営業の攻略法

主要通貨ペアの最新為替レート

主要通貨ペアの最新為替レート

米ドル円(USD/JPY)の今後の見通し|通貨の特徴と為替相場の予想

米ドル円(USD/JPY)の今後の見通し|通貨の特徴と為替相場の予想

FX取引の注意点 / 当サイトの内容について
・本記事では、FXを「必ず利益を生む方法」として紹介しているものではございません。FXは自己の責任において行っていただくようお願い致します。
・外国為替証拠金取引は外国為替レート金利の変動により損害を被るリスクがあり投資元本は保証されていません。
・マーケットの相場変動率に比べ投資元本の損益変動率が大きく状況により損失が証拠金額を上回ることもあります。
・スプレッドは指標発表時や相場が急変した際に拡大する場合があります。
・スリッページが発生することで、発注時点に比べ不利な価格で約定する場合もあります。
・市場の流動性が低下していることで、注文がリジェクトされる場合があります。
・本記事で紹介している企業は金融庁の「 免許・許可・登録等を受けている業者一覧」より抜粋しています。

・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等を提供する企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等の仕様等について何らかの保証をするものではありません。本記事で紹介しております商品・サービスの詳細につきましては、商品・サービスを提供している企業等へご確認くださいますようお願い申し上げます。
・本記事の内容は作成日または更新日現在のものです。本記事の作成日または更新日以後に、本記事で紹介している商品・サービスの内容が変更されている場合がございます。
・本記事内で紹介されている意見は個人的なものであり、記事の作成者その他の企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事内で紹介されている意見は、意見を提供された方の使用当時のものであり、その内容および商品・サービスの仕様等についていかなる保証をするものでもありません。

主要通貨ペアの最新為替レート

待望の4通貨ペアを取扱い開始!

table

※1 ポーランドズロチ/円、スウェーデンクローナ/円、ノルウェークローネ/円のレートは、2019年9月20日マーケットクローズ時点におけるロイター社のレートの小数点以下を四捨五入した数値、豪ドル/NZドルのレートは小数第三位を四捨五入した数値です。なお、必要証拠金=為替レート×取引数量÷25(レバレッジ25倍)です。(豪ドル/NZドルのみ円転し、1,000円未満を切り上げて表示しております。)
※2 2019年10月7日配信予定

北欧3通貨ペアの特長

PLN/JPY ポーランドズロチ/円

ポーランドは東欧に位置するEU(欧州連合)加盟国の一つです。 ズロチはポーランド共和国で使用されている通貨の名称で、ポーランド語で「金」を意味します。2008年以降、安定して経済成長を続けていて、2018年通年の実質GDP成長率は5.1%と2007年以来の高い成長率となりました。2009年ヨーロッパ経済が深刻な打撃を受けた中、ポーランド経済が唯一プラス成長となったことは広く知られています。 背景にはEU構造ファンドの融資獲得によるインフラ整備の推進などがあり、ポーランド独特の経済政策も国外から注目を集めています。

poland

ポーランドズロチの特徴

ポーランドズロチの魅力

FX取引でのポーランドズロチの魅力は証拠金の低さとスワップポイントの高さです。足元のポーランドズロチ円は27円付近で推移しており、1万通貨あたりの証拠金は約11,000円です。ポーランドズロチ円の買いスワップポイントも1万通貨あたり12円前後/日となっており、同じ証拠金で得られるスワップポイントはかつて高金利通貨といわれた豪ドルを超える水準です。また、ポーランドズロチとユーロの相関性を利用した投資戦略もあります。例えばユーロ円の売りとポーランドズロチ円の買いを同時に保有することで為替リスクを軽減しつつ、ユーロ円の売りスワップポイントとポーランドズロチ円の買いスワップポイント両方受け取ることも状況によっては可能です※。
このように幅広い使い方ができるのもポーランドズロチ円の魅力を言えるでしょう。
※スワップポイントは金利市場によって変動するため、将来の金額を保証するものではありません。

SEK/JPY スウェーデンククローナ/円

sweden

スウェーデンクローナの特徴

スウェーデンクローナの魅力

NOK/JPY ノルウェークローネ/円

poland

ノルウェークローネの特徴

ノルウェークローネの魅力

スワップポイントに関する注意事項

  • ※掲載のスワップポイントは、FX口座において買ポジションを保有し翌営業日まで持ち越した場合に付与されます。
  • 主要通貨ペアの最新為替レート
  • ※0.1Lot単位の場合は1Lotあたりのスワップポイントの10分の1の金額となります。
    なお、1円未満のスワップポイントは、受取り支払いともに日々積み立てられますが、取引画面の累計スワップおよびスワップポイントの決済時(ポジションの決済またはスワップ受取)においては、受取りの場合は小数点以下を切捨て、支払いの場合は切上げて反映されます。
  • ※スワップポイントは、各国の景気や政策などの様々な要因による金利情勢を反映した市場金利の変化に応じて日々変化します。
  • ※各国の金利水準によってスワップポイントの受取又は支払いの金額が変動することや、場合によっては受け払いの方向が逆転する可能性があります。また、これに伴い追加の資金が必要になることや、ロスカット値が近くなること、場合によってはロスカット取引が行われる可能性があります。
  • ※本ページの内容は掲載日時点の情報であり、将来およびお取引に際して掲載の数値や金額等を保証するものではありません。

最短5分で口座申込!

Smartphone

googleplay appstore

【取引に関する注意事項】

■店頭外国為替証拠金取引「LIGHT FX」及び店頭暗号資産証拠金取引「LIGHT FXコイン」は元本や利益を保証するものではなく、相場の変動等により損失が生ずる場合がございます。お取引にあたっては契約締結前交付書面及び約款を十分にご理解頂き、ご自身の責任と判断にてお願いいたします。
■LIGHT FXにおける個人のお客様の証拠金必要額は、各通貨のレートを基に、お取引額の4%(レバレッジ25倍)となります。ただし、トルコリラ/円及び ロシアルーブル/円においてはお取引額の10%(レバレッジ10倍)となります。法人のお客様の証拠金必要額は、金融先物取引業協会が算出した通貨ペアごとの為替リスク想定比率を取引の額に乗じて得た額又は当該為替リスク想定比率以上で当社が別途定める為替リスク想定比率を乗じて得た額となります。為替リスク想定比率とは、金融商品取引業等に関する内閣府令第 117 条第 27 項第 1 号に規定される定量的計算モデルを用い算出されるものです。
■LIGHT FXコインにおける証拠金必要額は、各暗号資産の価格を基に、個人のお客様、法人のお客様ともにお取引額の50%(レバレッジ2倍)となります。
■LIGHT FX、LIGHT FXコインはレバレッジの効果により預託する証拠金の額以上の取引が可能となりますが、預託した証拠金の額を上回る損失が発生するおそれがございます。
■LIGHT FX、LIGHT FXコインの取引手数料及び口座管理費は無料です。ただし、LIGHT FXコインにおいて建玉を翌日まで持ち越した場合、別途建玉管理料が発生します。
■LIGHT FXにおけるスワップポイントは金利情勢等に応じて日々変化するため、受取又は支払の金額が変動したり、受け払いの方向が逆転する可能性がございます。
■LIGHT FX、LIGHT FXコインにおいて当社が提示する売付価格と買付価格には価格差(スプレッド)がございます。お客様の約定結果による実質的なスプレッドは当社が広告で表示しているスプレッドと必ずしも合致しない場合もございます。お取引に際して、当社が広告で表示しているスプレッドを保証するものではありません。
■LIGHT FX、LIGHT FXコインにおけるロスカットルールは、必ずしもお客様の損失を限定するものではなく、相場変動等により、預託した証拠金以上の損失が発生するおそれがございます。
■暗号資産は本邦通貨または外国通貨ではありません。法定通貨とは異なり、特定の国等によりその価値が保証されているものではなく、代価の弁済を受ける者の同意がある場合に限り代価の弁済に使用することができます。

アナリスト7名による2016年の為替相場展望を一挙に公開 ~主要通貨ペアの予想レンジ、2016年の注目ポイントをご紹介~

■今回調査に回答いただいたアナリスト(順不同)
株式会社第一生命経済研究所 経済調査部・首席エコノミスト 嶌峰義清氏
クレディ・アグリコル銀行 外国為替部長 斎藤裕司氏
ブラウン・ブラザーズ・ハリマン証券株式会社 通貨ストラテジスト 村田雅志氏
株式会社 FPG 証券 代表取締役社長 深谷幸司氏
株式会社インベステック 金融市場調査グループ長 主要通貨ペアの最新為替レート チーフストラテジスト 山岡和雅氏
みずほ証券株式会社 金融市場調査部 チーフ為替ストラテジスト 山本雅文氏
マネックス証券 チーフ・ストラテジスト 広木隆


■2016 年の注目ポイント
嶌峰 主要通貨ペアの最新為替レート 義清氏
2016年は、前年の世界的な在庫調整が一巡し、中国をはじめとした新興国でも生産拡大局面に移行、世界同時景気回復の様相を呈すると予想。為替市場では、米利上げ回数が焦点となる。米経済は、すでに完全雇用を達成しており、将来的なインフレ圧力増大の軽減もあって段階的な利上げを余儀なくされる。米利上げは0.25×7 回を予想。

実質金利差から算出されるドル/円の妥当水準は 137.50 円。量的緩和継続のユーロは、円とともに下落基調が続く。一方、豪ドルは中国持ち直しもあって上昇基調に転じ、豪ドル/米ドル相場で 1
豪ドル=0.9 米ドル程度までの上昇を予想。

斎藤 裕司氏
金融政策の差はもちろんだが 2016 年のテーマは「リスク」エネルギー価格下落リスク、新興国リスク、地政学的リスク、中国ハードランディングリスクなど。

米国経済は、中国経済のハードランディングさえなければ緩やかな回復を続ける。来年は3-4 回の利上げを予想、2016 年末にはFF金利は1.5%到達の可能性。日銀は、来春まで(最大4 月末まで待つ可能性あり)に追加緩和すると予想している。日米金融政策の違いから年末には130 円に到達する可能性が高いとみている。

村田雅志氏
メインシナリオ
米景気拡大と利上げの両継続を背景としたドル高。原油安、中国景気の大幅減速、そして米景気の減速などリスク要因は多いが、米当局がドル高を容認する一方、日本当局が円安志向を続ける以上、ドル/円は上に向
かうとみるのが自然。

リスクシナリオ
年後半の米大統領選が近付くにつれ、米当局のドル高容認姿勢に変化が生ずる可能性がある。また原油安がさらに進み、米国のディスインフレ圧力が強まるようだと、FRB の利上げ休止期間が長引き、結果としてドル買いの動きが弱まる展開も考えられる。この場合、ドル/円の上値が重くなり130 円に達せず来年を終えることになる。

深谷 幸司氏
グローバルな経済環境は米国経済の緩やかな景気拡大を主要因にまずまず。中国経済への不安感がさらに悪化することはなく、むしろ安定感が生じる可能性も。

ドルは全般的に堅調推移も、ただし年末にかけては利上げペースがその先 2-3 年も同様なペースで続くかどうかに疑念も多くなることからドル高圧力も緩和する可能性がある。一方、日本においては日銀の追加緩和期待が次第に後退する可能性がある。さらに年末や2017 年を見通して量的緩和縮小が議論される環境も想定され、その場合には円先安感が弱まる、あるいは失われる可能性もある。年末にかけてドル高円安にピーク感が台頭する可能性を視野に入れたい。

ドル/円相場は堅調も 130 円には届かず、120 円台の狭いレンジで推移する可能性が大きいとみる。ユーロは、景況格差・金融政策格差を主要因に対円でも軟調。135円近い水準は維持困難で、購買力平価からみた中長期的な均衡水準である120 主要通貨ペアの最新為替レート 円台半ばに下落すると想定。リスク関連通貨は中国懸念の一巡、商品市況の底打ち・安
定、などを背景に同様に底打ちないし安定推移と予想。対円ではやや持ち直し傾向とみる。

山岡 和雅氏
(1)FRB による利上げペース
15 年12 月15/16 日のFOMC 主要通貨ペアの最新為替レート で0.25%の利上げに踏み切り、2008 年12 月から続いた事実上のゼロ金利政策がついに解除された。参加メンバーによる2016 年末のFF金利見通しは1.375%(中央値)と、来年4 回の利上げを見込んでいる。これは前回2004 年の利上げ局面の半分のペース。年8 回開かれるFOMC のうち、議長会見や
参加メンバーによる経済・インフレ見通し発表のある4 回のFOMC(3 月、6 月、9月、12 月)で利上げを実施するという見方が基本となりそう。もっとも、新興国を中心とした海外市場情勢やエネルギー安を受けての低インフレ傾向などから、持続可能性については懸念もある。FOMC の想定する年4 回のペースが守られるのかどうかが、2016 年の為替市場を左右するもっとも大きな材料となりそう。

(2)米大統領選挙
2016 年11 月8 日に第45 代大統領を決める選挙が予定されている。共和党は実業家のドナルド・トランプ氏が直近世論調査で40%を超える圧倒的な支持率を現状で得ている。政治経験がなく、暴言・放言が目立つ同氏が勝ち上がると、政治的な不透明感が一気に強まる。経済政策的にも未知数なところが大きい。対中や対日関係の悪化懸念も含め、ドルに対する大きな不確定要素となりそう。

(3)NY 原油
12 月4 日のOPEC 主要通貨ペアの最新為替レート 総会での減産見送りに端を発したNY 原油の下げが来年はどこまで進むのか。OPEC の月次報告書による11 月にOPEC 加盟国が増産に踏み切ったことが判明するなど、ここに来て需給バランスの崩れが強く意識されている。史上最大級と言われるエルニーニョ現象の影響で、今年の北半球はかなりの暖冬が予想されており、暖房用オイル(ヒーティングオイル)需要が相当弱まるという予想も供給過剰懸念を強めている。原油及びその他エネルギー資源価格の低下は、天然資源輸出に頼る新興国経済にかなりの痛手となる。米国の利上げによって投資資金の新興国から米国への移動が意識されるなか、動きが加速される可能性も。進展次第では、為替市場でも、対新興国及び資源国に対する円高の進行だけでなく、リスク警戒感による全面的な円高まで警戒する必要が出てくる。

山本 雅文氏
来年以降も米国で利上げが続くと想定すると、対主要通貨で緩やかなドル高が継続しそうだ。ドルが相対的に上昇しやすいのは、ECB が追加緩和姿勢を維持している対ユーロ相場となりそうだが、パリティ(1 ユーロ=1 ドル)へ下落するには、ユーロ圏の明確な景気減速や米経済の大幅な加速が必要となりそうだ。

こうした中、ドル/円も米国主導の世界景気の緩やかな加速の前提のもとで 125円方向へのじり高基調となりそうだ。125 円を超えられるかは、本邦政府が更なる円安容認へ方針転換することが必要だが、少なくとも夏の参院選前は難しいだろう。時折、リスクオフイベントが起こり下落する局面もあるだろうが、ドルの押し目買い需要は根強く円高は一時的となりそうだ。日銀よりもECB の方が追加緩和の可能性が高いとすると、ユーロ/円には下落圧力がかかり続けるとみられる。

広木 隆
これまでのドル高・円安シナリオが反転する。
これまでのドル高・円安シナリオとは、

米国:景気が良い⇒FRB は利上げ
日本:デフレ脱却取り組み続く⇒日銀は異次元緩和継続

2016 年は、
米国:FRB は利上げしたものの、そのペースは緩慢
日本:日銀の QQE もトーンダウンもしくは打ち止め感

マネックス証券では、チーフ・ストラテジスト 広木隆による株式投資戦略、シニア・マーケットアナリスト 金山敏之による個別企業に関する投資情報をはじめ、各種セミナーやレポートによる多面的かつ重層的な投資情報を提供することによりさらなるサービス向上を目指してまいります。

※上記為替相場展望は、2015 年12 月28 日現在の各種情報や指標等を参考にした各アナリストの分析結果であ
り、将来の成果を保証するものではありません。
※各商品のリスクや実際の投資にあたっては契約締結前交付書面をよくお読みいただき、ご不明な点はお取引開始前にご確認ください。
以上

【マネックス証券株式会社について】
金融商品取引業者 関東財務局長(金商)第165 号
加入協会:日本証券業協会、一般社団法人 金融先物取引業協会、一般社団法人 日本投資顧問業協会

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる