バイナリーオプションのコツ

米国における新しい株式取引所の開設

米国における新しい株式取引所の開設
性別:女性
年齢:50代
職業:アルバイト・パート
PayPay証券は、アプリがとても見やすく使いやすいので、投資の素人でも1,000円から気軽に個別株等を購入できます。GAFAM等よく目や耳にする世界的に超有名な企業や、自分が商品を買ったことがある会社等の株主になれるのは楽しい体験です。アプリを開くと現在の自分の保有株がどれくらいの価値になっているのかすぐ確認できるので、投資初心者にはおすすめできると思います。

米国における新しい株式取引所の開設

2020年9月、米国で株式現物を取引する3つの新しい証券取引所が、相次いで取引を開始した。9月9日はロングターム証券取引所(LTSE)が、9月21日にはメンバーズ取引所(MEMX)が、9月29日はマイアミ証券取引所(MIAX)グループのMIAXパール(Pearl)が、それぞれ株式現物の取引を開始し、米国の株式取引所の総数は16となった。 これまで米国には株式現物を取引する証券取引所が13存在した(図表1)。ニューヨーク証券取引所(NYSE)、ナスダック証券取引所の2大取引所のほか、ボストン(ナスダックBX)、フィラデルフィア(ナスダックPHLX)といったかつての地方取引所やNYSEアーカ(旧アーキペラゴ)や旧BATSのBYX、BZXのように1990年代後半ECN(electronic communications network)と呼ばれる代替取引システム(ATS)としてスタートし、後に取引所へと転換したものなどである。2016年に取引所に転換したIEXを除く12取引所は、NYSEの属するICE(インターコンチネンタル取引所)グループ、ナスダック・グループ、BATSを取り込んだCBOEグループのいずれかの傘下にある。

①LTSE

長期保有株主を議決権の側面で優遇するという考え方に対しては、長期的視点に立った企業経営を可能にするという賛成論の一方で、株主平等原則に反するという反対論も根強い。経営の短期志向化への懸念には共感する投資家もアルファベット(グーグル)など一部のIT企業が採用している創業者等への複数議決権株式の付与や tenure voting といった仕組みに対しては、必ずしも賛同していない。

結局、SECによる承認を受けたLTSEの上場規則には tenure voting の採用を上場要件とするという内容は盛り込まれなかった。とはいえLTSEは、長期志向の企業は長期志向の投資家とのエンゲージメント(建設的な対話)を行うべきだなど、5項目から成る「原則(Principles)」を策定しており(図表2)、自市場でIPO(株式新規公開)を行う企業に対しては、それらの原則それぞれについて企業としての対応方針を公表することを義務付けるとしている。

株式取引所開設140周年

明治14年ころの東京株式取引所の様子


左:渋沢栄一肖像、右:1881年(明治14年)頃 鎧橋東側から東京株式取引所を望む


東京株式取引所創立証書(1878年5月)

大正~昭和初期 世界恐慌と世界大戦


1899年(明治32年)~1923年(大正12年)頃の東京株式取引所及び立会の様子


左:関東大震災後の茅場町交差点付近、右:震災後のバラックの事務所

戦後の混乱期~立会売買復活

1945年
(昭和20年)
戦後、GHQ(連合軍総司令部)は取引所の再開を禁止しましたが、兜町・北浜の一角では証券業者の半ば組織的な集団売買が開始され、兜町・北浜はいちはやく証券の街としてよみがえり取引所空白期における証券流通の場として大きな役割を果たしました。
1947年
(昭和22年)
取引所制度の民主的改革についての検討が進められ、4月16日、日本証券取引所は解散しました。
翌年、財閥の解体等によって凍結された大量の株式が国民に放出されるとともに証券知識の普及を図るための全国的な証券民主化運動が行われ、4月、投資者保護を基本理念とする新しい証券取引法が制定されました。
1949年
(昭和24年)
1949年(昭和24年)4月1日、東京証券取引所及び大阪証券取引所は会員制法人として戦後の出発を果たしました。
東京証券取引所の立会開始は5月16日、当初の上場銘柄数は495社696種で、すべて戦前に取引していた銘柄でした。
大阪証券取引所も、同日、戦後の売買を再開し、同年末には397社478種が同取引所に上場しました。

初立会の様子


東京証券取引所における初立会の様子


東京証券取引所の立会場と見学風景

新本館の竣工

米国における新しい株式取引所の開設
1988年(昭和63年)5月23日 東京証券取引所新本館の竣工

【米国株】「サムサラ(Samsara)」がNY証券取引所に
IPO(新規上場)! IoTに特化したSaaS企業で、顧客の
配送トラックを監視して、運送効率を大幅にアップ!

facebook-share

顧客企業のトラックに車載カメラやセンサーを装着することで、
リアルタイムのリモート監視&ドライバーへの指示出しが可能に

それらの顧客企業は、一定のルートを経由して資材や商品、サービスを定期的に届けています。サムサラは、顧客企業が使用しているトラックなどの車両に、電子機器や車載カメラ、センサーなどのIoTデバイスを装着。 それらのデバイスから発信されるデータを絶えず受信することで、顧客企業は自分たちのオフィスからクラウド上のダッシュボードを通じ、リアルタイムでトラックなどのパフォーマンスをモニター、分析することができます

このリモート監視・指示出しシステムのおかげで、顧客企業は事故の軽減や効率の向上、届け先の得意客への説明などが、非常にやりやすくなりました

サムサラの直近の業績を見ると、AARや
大口顧客数、売上高のすべてが右肩上がりで成長!

サムサラの顧客・グラフ


拡大画像表示

サムサラの業績を分析する際、もっとも決め手になる指標はアニュアル・リカーリング・レベニュー(ARR)です 。ARRとは、毎年自動更新される年間契約額だと理解しておけばいいでしょう。サムサラの会計年度の〆は1月末日なので、カレンダー・ベースで2021年10月末に〆た四半期が、直近の2022年第3四半期となります。

サムサラのARR・グラフ


拡大画像表示

サムサラの大口顧客数・グラフ


拡大画像表示

サムサラの売上高・グラフ


拡大画像表示

【今週のまとめ】
IoTのピュア・プレイ企業として初めてIPOする
「サムサラ」の今後の成長に期待!

米国における新しい株式取引所の開設
↓今注目の「投資テーマ」の解説&銘柄はこちら!↓
●防衛 ●アンモニア ●インバウンド
●ウクライナ情勢 ●メタバース ●高配当株
米国における新しい株式取引所の開設 ●NFT ●化石燃料 ●再生可能エネルギー
●株主優待株 ●半導体材料 ●会計ソフト
●米株/旅行 ●米株/燃料電池 ●米株/EV
●米株/シェール ●米株/天然ガス ●米株/2022年戦略

証券会社(ネット証券)比較!売買手数料で比較ページへ

ネット証券会社(証券会社)比較!取引ツールで比較ページへ

 つみたてNISA(積立NISA)おすすめ比較&徹底解説ページへ

証券会社(ネット証券)比較!人気の証券会社で比較ページへ

ネット証券会社(証券会社)比較!株アプリで比較ページへ

 iDeCo(個人型確定拠出年金)おすすめ比較&徹底解説!詳しくはこちら!

ネット証券会社(証券会社)比較!最短で口座開設できる証券会社で比較ページへ

ネット証券会社(証券会社)比較!外国株で比較ページへ

桐谷さんの株主優待銘柄ページへ

証券会社(ネット証券)比較IPO(新規上場)比較ページへ

ネット証券会社(証券会社)比較!キャンペーンで比較ページへ

証券会社(ネット証券)比較!総合比較ページへ

「米国株」取扱数が多いおすすめ証券会社

世界投資へのパスポートの関連記事

【証券会社おすすめ比較】 外国株(米国株、中国株、ロシア株、韓国株など)の 売買手数料と取扱銘柄数で選ぶ!おすすめ証券会社 [2022年6月1日更新](2020.02.01)

【2022年】今すぐ口座開設できる証券会社【最新版】 最短“申込当日”に取引できるDMM.com証券、翌日に 取引可能なSBI証券など、今すぐ株を買う方法を解説 【2022年4月5日更新】(2019.03.01)

【2022年版】ネット証券会社の人気ランキング発表! この1年間で口座開設の申し込み数がもっとも多かった ザイ・オンラインで一番人気のおすすめ証券会社を公開(2021.06.24)

SBJ銀行が業界No.1水準の“定期預金金利”や“手数料 の安さ”を維持できる理由とは?「外資系の銀行に預金 しても大丈夫?」という疑問や不安をSBJ銀行に直撃!(2021.12.10)

ふるさと納税を年末ギリギリに行う際の注意点とは? 2021年分から「ふるさと納税」の確定申告が簡素化され て「ワンストップ特例」を使わなくても手続きが楽に!(2021.12.04)

世界投資へのパスポート バックナンバー

【米国株】ウクライナ侵攻により「買い」のチャンスが 到来! 「売り物が出尽くす」「FRBが利上げを見送る」 など、今が絶好の買いチャンスと判断する理由を解説(2022.米国における新しい株式取引所の開設 02.24)

【米国株】「銀ETF」「鉱山会社」など“出遅れ感”が強い 「銀(シルバー)」関連株に注目! 原油価格が上がっても 横ばいが続く「銀」の価格上昇で儲かる銘柄を解説!(2022.02.21)

【米国株】「ウクライナ情勢の悪化」で注目を集める 4銘柄を紹介! 天然ガスや石油、アルミニウム、穀物 の価格高騰により、株価上昇が見込める銘柄を解説!(2022.02.14)

【米国株】従来と真逆の「成長株を売り、インフレに 強い石油株を買う」投資戦略に転換を! 石油株の中で も新高値をつけて“新波動入り”した3銘柄に注目しよう(2022.02.07)

【米国株】2022年の米国株式市場は1973年と酷似! インフレ+利上げでグロース株が下落して、石油株と 金鉱株が上がった時代を教訓に、相場を見極めよう!(2022.01.31)

「アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード」付帯サービスはプラチナカード顔負け!最強ゴールドカード 実力を徹底検証

【クレジットカード・オブ・ザ・イヤー 2022年版】2人の専門家がおすすめの「最優秀カード」が決定!2021年の最強クレジットカード(全8部門)を公開! 最短翌日!口座開設が早い証券会社は? アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カードは、 本当は“ゴールド”ではなく“プラチナ”だった!? 日本初のゴールドカードの最高水準の付帯特典とは? 高いスペック&ステータスを徹底解説!アメリカン・エキスプレスおすすめ比較 おすすめ!ネット証券を徹底比較!おすすめネット証券のポイント付き

  • 「AViC(エイビック)」のIPO情報総まとめ!スケジュールから幹事証券、注目度…
  • 「マイクロアド」のIPO情報総まとめ!スケジュールから幹事証券、注目度、銘柄分析…
  • 「ヌーラボ」のIPO情報総まとめ!スケジュールから幹事証券、注目度、銘柄分析、他…
  • 「M&A総合研究所」のIPO情報総まとめ!スケジュールから幹事証券、注目度、銘柄…
  • 「サンウェルズ」のIPO情報総まとめ!スケジュールから幹事証券、注目度、銘柄分析…
    ザイ・オンライン編集部(2022.6.2) ザイ・オンライン編集部(2022.6.2) ザイ編集部(2022.5.31) ザイ・オンライン編集部(2021.12.23) ポイ探ニュース(2022.5.29)
    ザイ・オンライン編集部(2022.6.2) ザイ・オンライン編集部(2022.6.2) ザイ編集部(2022.5.31) ザイ・オンライン編集部(2021.12.23) ポイ探ニュース(2022.5.29)
    ザイ・オンライン編集部(2022.6.2) ザイ・オンライン編集部(2022.6.2) ザイ編集部(2022.5.31) ザイ・オンライン編集部(2021.12.23) ザイ・オンライン編集部(2022.米国における新しい株式取引所の開設 6.2)
  • トヨクモ---トヨクモとグローバルセキュリティエキスパートが、セキュリティエンジ…
  • 利食い優勢も円安進行を背景にハイテク株の一角が下支え
  • (まとめ)日経平均は米国株安を受けて小幅に反落 一時200円以上下落するも下げ渋…
  • WSCOPE、大阪チタ、イナリサーチなど

ダイヤモンド・ザイ最新号好評発売中!

楽天で「ダイヤモンド・ザイ」最新号をご購入の場合はコチラ!Amazonで購入される方はこちら!

[つみたて投資入門/最強の割安株]

◎別冊付録
75万部売れた株の本が付録で読める!

ZAiが作った株入門ダイジェスト版!

◎巻頭特集
速報!

最新決算でわかった2022年の強い株

◎第1特集
キホンからオススメ投信まで大事なコトだけ!つみたて投資入門
●キホン編
つみたてNISAやiDeCoを徹底解説
・つみたて投資は必要?
・どうなれば儲かる?
・どんな人に向いてる?
・何を買ってつみたてるの?
・オトクな制度って?
●実践編
投信を買うならこの1本!を紹介
急落や損した時対処法を伝授!

・どの投信を買えばいい?
・口座はどこで開けばいい?
・いま始めても大丈夫なの!?
・損が出てる! やめるべき?
・つみたての金額はいくらにする?
・家計が厳しいけどやめていい?
●もう始めてる5人に聞いた
つみたてデビューとリアル収支

◎第2特集
波乱や利上げで人気急騰!
割安株で値上がりと利回りゲット!

PART1: 高利回り
・高配当で株主優待も充実!利回りランキング
PART2: 10倍狙い
・不人気&売られすぎ前途有望な話題株
PART3: 底値が堅い
・安全・安心・割安な守りが堅い三安株

◎第3特集
トクするカードの序列が激変!
クレジットカード大全

・最初の1枚
・とにかく高還元
・一定利用で無料
・買物が絶対トク 米国における新しい株式取引所の開設
・特典が魅力的
・投信積立で還元

◎人気連載もお楽しみに!
●10倍株を探せ! IPO株研究所
●自腹でガチンコ投資!AKB48ガチ株バトル
●AKB48武藤十夢のわくわくFX生活!
●株入門マンガ恋する株式相場!
●どこから来てどこへ行くのか日本国
●人気毎月分配型100本の「分配金」

【2022最新】アメリカ株式市場の取引時間は?NYSEやナスダックの違いも

アメリカの株式市場

市場比較

2021年3月時点で取得可能な最新データより作成

ニューヨーク証券取引所(NYSE)

あの有名な ニューヨーク市のウォール街 にある世界最大の株式市場です。

筆者が2018年5月にNYを訪れた際の写真

NYSEの発表資料によると、2018年6月末時点での上場企業の時価総額の合計は約3,000兆円にのぼります。

その後、NYSEは インターコンチネンタル・エクスチェンジ(ICE) という、インターネットベースの電子取引市場を運営する会社に2013年に買収され、現在はその傘下にあります。

NYSEの上場企業

  • みんな大好き『コカ・コーラ』
  • 大手投資銀行の『ゴールドマン・サックス』
  • アメリカ最大級のスーパー『ウォルマート・ストアズ』

ナスダック(NDAQ)

ナスダックとは、アメリカ合衆国の 新興企業向けの株式市場 のことです。

ナスダックは1971年に、世界初の電子株式市場として設立されました。

  • アルファベット(GOOG)
  • アマゾン(AMZN)
  • アップル(AAPL)
  • 米国における新しい株式取引所の開設
  • ネットフリックス(NFLX)

ともだち登録で記事の更新情報・限定記事・投資に関する個別質問ができます!

アメリカの代表的な株価指数

  • NYダウ
  • ナスダック総合指数
  • S&P500

NYダウとは

NYダウの正式名称は 「 ダウ工業株30種平均 」で、アメリカで最も古い株価指数。

ナスダック総合指数とは

S&P500

ダウ平均とは違い、 両市場の500社をカバーしている分散性から「アメリカの株式市場の状態」として世界中の投資家が参考にする指数です。

ADR(米国預託証券)とは?

ADRの仕組み

ともだち登録で記事の更新情報・限定記事・投資に関する個別質問ができます!

徐々にあいまいになる境界線

先述したように、アメリカの2つの市場では大企業を中心とした「オールドエコノミー」はNYSEに、新興企業を中心とした「ニューエコノミー」はナスダックに、という具合に役割を明確に分ける暗黙の了解がありました。

時価総額ランキング

  • Twitter
  • アリババ
  • Salesforce

まずは 手数料がお得・取り扱い株式数も多いインターネット証券 で口座開設をして第一歩を踏み出しましょう!

アメリカ株投資でおススメの証券会社

③DMM株
最短即日取引可能!1つのアプリで国内株も米国株も取引可能!

Podcast

コメントを残す コメントをキャンセル

ベルシステム24ホールディングス

【投資初心者向け企業分析】(6183)ベルシステム24ホールディングスのアナリストレポートを読んでみよう

ブリッジレポートとは

【無料アナリストレポート】ブリッジレポートとは?効率的にIR情報を集めよう!

アクセスランキング

限定キャンペーン

New Posts

おすすめネット証券

投資初心者

FP危険(アイキャッチ)

Podcast更新情報

法人クレカのおすすめは?

カテゴリー

アーカイブ

いろはにロゴ

当メディアは(株)インベストメントブリッジによって運営されています。
(株)インベストメントブリッジは中立した立場で、投資家と企業の架け橋として活動をしております。
運営会社についての詳細はこちらをご覧ください。
また、当メディアにおける記事及び情報の掲載は、投資に関連する一般的な情報提供のみを目的としたものであり、有価証券その他の金融商品の取引の勧誘を目的としたものではありません。
当メディアに掲載された記事、情報及び外部リンク先ウェブサイトに基づいて利用者が被ったいかなる損害についても、当メディア運営会社・執筆者は一切の責任を負うものではありません。
Please Follow us!

米国株の取引時間について解説!日本株との違いは?

米国株の取引時間について解説!日本株との違いは?

性別:男性
年齢:30代
職業:派遣社員

ネット証券の中でもSBIと並んで口座開設数が多い人気のある証券会社です。 サポート体制もしっかりしており安心して使うことができます。 例えば、SBIの場合、日本株と米株は別のアプリを起動する必要がありますが、楽天の場合、ひとつのアプリで日米ともに取り扱いできるので米株を扱う際の資金管理がしやすいです。 チャートも統一されており、ユーザーインターフェースも直感的でよくできていると思います。

マネックス証券

米国株の取引時間について解説!日本株との違いは?

マネックス証券は米国株と中国株を取り扱っています。米国株と中国株を合わせた取扱銘柄数は6,000を超え、米国株の最低手数料は0ドルです。

注文可能時間 冬時間 下記以外の時間帯
10時〜22時
夏時間 下記以外の時間帯
9時〜翌21
時間外対応 22時〜23時30分、翌6時〜10時
※冬時間
取引手数料 約定代金の0.495%
最低手数料:0ドル
上限手数料:22ドル
米国株取扱数 4,293銘柄 ※2022年1月時点
キャンペーン ・米国株デビュー応援プログラム
・米国ETFの買付手数料が実質無料(USAプログラム)

性別:男性
年齢:30代
職業:派遣社員

マネックスと言えば米国株といわれるほど、米国株に特化した仕様になっています。 銘柄選定や分析の際にファンダメンタルズ分析はかかせませんが、マネックス独自の銘柄スカウターが非常によくできています。 実際、取引自体は他の証券会社でも銘柄スカウターのために、マネックス証券口座を開く人がいるくらいです。 マネックスで取引するにせよ、しないにせよ、米株をやる方はマストな証券会社です。

DMM 株

米国株の取引時間について解説!日本株との違いは?

DMM 株は約定代金にかかわらず、米国株取引手数料は一律0円です。保有する米国株を担保にして信用取引ができます。また、1つのスマホアプリで国内株と米国株の両方を取引できるため、非常に便利です。

米国における新しい株式取引所の開設 米国における新しい株式取引所の開設
注文可能時間冬時間 下記以外の時間帯
日〜金:6時〜16時
土:3時〜16時
夏時間 下記以外の時間帯
日〜金:5時〜16時
土:3時〜16時
時間外対応 16時〜23時30分
取引手数料 約定代金にかかわらず一律0円
米国株取扱銘柄数 1,263銘柄 ※2022年1月4日時点
キャンペーン 現在実施中の米国株キャンペーンはありません。

PayPay証券

米国株の取引時間について解説!日本株との違いは?

PayPay証券では、米国株の取引時間によって手数料が変わります。23時30分〜6時は「基準価格×0.5%」で、それ以外の取引時間は「基準価格×0.7%」です。取扱銘柄数は少ないですが、アマゾンやアップル、コカ・コーラなど有名企業は揃っています。

注文可能時間 冬時間 下記以外の時間帯
10時〜22時
夏時間 9時〜21時
時間外対応 22時〜23時30分、翌6時〜10時
※冬時間
取引手数料 ・取引時間 米国における新しい株式取引所の開設 23時30分〜6時:「基準価格×0.5%」
・取引時間 上記以外:「基準価格×0.7%」
米国株取扱銘柄数 147銘柄 ※2022年1月4日時点
キャンペーン ・年末年始キャンペーン

性別:女性
年齢:50代
職業:アルバイト・パート

PayPay証券は、アプリがとても見やすく使いやすいので、投資の素人でも1,000円から気軽に個別株等を購入できます。GAFAM等よく目や耳にする世界的に超有名な企業や、自分が商品を買ったことがある会社等の株主になれるのは楽しい体験です。アプリを開くと現在の自分の保有株がどれくらいの価値になっているのかすぐ確認できるので、投資初心者にはおすすめできると思います。

米国株売買の始め方

米国株を扱う証券会社で口座を開設する

米国株の取扱銘柄数や手数料、注文・取引時間、取引ツールなどを比較して、自分に合う証券会社を選ぶことが大切です。自分に合う証券会社を見つけたら、口座開設の手続きを行います。スムーズに手続きを進めるために、事前に必要書類を確認しておきましょう。

決済通貨を決めて購入資金を入金する

決済方法 内容
円貨決済 証券口座に入金した日本円を使って米国株を注文する方法。証券会社の指定為替レートで自動的に円がドルに換金され、売買を行う。
ドル決済 米国株を直接ドルで購入する方法。米ドルMMF買付や為替取引、ドル入金などの方法で、あらかじめドルを用意する必要がある。

銘柄を選択して購入する

注文が成立すると、保有株の評価損益などの情報を確認できるようになります。あらかじめ「株価が◯◯円まで上がったら(下がったら)売る」など、売買ルールを決めておくと決済タイミングを迷わずに済みます。

米国株購入のポイント

低コストで日本語に対応している日本のネット証券がおすすめ

海外の証券会社は日本語に対応していないところが多いので、外国語が堪能でないとスムーズに利用することができず、気軽に問い合わせもできません。国内の対面式の証券会社は手数料が高いのでコスト負担が大きく、利益を圧迫してしまいます。

対面式の証券会社より低コストで取引できるのも魅力です。米国株を取引する場合は、日本のネット証券を選ぶと、低コストで安心して利用できます。

手間を省ける円貨決済とコストを抑えられる外貨決済

円貨決済は、証券口座に入金している日本円を使って米国株を購入する方法です。購入時に証券会社の指定為替レートで自動的にドルに交換されるため、ドルを用意する手間を省けます。外貨決済より手数料は高くなりますが簡潔でわかりやすいため、米国株初心者におすすめの決済方法です。

米国株を購入する際は、手間を省ける円貨決済かコストを抑えられる外貨決済を選択する必要があるので、事前に決めておくとよいでしょう。初心者には円貨決済をおすすめします。

米国株のおすすめ銘柄はGAFAM

米国株のおすすめ銘柄は「GAFAM」です。GAFAMとは、誰もが知る世界的有名企業である「Google(Alphabet)」「Apple」「Facebook(Meta)」「Amazon」「Microsoft」のことです。いずれも規模が大きく、成長が続いています。米国株に投資するのであれば、GAFAMは外せない銘柄といえるでしょう。

・Google(Alphabet)

Google(Alphabet)は、Google ChromeやYou Tube、Gmail、Google Calendar、Androidなど、多くの人が利用するサービスを提供している世界的に有名なIT企業です。Alphabetは、Googleやグループ会社の持株会社として2015年に設立されました。

・Apple

Appleは iPhoneやiPad、Mac、Apple Watchなどを販売する超有名企業で、2022年1月には時価総額が3兆ドル(約345兆円)を超えました。これはトヨタの時価総額約34兆円の10倍であり、東証一部の時価総額の合計の半分に相当します。

・Facebook(Meta)

・Amazon

・Microsoft

個別株だけじゃない!米国株式市場で押さえておきたいETF、ADR

ETFとは

ETF(Exchange Traded Fund)とは上場投資信託のことです。

ETFの主な特徴

  • 指数に連動するため値動きを把握しやすい
  • 分散投資ができる
  • コストが安い
  • いつでも売買できる

ETFは株価指数などに連動するパフォーマンスを目指しているため、NYダウやナスダック総合指数などの指数をチェックすれば値動きを把握できます。

ADRとは

ADR(American Depositary Receipt)とは米国預託証書のことです。米国預託証書は、アメリカ以外の企業や政府、アメリカ企業の外国法人などが発行する有価証券に対する所有権を示す、米ドル建ての記名式譲渡可能預り証書です。

米国株の主要な2つの市場

伝統のある大手優良企業の上場が多いニューヨーク証券取引所(NYSE)

ニューヨーク証券取引所(NYSE)は「ビッグ・ボード」とも呼ばれる世界最大の証券取引所で、ニューヨークのウォール街にあります。ロンドン証券取引所の次に古い証券取引所です。

ニューヨーク証券取引所は上場審査が世界で最も厳しい証券取引所として知られており、ゴールドマン・サックスやエクソン・モービル、コカ・コーラ、ウォルマート、JPモルガン・チェース、ジョンソン・エンド・ジョンソンなど世界的に有名な企業が名を連ねています。

ハイテク・IT関連企業が多く上場しているナスダック(NASDAQ)

ナスダック(NASDAQ)は、1971年に設立された新興企業向けの株式市場です。新興企業向けの株式市場としては世界最大規模で、アップルやアルファベット、アマゾン、ネットフリックスなど、人気企業が多数上場しています。

ナスダックは日本市場で例えるとマザーズやジャスダックのような位置づけで、大きく成長する可能性を秘めた企業の株が取引されています。

アメリカの代表的な株式指数

米国株指数の中で最も古いNYダウ

NYダウはアメリカの代表的な株式指数で、1896年からダウ・ジョーンズ社が算出しています。「ニューヨークダウ」と呼ばれることが多いですが、正式名称は「ダウ工業株30種平均」です。

NASDAQの全銘柄を対象に算出されるナスダック総合指数

ナスダック総合指数は、ベンチャー向け株式市場であるNASDAQに上場する全銘柄を対象とした時価総額加重平均型の指数です。1971年に始まった指数で、当時の値を100として算出しています。

勢いのある代表500銘柄から算出されるS&P500

S&P500は、ニューヨーク証券取引所やNASDAQなどに上場していて、流動性のある大型株から選ばれた500銘柄で構成されています。NYダウ同様、ダウ・ジョーンズ社が算出しています。日本市場のTOPIXと同じように、時価総額を指数化したものです。

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる