トレードを学ぶ

債券に代わるオルタナティブ投資とは

債券に代わるオルタナティブ投資とは
短期の 確認済 債券に代わるオルタナティブ投資とは 売掛 債権が 同一 企業の 長期 社債よりも 有利な 利回りを 示す ケースは、 往々に して みられます。 確認済 売掛 債権により、 伝統的 債券の イールド カーブに 打ち勝つことが出来るのです。

災害リスクを証券化した「CAT債」…元本が毀損する災害規模は?

災害リスクを証券化した「CAT債」…元本が毀損する災害規模は?

前回は、災害リスクを証券化した「CAT債」の基本的な特徴についてお伝えしました。今回は、このCAT債で実際に元本が毀損する恐れのある災害規模とは、一体どれほどのものなのかを語っていただきます。※本連載は、英領バミューダに拠点を置く運用会社Eastpoint Asset Management Ltd.の共同CEO兼CIOである新原輝久氏に、CAT債についてお話を伺ったインタビュー記事です。聞き手は、香港の新しい金融機関であるニッポン・ウェルス・リミテッド(NWB/日本ウェルス)のダイレクター、幾田朋彦氏です。※ 本稿は2017年に掲載されたインタビュー記事をもとに、より最近の事情を反映すべく再編集されたものです。

東日本大震災で歴史上初「100%毀損」が発生した

幾田 自然災害と言うと、日本人にも馴染みあるのではないかと思いますが、例えば2011年の東日本大震災で影響を受けたCAT債はあったのでしょうか?

新原 CAT債の歴史で初めて個別銘柄が100%毀損したのが東日本大震災の時でした。逆に言えばそれまで一度も全損イベントはなかったのです。全損したのは全共連(JA共済)が発行したMutekiという銘柄1件で、地震加速度を基にしたトリガーをもつ債券でした。震災発生時にはその他の日本地震銘柄も同様に価格が下落しましたが、その後棄損に至らないことが認識されて値を戻しました。アメリカのハリケーンなど、元々日本地震と関連性のない銘柄群の価格の下げも、一時的なものに留まりました。

幾田 2017年や2018年も世界各地の様々な自然災害が話題となりましたが、CAT債市場への影響はいかがでしたか?

新原 CAT債市場も少なからぬ影響を被りましたが、通常の再保険などを含めた全体の中では、比較的穏やかな影響に留まったということができそうです。2017年は、アメリカを襲った3つの大型ハリケーンやカリフォルニア山火事などの災害が重なり、年間の合計保険損失としては2005年や2011年に匹敵する大災害年となりました。また2018年も前年対比で保険損失は半減しましたが、中規模の北米ハリケーン、カリフォルニア山火事、そして日本の台風被害などが被害をもたらしました。両年の特徴として、一つ一つの災害は巨大損失とまではいかなかったものの、累積合計した損失額は相当の水準に達したということが挙げられます。

幾田 実際に発生した災害が債券の価値に反映されるまでに、どれくらいのタイムラグが発生するのでしょうか?

新原 ハリケーンの風速や中心気圧、地震マグニチュードなどパラメーターを基にしたトリガーであればほとんどラグは発生しませんが、実際の保険損失額を基にしたトリガーの場合には、棄損額の確定という意味では数か月から数年かかることもあります。

CAT債市場は大災害が発生するたびに成長

幾田 先ほど170銘柄ほどが流通しているとおっしゃいましたが、発行市場の状況はいかがでしょうか。

新原 CAT債のマーケットは順調に拡大しており、2018年には約100億ドルの新規発行、年末の市場残高は約290億ドルとなりました。歴史的には大きな災害損失が発生する毎に、ひっ迫しがちな再保険市場の受け皿となる形でCAT債市場の成長が加速しています。2017-18年の災害年を経た後も、再度CAT債市場の拡大が見られており、このような傾向が続くことが見込まれます。

株式市場暴落時に忘れてはいけないオルタナティブ投資の落とし穴とは

f:id:naoto0211:20200312185011j:image

資産運用の基本は、資金を複数の金融商品に分けて投資することでリスクを分散する「分散投資」です。よく用いられる例え話として、「卵を1つのかごに盛るな」というものがあります。
全ての卵を1つのかごに入れてしまうと、かごを落とした時に全部割れてしまうので、 複数のかごに分けて入れることで、1つかごが落ちても他のかごの卵が割れないようにしましょう、という話です。 同じように、資産も1つに集中せず、いくつかに分けて投資することでリスクを分散させることができます。
従来は、資産を株式と債券に分け、また投資地域を世界各地に分散することで、この「分散投資」を実現するのが一般的でした。しかし、グローバル化が進み世界の各地域の証券市場が同じ動きを見せるようになったため、この手法では以前ほど分散効果を得られなくなりました。
そこで、市場の動きにあまり反応しない資産に注目が集まり、これらの資産に投資することで高い分散効果が得られることが知られるようになったのです。

(出所 クラウドクレジット Web サイト/いまさら聞けない!株・債券に代わる「オルタナティブ投資」とは?個人投資家の新しい投資オプションとして注目)

オルタナティブ投資の注意点

f:id:naoto0211:20200312190407j:image

(出所 ビクテ投信投資顧問Webサイト/実践的基礎知識 オルタナティブ編(6))

原油について

f:id:naoto0211:20200312191011j:image

2007年以前の時期を振り返ると、原油先物価格と株式、債券、通貨との間には、相関はほとんど観察されませでした。一方、2008年から2010年にかけては原油先物価格と株式との間に正の相関が、 債券価格との間には規則的ではないものの、 負の相関(逆相関)が観察されています。また、米ドルとの間にも、2007年後半以降、現在に至る期間の大半を通じて、逆相関が見られます。

(出所 ビクテ投信投資顧問Webサイト/原油価格を知る~変動要因(6) : 金融市場)

金融市場の混乱時

リーマンショックのような金融市場の混乱時には、通常であれば分散効果があるはずの資産への投資であったとしても一時的に各資産間の相関が高まることが示されています。

f:id:naoto0211:20200312191155j:image

投資資金がここまであふれていると、オルタナティブ投資は期待されていたよりも分散効果が薄れている可能性があります。本来であれば伝統的な資産である株式・債券とは異なる値動きを期待されていたはずなのに、行先がない余剰マネーがオルタナティブ資産にも流れ込んでいるのです。

また、前述のように金融市場の混乱時には一時的に各資産が同じ方向へ動く傾向が過去には見られました。
この点については注意しておく必要があるでしょう。思わぬ落とし穴になってしまうかもしれません。

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる