バイナリーオプション

バフェットの保有株トップ20

バフェットの保有株トップ20
投資判断においてバフェット氏は、 その企業のビジネスモデルを重要視 バフェットの保有株トップ20 します。

バフェットの投資戦略が教える、今が「買い」の米株式銘柄

ウォーレン・バフェット率いるバークシャー・ハサウェイは、2月26日に発表した2021年第4四半期および通期の決算で、同社の第4四半期営業利益が前年同期比で45%増の72億8500万ドルに達したことを明らかにした。 バフェットは、価値を創り出すすべを心得ている。何しろ60年にわたり、価値創出に身を捧げてきた人物だからだ。 そして今、「オマハの賢人」ことバフェットは、投資家に対して成功への道筋を示してくれている。その戦略とは、キャッシュフローが堅調な企業に着目し、これらの企業が潤沢な資金をどう活用するかに目を向けるというものだ。つまり、「自社株買いの時代」が来たのだ。 そんななかで、投資家が株式の購入を検討すべき企業が、保険会社のチャブ(Chubb)だ。その理由を以下に説明しよう。 バフェットは、時代を象徴する、最も大きな成功を収めた投資家として広く認められている。1962年にバークシャー・ハサウェイの経営権を取得して以来、バフェットは、当時すでに斜陽産業だった繊維業を営んでいた同社を、米国を象徴する投資持株会社へと変貌させた。ネブラスカ州オマハに本社を置くバークシャーの株は、今やニューヨーク株式市場で47万9345ドルの値をつけている(クラスA株、2月25日の終値)。 バークシャーを率いてきたこの60年間のほとんどの期間、バフェットは保険、金融、工業、一般消費財セクターの事業を営む非公開および公開企業の株式を取得してきた。さらに米国外の企業に投資した実績もあり、2008年には中国の電気自動車(EV)メーカー、BYDの株式を7.7%取得している。 米証券取引委員会(SEC)に2月14日付で提出された報告書によると、現在バークシャーがかなりの割合の株式を保有している企業には、コカ・コーラ、クラフト・ハインツ、アメリカン・エキスプレス、バンク・オブ・アメリカ、アップルなどがある。 今挙げた企業はすべて、フリーキャッシュフロー(純現金収支)を潤沢に生み出している。 キャッシュフローは、投資価値を判断する上で、バフェットが設けている第一の基準の一つだ。キャッシュとはいわば、身を守るための備えのようなものだ。バフェットの有名な金言の一つに、「誰が裸で泳いでいるかわかるのは、引き潮になった時だけだ」というものがある。 これらの投資先企業について、投資家が知るべき要素は他にもある。それは、経営陣が公開市場において、自社株を恐るべき速さで買い集めている点だ。 自社株買いは、株式の総数を減少させるので、1株あたり利益を押し上げる効果がある。1株あたり利益の動向は、投資アナリストが絶えず注目している指標の一つだ。さらに、自社株買いは配当と並んで、株主に利益を還元する手段だと、一部では考えられている。 アップルは2021年第4四半期だけで、200億ドル相当の自社株買いを実行した。2021年の通年で見ると、買い入れ額は855億ドルを超える。 また、バークシャー・ハサウェイ自身の第4四半期決算でも、自社株買いを行ったことが報告されている。同社はこの四半期に、69億ドルを自社株買いに費やした。さらに、通年での総額は275億ドルと、2020年の220億ドルからさらに増えている。それでも年次報告によると、2021年末の時点でバークシャーの手元にある現金は1467億ドルに達する。

現在のバフェット銘柄は?ウォーレンバフェットの保有銘柄をご紹介

コラム

2021年のバフェット銘柄

2020年のバフェット銘柄

2019年のバフェット銘柄

ウォーレン・バフェットの資産

【セミリタイアの失敗例】失敗しないための3つのポイント!

ヘッジファンドダイレクト株式会社 コラム編集部

プライベートバンクはいくらから利用できる?口座開設に必要な最低金額を紹介!

ヘッジファンドダイレクト株式会社 コラム編集部

資産運用とは?投資種類の比較一覧!運用方法ごとの商品特徴をわかりやすく簡単に解説!

ヘッジファンドダイレクト株式会社 コラム編集部

ESG投資とは?仕組みと投資方法を詳しく解説

ヘッジファンドダイレクト株式会社 コラム編集部

ヘッジファンドをポートフォリオに組み入れる際の注意点とは?

ヘッジファンドダイレクト株式会社 コラム編集部

【分散投資とは?】資産運用における意味やメリットをわかりやすく解説!

ヘッジファンドダイレクト株式会社 コラム編集部

ヘッジファンドダイレクト

本サイトは、投資判断の参考となる情報の提供を目的としたのもので、金融商品の取得勧誘・販売等を目的としたものではありません。本資料作成においては万全の注意を払っておりますが、本資料に含まれる情報の正確性、更新性に関しては弊社は一切保証していません。また、当該評価は過去の一定期間の実績を分析したものであり、将来の運用成果等を保証したものではございません。銘柄の選択、投資の最終決定は、ご自身の判断でなさるようにお願い致します。【著作権に関するお願い】当社およびその関係会社が当社Webサイトで提供する文書・映像・音声・その他の著作物および当DVDは、著作権法、およびその他の法律により保護されています。当社の文書での許諾なく、これらの一部又は全部をそのまま又は改変して転載・転用・送信・上映等により利用することは、その目的が営利か非営利か、その手段が電子的か否か、またメディアの如何を問わず禁止します。「引用」を行う場合には、必ず出典ページへのリンクを併用してください。当サイトへのリンクは自由です。著作権に関する詳しい情報は、公益社団法人 著作権情報センター著作権相談室までご確認ください。

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる