこで本記事では、 私の経験を基に株式投資初心者の方でも参考にできるよう惜しみなくポイントを解説していきます。

  • 初心者の方でも100万円から株式投資を行い利益を出すために最もおすすめの方法
  • 100万円から株式投資を行い成功する人の特徴

これから株式投資を始めようとしている方に おすすめなのが、弊社サービス 手法&トレード解説 手法&トレード解説 「投資の達人になる投資講座」 です。
たった2時間の動画で「投資の本質」や「投資をする際の考え方」を学ぶことができます
勉強せずに株を始めることもできますが、株式投資で利益を出し続けるためには、投資の知識が必要不可欠です
こちらの記事と合わせて「投資の達人になる投資講座」も受講することで、さらに投資の知識を深めることができます 。

資金100万円で始める株式投資おすすめの方法

1.1 おすすめは中長期投資とスイングトレード

株式投資には様々な投資法があります。
主に、以下の4つです
・中長期投資
・スイングトレード
・デイトレード
・スキャルピング

私は 「中長期投資」 と 「スイングトレード」 という
2つの投資法をオススメします。 手法&トレード解説
なぜなら、この2つの投資法は
・難易度が低い
・会社員でも行いやすい
・100万円からの投資でも比較的大きな利益を出せる
という特徴があるからです。

それぞれの特徴を比較しながら下記でご紹介します。

対して、
中長期投資とスイングトレードは
利益が出しやすく、投資に費やす日中の消費時間も少なくてすみます。

1.2 あなたに合った投資方法が分かる比較表

100万円の資金で始める株式投資で、おすすめの投資法としてご紹介する
「中長期投資」と「スイングトレード」ですが 手法&トレード解説
あなたに合っているのはどちらの投資法でしょうか。
ここで簡単に、どちらの投資法があなたに合っているのかが分かる
比較表をご用意しました。

あなたに合った投資法はどちらでしたか?
次章では、
「中長期投資」と「スイングトレード」それぞれの特徴やメリット・デメリット、
実際に利益を出していくポイント等をご紹介していきます。

中長期投資・スイングトレードの特徴

2.1 投資期間の定義

投資期間は「短期」「中期」「長期」の3つに分けられます。
私は以下のように投資期間を考えています。
短期・・・数分〜1日
中期・・・数日〜数ヶ月
長期・・・1年以上

2.2 中長期投資

【特徴】
・買った株式を数ヶ月から数年の間保有し続け、株価が2倍〜3倍といった
大きな値上がりを狙った投資手法です。

【メリット】
・1回の取引で大きな利益をあげることができます。
・長期間の保有を前提としているため、日中に株価の上下を監視する必要が無く
平日の昼間にお仕事がある会社員の方でも不利になりません。

【デメリット】
・長期間株式を保有するため、その期間、資金を他の投資に回すことができません。
・株価が上がらない株式を買った場合は機会損失となります。

2.3 スイングトレード

【特徴】
・買った株式を数日〜数カ月間保有し、株価が上がったところで売却する投資手法です。
中長期投資と比較すると狙える利益は少ないですが、 その分早く投資成果が出ます。

【メリット】
・中長期投資と比較すると株式の保有期間が短いので
資金効率が良いです。
・中長期投資と同じく、日中に株価を常に監視しておく必要が無く、
お仕事をしている会社員の方におすすめです。
しかし、中長期投資と比較すると投資を終わらせる期間が早いため
1日1回は株価を確認しておくと良いでしょう。

【デメリット】
・少ない利益を何回も積み重ねて資産を増やしていくため、 中長期投資と比較すると1回の利益が小さいです。

【投資法別】100万円の株式投資で利益を出している人が行っているポイント

  • 成長しそうな株を探す
  • ファンダメンタルズ分析を行う
  • 株価の上下に一喜一憂しない
  • 時価総額が大きく流動性の高い株を狙う
  • 株価が右肩上がりの時を狙う
  • 分散投資をしすぎない

3.1 中長期投資

【成長しそうな株を探す】

数年で株価2〜3倍になりそうな企業を探します。
株式市場に上場している企業は、約4000社です。
すべてを1つ1つ分析することはできませんので、ある条件で絞り込むことから始めます、
私がオススメする条件は以下3つです。
・時価総額500億円以下
・上場して10年以内
・社長が創業社長であること(役員保有率30%以上)

時価総額が1兆円など、大きく成熟した企業がそこから売上をさらに伸ばして株価2倍、3倍にしていくのは容易ではありません。
しかし、まだ若くて成長期にある小さい会社は株価が数年で2倍になることは珍しくはありません。
これまでの経験から、私は「時価総額500億円以下」「上場10年以内」を1つの目安としています。

【ファンダメンタルズ分析を行う】

ファンダメンタルズ分析とは、
財務状況や業績状況から企業の価値を分析する方法 です。 手法&トレード解説
今の株価が割安かどうか?今後の成長が期待できるかどうか?等を分析します。
調べる方法は、四季報や企業が出しているIR情報(決算説明資料や、有価証券報告書など)をみたり、実際にその企業の商品やサービスに触れてみる、口コミを見たり、です。

ROEとは
「投資家が投資した金額に対し会社がどれだけ利益をあげられるのか」を
表した指標であり、投資家から重要視される指標です。

【株価の上下に一喜一憂しない】

中長期投資を行う場合は、2倍3倍といった大きなリターンを狙うことになります
そのようなリターンを待つ間に株価は多少上下します。
株価が上がったり下がったりするのはドキドキしますが 我慢して保有しましょう。
中長期投資では、そのような目先の上下ではなく時間をかけて 大きな株価上昇を狙います。

3.2 スイングトレード

【時価総額が大きく流動性の高い株を狙う】

スイングトレードで狙う株のオススメは
・時価総額の大きい株
・流動性の高い株
という条件です。

流動性とは
市場に出回る株式の売買がどれだけ活発におこなわれているかを表すもの。
金融商品の売り買いが成立しやすい状況にあるか否かを判断する指標。

【株価が右肩上がりの時を狙う】

スイングトレードは数日〜数ヶ月といった比較的短い期間で
株価の波に乗って利益をあげます。
株価が順調に右肩上がりになっている場合は積極的に株式を購入しましょう。

下記は、セブン&アイホールディングスの株価チャートです。
(青丸が株式の購入箇所、赤丸が株式の売却箇所)
株価が上昇を始めたタイミングで株式を購入し、見込んでいた利益が取れる価格まできたら売却をします。
スイングトレードでは株価の波に乗ることが大切です。
出来高が少ない銘柄では株価が極端に乱高下し、チャートの形も複雑になりスイングトレードが難しくなります。
上述したTOPIX100の構成銘柄なら出来高が多いため、株価の乱高下の心配が少なくチャートも比較的見やすいため株価の波に乗りやすいです。

【分散投資をしすぎない】

100万円から株式投資を行い成功する人2つの特徴

4.1 マイルールを持っている

感情に流されずにマイルールを貫徹し、取引に一貫性を持たせることが株式投資で利益を積み上げていく上で大切です。
マイルールはご自身で自由に決めるものですが、
具体例を出すと
・利益確定や損切りの水準を守る
・上述したファンダメンタルズチェック表の項目が全て当てはまるものにのみ投資をする。
・気分が良い時やお酒を飲んだ時は投資を控える
・負けてしまったからといってムキになって取り返そうとしない
・他人のおすすめする銘柄をそのまま何の分析もせずに買わない

損切りとは
自身がルールで売ると決めた水準まで株価が下がった時、それ以上の損失を防ぐため株式を見切って売却すること。
などです。

4.2 利大損小を徹底できる

利大損小とは 「利益を大きく、損失を小さく」 という意味です。
株式投資において100戦100勝ということはどんなプロでもありえません。

オススメの損切り水準は
・中長期投資ではマイナス10%〜マイナス15%
・スイングトレードではマイナス5%
です。
例)100万円を投資したならば
・中長期投資では90万円〜85万円
・スイングトレードでは95万円
になってしまった時点で損切りを行いましょう。

株の勉強が不十分で起きた3つの失敗談

株式投資の経験が7年以上ある私でも最初の頃は勉強しなかったために様々な失敗を経験しました。 株式投資で失敗しないためには勉強は不可欠だということを私自身も痛感しております。 ここでは勉強を怠ったために私が実際にしてしまった失敗を参考までに記載します。

5.1 損切りができない

買った株の株価が下がっても、いつか上がるだろうと思いずっと株式を持ち続けていたことがあります。
結局、株価はその後も下がり続け私は大きく投資資金を失ってしまいました。
勉強することによってどこで損切りが必要なのかが分かり今では適切な損切りを行えるようになりました。

5.2 株価の上下にうろたえる

5.3 企業の業績をチェックしない

株を始めた当初、 財務分析がよく分からず 企業の業績をチェックするのが面倒だった私は、自分の感覚だけで株を買うということをしていました。当然結果が出るわけもなく株価が上がらない株式ばかりを購入していました。

株式投資で利益を出すには勉強が必要

5章で解説した失敗は株式投資を始めたばかりの方であればよく当てはまる失敗だと思います。
失敗をなるべく減らし株式投資で成功するためにはとにかく勉強が必要です。
勉強する方法は色々ありますが、株式投資に精通したセミナーに参加するのもひとつの手です。

そこでおすすめのセミナーとして弊社(株)Free Life 手法&トレード解説 Consultingが公開している「 投資の達人になる投資講座」をご紹介します。
「投資の達人になる投資講座」に参加することで下記のような内容を学ぶことができます。

  • 100万円でも勝率の高い株式投資手法
  • 実績あるプロの株式投資家の考え方や戦略
  • 株式投資の失敗を減らす立ちまわり方

投資の達人講座


無料で講座を視聴する

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる