オプション 取引ルール

フィボナッチリトレースメントの定義

フィボナッチリトレースメントの定義
フィボナッチ38.2

フィボナッチ・リトレースメント -->

> > This page is based on a Wikipedia article written by contributors (read/edit).
Text is available under the CC BY-SA 4.0 license; additional terms フィボナッチリトレースメントの定義 may apply.
Images, videos and audio フィボナッチリトレースメントの定義 are available under their respective licenses.

Tell your friends about Wikiwand!

Suggest フィボナッチリトレースメントの定義 as cover photo

Would you like to suggest this photo as the cover photo for this article?

Thank you for helping!

Your input will affect cover photo selection, along with input from other users.

Thanks for reporting this video!

This browser is not supported by Wikiwand :(
Wikiwand requires a browser with modern capabilities in order to provide you with the best reading experience.
Please download and use one of the following browsers:

An フィボナッチリトレースメントの定義 extension you use may be preventing フィボナッチリトレースメントの定義 Wikiwand articles from loading properly.


If you're using HTTPS Everywhere or you're unable to access フィボナッチリトレースメントの定義 any article on Wikiwand, please consider switching to HTTPS (https://www.wikiwand.com).

An extension you use may be preventing Wikiwand articles from loading properly.

If you are using an Ad-Blocker, it might have mistakenly blocked our content. You will need to temporarily disable your Ad-blocker to view this page.

Please click the "Downloads" icon in the Safari toolbar, open the first download in the list,
then click Install

フィボナッチリトレースメントをマスターするためのガイド

フィボナッチリトレースメントをマスターするためのガイド

トレーダーが将来の価格行動を試して予測するために使用できる テクニカル分析(TA) ツールと指標 は幅広くあります 。 これらには、 ワイコフ法 、 エリオット波動理論 フィボナッチリトレースメントの定義 、または ダウ理論 などの完全な市場分析フレームワークが含まれる場合があります 。 また、 移動平均 、 相対力指数(RSI) 、 ストキャスティクスRSI 、 ボリンジャーバンド 、 一目の雲 、 放物線SAR 、 MACD などの指標にすることもでき ます。

フィボナッチリトレースメントとは何ですか?

フィボナッチリトレースメント(またはフィボナッチリトレースメント)は、テクニカルアナリストやトレーダーがチャート上の関心領域を予測するために使用するツールです。 彼らはパーセンテージとしてフィボナッチ比率を使用することによってそうします。 フィボナッチリトレースメントツールは、13世紀に数学者レオナルドフィボナッチによって識別された一連の数字から派生しています。 この文字列はフィボナッチ数列と呼ばれます。 このシーケンスの数値間の特定の数学的関係により比率が作成され、それがグラフにプロットされます。 フィボナッチリトレースメントの定義 これらの比率は次のとおりです。

トレーダーがこれらのパーセンテージをどのように使用できるかについてよく話し合いますが、重要な点は、トレーダーによって概説されたレベルが市場の重要なレベルと相関している可能性があるということです。 価格チャートにプロットすると、フィボナッチレベルを使用して、 サポート 、 レジスタンス 、リトレースメントエリア、エントリーポイント、出口ターゲット、 ストップロス レベル などの関心のあるエリアを特定でき ます。

フィボナッチリトレースメントの計算方法

これらのパーセンテージはすべてのフィボナッチリトレースメントツールで同じであるため、 手動で 何か 計算 する必要はありません 。 ただし、それらを取得する方法は、フィボナッチ数から始めることです。

最初のいくつかの数値を除いて、数値をそれに続く数値で割ると、常に0.618に近い比率が得られます。 たとえば、21を34で割ると、0.6176になります。 そして、数値を右側の2つの場所で見つかった数値で割ると、0.382に近い比率が得られます。 たとえば、21を55で割ると、0.3818になります。 フィボナッチリトレースメントツールのすべての比率(50%を除く)は、この方法を含むいくつかの計算に基づいています。

フィボナッチ数列と黄金比

前述のように、フィボナッチ数列は13世紀に数学者レオナルドフィボナッチによって識別されました。 黄金比(0.618%または1.618%)は、これらの数値から導き出される数学的比率です。 しかし、なぜそれがそれほど重要な数なのですか?

さらに、芸術家、エンジニア、デザイナーが何世紀にもわたって、見た目に美しい作品を作成するために使用していました。 ピラミッドからモナリザやツイッターのロゴまで、多くの有名な芸術作品やデザインは、何らかの形で黄金比を使用しています。 結局のところ、この比率は金融市場でも重要である可能性があります。

フィボナッチリトレースメントの使用方法

通常、ツールは、高値と安値など、2つの重要な価格ポイントの間に描画されます。 この範囲は、さらに分析するための基礎として使用されます。 通常、このツールは範囲内のレベルをマッピングするために使用されますが、範囲外の重要な価格レベルへの洞察を提供する場合もあります。

通常、この範囲は、基礎となる傾向に従って描画されます。 したがって、上昇トレンドでは、最低点は1(または100%)になり、最高点は0(0%)になります。 上昇 トレンドを超えてフィボナッチリトレースメントラインを描くことにより、トレーダーは 、市場が リトレースメントを 開始した場合にテストされる 可能性のある潜在的な サポート レベルの アイデアを得ることができます 。

フィボナッチリトレースメントをマスターするためのガイド

逆に、下降トレンドの間、最低点は0(0%)になり、最高点は1(100%)になります。 価格は下降傾向にあることに注意してください。 したがって、この場合のリトレースメントとは、下からの動き( バウンス )を 指し ます。 この文脈では、フィボナッチリトレースメントツールは 、市場が上昇し始めた場合の 潜在的な 抵抗 フィボナッチリトレースメントの定義 レベル への洞察を提供する可能 性があり ます。

フィボナッチリトレースメントをマスターするためのガイド

フィボナッチレベルがトレーダーに伝えること

いくつかの戦略は、2つの特定のフィボナッチレベルの間の範囲で利益を上げることを含みます。 たとえば、上昇トレンドとそれに続くリトレースメントについて考えてみます。 38.2%のリトレースメントレベルで購入し、次に23.6%レベルで販売することは、興味深い戦略になる可能性があります。 もちろん、これは個々の戦略や他の多くの技術的要因に大きく依存しています。

フィボナッチレベルは、 エリオット波動理論 と 組み合わせて、 波動構造と潜在的な関心領域との相関関係を見つける こともよくあり ます。 これは、特定の市場構造のさまざまな波におけるリトレースメントの範囲を予測するための強力な戦略になる可能性があります。

他の手法と同様に、フィボナッチリトレースメントツールは、他の テクニカル分析 指標 と組み合わせると最も強力になり ます。 それ自体では買いまたは売りのシグナルではないかもしれないものは、他の指標によって確認された場合、1つに変わる可能性があります。 そのため、価格が特定のフィボナッチレベルに達すると、逆転する場合と逆転しない場合があります。 したがって 、 市場環境 やその他の要因を考慮し ながら、 リスク を 管理することが 不可欠 です。

フィボナッチエクステンション

前述のように、フィボナッチレベルは、リトレースメントまたはバウンス領域の評価に使用できます(下のアニメーションの1番)。 しかし、それに加えて、フィボナッチ数列は、現在の範囲外の潜在的に重要なレベルを測定する方法としても使用できます。 これらは拡張レベルと呼ばれます(番号2を参照)。

フィボナッチリトレースメントをマスターするためのガイド

フィボナッチエクステンションレベルは、潜在的な取引ターゲットと見なされる可能性があります。 各トレーダーは、ターゲット(または複数のターゲット)として異なる拡張レベルを選択できます。 最初の拡張レベルは138.6%、150%、および161.8%であり、次に261.8%および423.6%です。 したがって、フィボナッチ拡張レベルは、次の価格変動が発生する可能性のある領域を示している可能性があります。

結びの考え

ただし、すべてのテクニカル指標と同様に、価格アクション、 チャートパターン 、および指標の 間の関係は 、科学的原理または物理法則に基づいていません。 そのため、フィボナッチリトレースメントツールの有用性は、それに注意を払っている市場参加者の数に関連している可能性があります。 したがって、フィボナッチリトレースメントレベルが必ずしも具体的なものと相関しているとは限らない場合でも、関心のある領域を予測するためのツールとして機能する可能性があります。

【FX】フィボナッチリトレースメント・エキスパンション使い分け方とは?

【FX】フィボナッチリトレースメント・エキスパンション使い分け方とは?

Hiro(ヒロユキ)

2020年10月:-2,683,124円
2020年09月:-3,394,448円
2020年08月:-616,374円
2020年07月:-2,870,004円
2020年06月:+3,103,464円
2020年05月:-2,722,877円
2020年04月:-2,820,400円
2020年03月:-348,330円(960,000円)
2020年02月:+2,183,692円
2020年01月:+5,186,431円

2019年合計:-2,021,361円
————————————–
2019年12月:-340,027円
2019年11月:-1,162,157円
2019年10月:2,143,072円
2019年09月:254,567円
2019年08月:998,617円
2019年07月:426,148円
2019年06月:-2,390,313円
2019年05月:505,846円
2019年04月:-97,324円
2019年03月:696,394円 フィボナッチリトレースメントの定義
2019年02月:-1,124,144円
2019年01月:-1,932,040円

2018年合計:+5,582,472円
————————————–
2018年12月:2,135,521円 フィボナッチリトレースメントの定義
2018年11月:986,317円
2018年10月:744,755円
2018年09月:-538,515円
2018年08月:-1,041,692円
2018年07月:-679,556円
2018年06月:-42,151円
2018年05月:2,239,544円
2018年04月:-401,573円
2018年03月:-849,604円
2018年02月:134,013円
2018年01月:2,895,413円

2017年合計:+9,477,758円
————————————–
2017年12月:2,069,353円
2017年11月:1,325,295円
2017年10月:762,680円
2017年09月:0円
2017年08月:-310,126円
2017年07月:2,005,638円 フィボナッチリトレースメントの定義
2017年06月:-1,086,859円
2017年05月:0円
2017年04月:324,050円
2017年03月:480,992円
2017年02月:2,198,186円
2017年01月:1,フィボナッチリトレースメントの定義 708,549円

2016年合計:+24,469,291円
————————————–
2016年12月:1,321,500円
2016年11月:1,867,606円
2016年10月:1,826,655円
2016年09月:690,760円
2016年08月:1,032,フィボナッチリトレースメントの定義 フィボナッチリトレースメントの定義 000円
2016年07月:2,460,000円
2016年06月:1,743,000円
2016年05月:876,000円
2016年04月:5,025,244円
2016年03月:2,805,000円
2016年02月:3,903,000円
2016年01月:918,526円

フィボナッチリトレースメントを使ってFXで利益を出す3つのステップ

ゆん

この記事ではフィボナッチリトレースメントを使って利益を出す手法を紹介します。

FX初心者

今回は フィボナッチリトレースメントを使って3ステップで利益を出す手順を紹介します。

フィボナッチリトレースメントとは

①フィボナッチ数列
②リトレースメント

①フィボナッチ数列とは

建築やデザインの現場でも黄金比がよく使われていて、
Apple社のロゴはフィボナッチ数を直径とした円を使っています。

61.8と38.2がどの時間足でも意識される

フィボナッチ数列によって計算された黄金比は1:1.618という比です。

フィボナッチリトレースメントの定義 この61.8%と100%から61.8%を引いた38.2%の数値がFXにおいても意識される数値になります。

フィボナッチ38.2

フィボナッチ38.2

↑↑の画像のラインを見てもらうとわかりますが、上の画像のローソク足は、38.2で折り返しています。

フィボナッチ61.8

フィボナッチ61.8

2つ目の画像のチャートは、61.8のところで折り返しているのがわかりますね。

相場の世界なので、必ずその数値までの戻りが入るわけではないですが、61.8と38.2はかなり意識される数値と見ることができます。

②リトレースメントとは

押し目や戻り目を作るというように表現します。

その押し目や戻り目のだいたいの価格帯を測るのが、フィボナッチリトレースメントです。

押し目・戻り目で初心者さんがする失敗例

ローソク足は斜めの直線で上昇したり、下降したりするのではなく、ジグザグと波を作りながら上がったり、下がったりしています。

ローソク足は波を描く

ローソク足は波を描く

長期足だろうが短期足だろうが、ジグザグと波を作ります。

うまい具合に上昇していきましたが、5分足ではトレンド転換を繰り返すので、上がったと思ったら3分の1くらい押したり、半値押しをしたり、そしてまた上がるというようにジグザグしながら上昇していきます。

微益決済を回避するには、エリオット波動を少しでも理解すると、徐々に利益が伸ばせるようになります。

フィボナッチリトレースメントを使ってFXで利益を出す3つのステップ

①エリオット波動の1波が出たら、フィボナッチリトレースメントを使って戻りを待つ

②戻りが61.8あたりまで来たら、切上げ、切り下げラインを引いて、ライン抜けエントリー

③フィボナッチリトレースメントを引いて150.フィボナッチリトレースメントの定義 0付近に差し値する。

①エリオット波動の1波が出たら、フィボナッチリトレースメントを使って戻りを待つ

フィボナッチリトレースメントの引き方

フィボ引き方

フィボあて方

小さな 赤枠 にカーソルを合わせると「フィボナッチリトレースメントを作成」と出ます。

fiboあて方説明

fiboあて方説明

黒の①から②に向けてフィボナッチリトレースメントを引きます。

フィボ38.2

フィボ38.2

黒①から黒②をエリオット波動の1波と見て、フィボナッチリトレースメントを引いてみると↑↑上の画像のようになります。

ネックライン

ネックライン

1波の下落をとるのは難しいので、 横ライン(赤) のネックラインや ☆印(赤) の安値を下に抜けたのを確認したら、戻りを待ちます。

②戻りが61.8あたりまで来たら、切上げ、切り下げラインを引いて、ライン抜けエントリー

戻りはなるべく61.8くらいまで待ちます。

そうすると早すぎのエントリーを防ぐことができます。

次の画像のように 切り上げライン(緑色) を引きます。

切り上げライン

切り上げライン

切り上げライン(緑色) を下に抜けたらエントリーです。

③フィボナッチリトレースメントを逆に引いて150.0付近に差し値する。

そうするとローソク足の行き先がほぼわかります。

フィボ150.0

フィボ150.0

①から②にフィボナッチリトレースメントを引いた時は、チャートの下に数値は出てきませんが、 ②から①に引くと、下に数値が出てきます。

フィボナッチリトレースメントを使ってFXで利益を出す3ステップ

フィボナッチリトレースメントを使った手法は、フィボナッチリトレースメントが勝手にラインを引いてくれるので、とってもラクです。

私も最初は「ダウ理論」「エリオット波動」「グランビルの法則」何のことやら?だったんですが、 ちょっとずつ学んでいくうちにだんだんと繋がっていきました。

市場の押し目・戻り目を判断するフィボナッチ・リトレースメントの使い方!黄金比フィボナッチはレジサポラインとして考える!


フィボナッチ数列って聞いたことありませんか??

  • ひまわり
  • アンモナイト
  • ピラミッド
  • パルテノン神殿
  • 稲妻
  • サグラダ・ファミリア大聖堂
  • 凱旋門
  • モナ・リザ
  • 最後の晩餐
  • 木の枝の構成
  • 波の曲線

相場の押し・戻りはフィボナッチ比率が多い


相場は一方向に動き続けることはありません。

1/3~2/3程度の押し・戻りが多いです。

【フィボナッチ・リトレースメント】

フィボナッチ・リトレースメントとは?

もっとも戻している時でフィボナッチ61.8%の値まで戻っていますね。

そのあと、フィボナッチ38.2%の値で何度か反発しています。

逆に61.8%の値まで行くとかなり深い押し・戻りですから、そこからトレンド転換の可能性も出てきます。

  • その値がどれだけ意識されているか?
  • どれだけその値で反発しているか?

フィボナッチ比率はレジサポラインとして機能する


フィボナッチ・リトレースメントは多くのトレーダーに使われています。

先ほどのチャートではフィボナッチ38.2%の値が市場に意識されているのが分かりますよね。

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる