デモトレード

仮想通貨のメリット

仮想通貨のメリット
評価:★★★★★
DMMbitcoinを選定した理由としましては、とにかく取引手数料が安いと言う点でありました。DMMである大手が運営されていることもありますので、手数料がとにかく安くカスタマーサービスが365日対応でラインでも気軽に質問できる点が魅力的でした。 引用元:【2022年最新ランキング】暗号資産(仮想通貨)おすすめ取引所徹底比較

仮想通貨はビジネスに使えるものでしょうか?

仮想通貨とは、コンピュタの暗号化技術を用いて取引される、デジタル通貨の総称です。すべてがデジタルで行われるため、通常の通貨のような紙幣や硬貨は存在しません。
世界中にはさまざまな仮想通貨があります。2018年現在では1,500種類以上あると言われており、その数は増加し続けています。
仮想通貨は国家が発行するものではなく、私的なものであるということをまず大前提としてください。つまり、国家の中央銀行が国家の信用を後ろ盾に発行する通貨とは、根本的に成り立ちが違います。
お互いに、この仮想通貨は信用できると思った人同士が、その仮想通貨に参加し、売買や決済を行っているというのが実情です。
投機目的で仮想通貨の売買を行っている人も多く、通貨の価値が一日で数十%乱高下することも、決して珍しいものではありません。

【仮想通貨を使用するメリット】

しかし、そのような仮想通貨をビジネスで使用するケースも、特に海外では増えているようです。なぜでしょうか。
仮想通貨をビジネスに使用する最大のメリットは、送金のスピードと手間、およびコストでしょう。通常の通貨で海外へ送金しようとすると、為替や両替の問題が出てきます。ドルのような基軸通貨であれば、回収後、ドルのままでも使用用途がありますので、必ずしも円に両替する必要はありませんが、それ以外の通貨を使用した場合は、日本では通用しませんので、円に両替する必要があり、両替手数料が発生します。
また、商談が成立した日の為替と、決済をする時の為替が異なっていた場合に、為替差損、為替差益が発生します。差益になればまだいいのですが、どちらにせよ、商談時に日本円でいくら払えばいいのか、あるいはいくら入ってくるのかが読めないというのも問題です。送金に時間がかかるとリスクは大きくなっていきます。
銀行間取引の場合は、これに加えて送金の手数料もかかってきます。これまでの商習慣で取引しようとした場合、これらの手数料やリスクを価格に上乗せする必要があり、どうしても割高になってしまうといったケースもあると思います。
仮想通貨を使用した場合は、即時に送金することが可能で、各種手数料や為替のリスクを最小限にすることができます。決済もスピーディに進むことから、ビジネスがスムーズに進みます。
このメリットを感じている人々が、ビジネスにおいて仮想通貨を使用しているのです。

【仮想通貨を活用する注意点】

(1)決済後は通常通貨に換金すること

(2)現地の法規制を守ること

【仮想通貨の今後】

仮想通貨はまだ始まったばかりのものです。利便性の一方で、マネーロンダリングの温床になるという可能性も指摘されるなど、今後どうなっていくのかを予測するのは現時点では困難です。
日本でも大手金融機関が研究を始めるなど、10年後には普通の存在として扱われている可能性もあります。
現時点で一つだけ言えるのは、ビジネスの運転資金を仮想通貨で保有するのはたいへんリスクが高いということです。あくまで現金の代替として一時的に使用するツールくらいに思っておいた方がよいでしょう。

  • ブロックチェーンとはどのようなものでしょうか?

同じテーマの記事

© 2004 Organization for Small & Medium Enterprises and Regional Innovation, JAPAN

ビットコインのメリットとは?投資する価値のある仮想通貨なのか?

ビットコイン メリット

評価:★★★★★
仮想通貨取引所の中で1番わかりやすくて初心者向けなのは、コインチェックです。確かに過去にはハッキング事件がありましたが、もともとチャートの見やすさだったり、チャット機能で意見交換をしたりと人気があります。また、わたし個人的にはマクロミルと連携していて、マクロミルポイントを仮想通貨に交換できる点なども、少額から始めたい、リスクをあまり好まない人にもおすすめです。

引用元:【2022年最新ランキング】暗号資産(仮想通貨)おすすめ取引所徹底比較

アイコン

評価:★★★★★
とても使いやすいです。初めてなので不安もありましたが、触っていく内に覚えていく感じですかね?しいて言えば、税金の申告が簡単に出来る機能があればいいな~と思います。アメリカのスタートアップで仮想通貨の確定申告専用のアプリが開発されたみたいですね。

引用元:GooglePlay Store

アイコン

評価:★★★★
まず、チャートの見方と取引画面については全く不満はありません 。わりと初心者のほうですが、問題ないです 。送金速度や機能にも問題ないです 。短期売買の方には、どちらかというと不向きかもしれませんが 。ほぼ、放置型でしてる人には使いやすいと思います

引用元:App Store

取り扱う暗号資産の種類がビットコインを含めて15種類「DMM Bitcoin」

DMM bitcoin

DMM Bitcoinの概要
取扱通貨数(販売所) 現物:11通貨
(仮想通貨のメリット BTC,ETH,XRP,BCH,LTC,XLM,ETC,仮想通貨のメリット OMG,ENJ,BAT,MONA,XYM)
レバレッジ:15通貨
(BTC,ETH,XEM,仮想通貨のメリット XRP,ETC,LTC,BCH,XLM,MONA,BAT,QTU,OMG,XTZ,ENJ,XYM)
最低取引数量(BTC) 0.0001BTC(販売所)
取引手数料(販売所) 無料(※)
取引手数料(取引所)
送金手数料 無料(※)
入金手数料 無料(※)
出金手数料 無料(※)
レバレッジ取引 2倍
スマホアプリ DMMビットコイン(ios/Android)
口座数 非公開
取引ツール(PC) ブラウザ上で使えるツールあり
貸暗号資産 -
積み立て暗号資産 -
  • アルトコインでレバレッジ取引できる
  • 入出金・送金・取引手数料が無料
  • 問い合わせが24時間365日LINEで対応している

デメリット

  • 定期メンテナンスがある
  • 出金に時間がかかる
  • 仮想通貨のメリット
  • 現物取引に対応している通貨が少ない

DMM Bitcoinならビットコインの他に、イーサリアム、リップル、ビットコインキャッシュ、ライトコイン、イーサリアムクラシック、ネムなどの計15種類のアルトコインを取り扱っています。取引銘柄の組み合わせも全21組と豊富です。暗号資産を今後長く取引したい人や、ビットコインより割安なアルトコインを購入し、将来大幅なキャピタルゲインを狙いたい人には、第一の選択肢となる取引所でしょう。

DMM Bitcoin

ビットコインをはじめとする取扱銘柄15種類と、取扱銘柄21組についてレバレッジ取引ができるのも魅力です。レバレッジ倍率は2倍に設定されており、預ける証拠金が少額でも、2倍まで取引ができます。そのため資金が少ない暗号資産初心者でも無理なく始められます。レバレッジ取引には一定基準のロスカットルールが適用されるため、大幅な損失を回避できるでしょう。 初めての暗号資産取引で必ず確認しておきたいのが、取引所のセキュリティ体制です。DMM Bitcoinでは、顧客の暗号資産の保管場所が物理的に分離されており、コールドウォレット(オフライン)による保管と併せて、外部からの攻撃に対して厳重に備えています。不正アクセス対策として、詳細な設定による2段階認証を取り入れているのも心強いです。

DMM 仮想通貨のメリット Bitcoinが向いている人

DMM Bicoinが向いている人はアルトコインでレバレッジ取引をしたい人です。15種類の銘柄を取扱い、通貨ペアは全21種類と豊富に用意されています。

DMM Bitcoinが向いていない人

DMM Bitcoinが向いていない人は取引所形式で取引したい人です。DMM Bitcoinは販売所形式の取引所なので、自分が指定した価格で取引をするなど購入方法を選択することはできません。

DMM Bitcoinの評価ポイント

①各種手数料が無料
②豊富なレバレッジ可能通貨数
③LINEでの問い合わせが可能

アイコン

評価:★★★★★
DMMbitcoinを選定した理由としましては、とにかく取引手数料が安いと言う点でありました。DMMである大手が運営されていることもありますので、手数料がとにかく安くカスタマーサービスが365日対応でラインでも気軽に質問できる点が魅力的でした。

引用元:【2022年最新ランキング】暗号資産(仮想通貨)おすすめ取引所徹底比較

アイコン

評価:★★★★★
初めて使うアプリですが、私との相性が良い事も有るのか、まるで長年 使い込んだか の様な馴染み具合でチャートを見て取引に もスムーズに繋げられ満足してます。 引き続き、取引を無理の無い範囲で、 楽しんでみます。ありがとうございます。

引用元:GooglePlay Store

アイコン

評価:★★★
他の人も書いてるように毎週メンテナンスが長時間あるので、使いやすいがスキャ専用になってしまって、大きなトレードは無理 スイングはバイビット 後、メンテナンス中のグラフが飛ぶのも致命的! ライン引いても意味がない。 穴が空いてるので、合わない!

引用元:App Store

取引所・販売所どちらも対応「bitFlyer(仮想通貨のメリット ビットフライヤー)」

ビットフライヤー

bitFlyerの概要
取扱通貨数(販売所) 14通貨
(BTC,XRP,ETH,XTZ,XLM,ETC,XEM,BAT,LTC,BCH,MONA,LSK,DOT,LINK)
取扱通貨数(取引所) 6通貨
(BTC,ETH,BCH,MONA,XRP,XLM)
最低取引数量(BTC) 0.00000001BTC(販売所)
0.001BTC(取引所)
取引手数料(販売所) 無料
  • メガバンクと提携して安心感がある
  • ビットコインFX取引ができる
  • サイトを経由してBTCが貰える

デメリット

  • 取引所形式に対応していない通貨がある
  • 入金手数料が高い
  • アプリが重いことがある

取引所取引と販売所取引の違いとは?

取引所と販売所の違い

bitFlyerでは、ここまでで述べた「販売所取引」と「取引所取引」の両方を利用することができるため、「仮想通貨に慣れるまでは販売所取引で、慣れたら取引所取引でより高度な取引を」というような使い方もできるのが魅力です。

bitFlyer(ビットフライヤー)が向いている人

bitFlyer(ビットフライヤー)が向いている人は初めて口座開設をする人です。取扱通貨数は14種類あり、レバレッジ取引ができるなど口座を開設しておけば幅広い投資ができます。

bitFlyer(ビットフライヤー)が向いていない人

bitFlyer(ビットフライヤー)が向いていない人は出金手数料が気になる人です。出金手数料は220円~770円と幅があるが、最高手数料は他社に比べると高めになっています。

bitFlyer(ビットフライヤー)の評価ポイント

①イーサリアム含め14通貨を扱っている
②レバレッジ取引が可能
③入金手数料が無料

アイコン

評価:★★★★★
bitFlyerは、日本・米国・ヨーロッパにおいて仮想通貨交換業のライセンスを取得している仮想通貨交換業者です。それぞれの国では仮想通貨交換業のライセンス制度が導入されており、セキュリティ基準や経営体制などの整備が審査要件となっています。 仮想通貨に対する規制が厳密になる中、グローバル基準のサービスを受けることができる仮想通貨取引所です

引用元:【2022年最新ランキング】暗号資産(仮想通貨)おすすめ取引所徹底比較

アイコン

評価:★★★★★
とても使いやすいし、見やすいと思いますが、銘柄を任意に順番を変えられたら便利と思いました。例えばイーサを1番上に、2番目をクラシックにしたり自由に出来たらいいと思いました。上昇率で揃えて降順で一覧出来たりもしたらいいと思います。

引用元:GooglePlay Store

アイコン

評価:★★
買いたい時に買えないことがあることが分かった。 販売所で買おうとしたがまる2日買えずにタイミングを逃した。 取引不成立とだけ表示されるからなぜ買えないのか分からない。 現物以上にタイミングを気にしてるから結局買うのをやめた。 買いたい時に買えないとなると、アルトコインは他の証券口座をメインにしようと思う。

引用元:App Store

仮想通貨に投資するデメリット

仮想通貨に投資するデメリット

  • 大きく損をしてしまうリスクがある
  • レバレッジ取引は損失が大きくなる可能性がある
  • 仮想通貨のメリット
  • 税率が高い

大きく損をしてしまうリスクがある

上昇トレンドにある時は、ついついより大きなリターンを求めて買い増ししたくなるものですが、暴落リスクに備え、高値づかみしないよう細心の注意を払って投資することが大切です。

レバレッジ取引は損失が大きくなる可能性がある

税率が高い

ビットコインとはどのような仮想通貨なのか

発行枚数には、2100万枚という上限があり、2021年3月29日では発行枚数の89%が流通しています。時価総額は仮想通貨の中で1位(2021年4月現在)であり、信頼性が高いです。

仮想通貨は仮想通貨取引所を通じて売買でき、ビットコインも例外ではありません。取引所であれば、日本円やドルでの購入も可能です。

ビットコインの仕組みを解説

ビットコインの仕組みには「分散型台帳」と「ブロックチェーン」という2つの技術が使われています

coincheck

一方、分散型台帳は、ネットワーク上に顧客情報を分散させて管理します。いくつものサーバーで分散管理するので、1つのサーバーで障害が発生しても、顧客情報が消えることはありません。また、情報のあるサーバーにアクセスできれば顧客情報を取り寄せられるので、中央集権型のように、1つのサーバーに集中してアクセスする必要もないのです。

分散型台帳の仕組みの1つがブロックチェーンです。取引記録のブロックを分散させて、それぞれの記録データを互いに確認して、データの整合性を維持します。これによって、1つのデータセンターですべてのデータを管理する必要がありません。中央主権型のような、情報を集めておくデータセンターがなくても、記録データのやりとりを行えるのです。

ビットコインの持つ特徴とは

ビットコイン誕生から現在まで、沢山の仮想通貨が誕生しました。その中でも、ビットコインは仮想通貨の中の基軸通貨ともいうべき中心的な役割を担っています。時価総額が仮想通貨の中で一番高く、今後も需要が拡大する可能性があります。

前述のとおり、発行枚数は2,100万枚と決められています。金(ゴールド)と同じく希少価値が高く需要があるために、投資商品としても人気を集めています。機関投資家がインフレに備えて投資するケースもでてきています。

すでにビットコインが使える実店舗もありますが、インターネットサービスの決済でも使用でき、今後も決済手段として普及していく可能性が高いといえるでしょう。ビットコインを入出金できるようなATMも出現しています。近い将来、コンビニやスーパーでも支払いに使える日がくるかもしれません。

誕生した仮想通貨の中で、株式市場への上場を実現した仮想通貨はありません。しかし、ビットコインは、ビットコインETFとして2017年から上場申請しており、仮想通貨で始めて上場を果たす可能性があります。このようないくつもの理由により、今後もビットコインの価値が上昇する可能性が高いといえるでしょう。

ビットコインはどのように増やす?

ビットコインを増やす方法

ビットコインは、FXのように価格は市場の需要に応じて変化します。つまり仮想通貨の取引所でビットコインを購入して、購入時よりも高値になったときに売却すれば増やすことができるのです。もちろん、FXと同じように購入時の価格よりも下がれば、損失も出るので注意が必要でしょう。

もう1つの方法はマイニングです。仮想通貨で使われているブロックチェーンの技術は過去の取引を記録しており、いわば台帳のような役割を持ちます。仮想通貨の取引を行うごとに、この台帳は更新する必要があります。更新には膨大な計算が必要であり、マイニングを行うマイナーと呼ばれる人たちが計算しています。そして1番最初に計算が終わったマイナーに、報酬として仮想通貨が支払われる仕組みになっているのです。

ただし世界中の電子データの中から、ビットコインのデータである取引記録を探さないとならないため、マイニングには高性能なコンピュータが必要です。コンピュータは高性能であるほど電気を使うために、マイニングで得られたビットコインと、マイニングで使うコンピュータの電気代を比べてペイできないと損することになります

暗号資産(仮想通貨)とは?メリットやデメリットも解説

暗号資産(仮想通貨)

ビットコインを分かりやすく解説!初心者や学生も始めるべき?

暗号資産(仮想通貨)

暗号資産(仮想通貨)にかかる税金は? 税率や確定申告が必要な場合を解説

暗号資産(仮想通貨)

DMMビットコインの評判や口コミはどう?手数料やレバレッジとキャンペーンを紹介

暗号資産(仮想通貨)

暗号資産(仮想通貨)初心者におすすめの取引所を紹介!失敗しない選び方は?

暗号資産(仮想通貨)

暗号資産(仮想通貨)のDeFiとは?ビットコインとの違いも紹介

本サイトで掲載する内容はクレジットカード及びローン商品、証券口座、FX、暗号資産等の一般的な情報提供を目的としております。当社は商品・サービスを提供する事業者とお客様との契約・取引に関して、いかなる関与もいたしません。
当社は第三者を含む利用者・事業者間におけるトラブルには一切責任を負わないものとします。
本サイトでは各金融機関の情報に基づき、可能な限り正確な情報を掲載しておりますが、情報の更新により、掲載内容と最新情報に相違がある場合もございます。本サイトに掲載の情報は記事の作成日または更新日時点での内容になりますので、商品・サービス等の最新情報につきましては、各金融機関の公式サイトにてご確認ください。
本サイトにて掲載の商品・サービスの詳細については、当社ではお答えできません。商品・サービスの内容や契約、申し込みに関するご質問は、商品・サービスを提供している事業者へお問い合わせください。
本サイト掲載の商品・サービスには、契約時に所定の審査が行われるものがございます。本サイトに掲載の情報は、個人の審査結果を保証するものではございません。
ローン商品の契約には利息が発生する可能性がございますので、お借り入れ条件をご確認の上、計画的なご利用をお願いいたします。
FXや株式等の金融取引は元本・利益を保証するものではなく、相場の急変動等により損失が生じる場合がございます。リスクを理解した上での取引をお願いいたします。

暗号資産(仮想通貨)を始めるその前に!メリットだけでなくデメリットも

一 物品を購入し、若しくは借り受け、又は役務の提供を受ける場合に、これらの代価の弁済のために不特定の者に対して使用することができ、かつ、不特定の者を相手方として購入及び売却を行うことができる財産的価値(電子機器その他の物に電子的方法により記録されているものに限り、本邦通貨及び外国通貨並びに通貨建資産を除く。次号において同じ。)であって、電子情報処理組織を用いて移転することができるもの
二 不特定の者を相手方として前号に掲げるものと相互に交換を行うことができる財産的価値であって、電子情報処理組織を用いて移転することができるもの(※)

暗号資産(仮想通貨)のデメリット

価格変動が大きく決済手段としては課題が多い

国による価値の保証がない

暗号資産(仮想通貨)のメリット

時間や場所に縛られない取引が可能

少額から取引を始められる

例えば、GMOコインの「販売所」では、ビットコイン(BTC)を購入する際の最小注文数量は0.00001 BTCなので、1BTC = 630万円だった場合、
630万円 × 0.00001 = 63円
が購入金額になります。

暗号資産(仮想通貨)のデメリットに関するよくある質問

Q 暗号資産(仮想通貨)にはどのようなデメリットがありますか? A 暗号資産(仮想通貨)には、
・決済手段としては課題が多い
・国による価値の保証がない
などのデメリットがあります。
詳しくはこちらをご参照ください。

Q 暗号資産(仮想通貨)のデメリットのひとつに「決済手段としては課題」が多いとありますが、具体的にどのような課題がありますか? A 暗号資産(仮想通貨)は金融取引・投資を目的として取引されるケースが多く、ボラティリティが大きくなることがあるため、価格が安定しないという課題があります。
詳しくはこちらをご参照ください。

Q 暗号資産(仮想通貨)にはどのようなメリットがありますか? A 暗号資産(仮想通貨)には、
・時間や場所に縛られずに取引ができる
・少額から取引ができる
などのメリットがあります。
詳しくはこちらをご参照ください。

Q 暗号資産(仮想通貨)のメリットのひとつに「時間や場所に縛られずに取引ができる」とありますが、取引はどの時間帯で行うことができますか? A 仮想通貨のメリット 仮想通貨のメリット 暗号資産(仮想通貨)の取引は、基本的に24時間365日行うことができます。
詳しくはこちらをご参照ください。

仮想通貨のメリット

ビットコインなどの仮想通貨は、最近のトピックスですので、大学で学ぶ「金融論」や「ファイナンス論」などのテキストに登場していませんが、そこで学ぶ分析手法や概念で仮想通貨の実態や将来をある程度伺い知ることができます。
結論から先に述べると、仮想通貨が従来の国民通貨(日本円やアメリカ・ドルなど)に取って代わることはありません。

仮想通貨は、名前からお金(貨幣)の仲間のように思われますが、お金が満たすべき3大機能「価値尺度機能、交換手段機能、価値保存機能」の内、3つ目の価値保存機能だけが際だって機能しています。前2つの機能を満たすべく、ビットコインを使って買い物ができるお店が昨今増えてきておりますが、まだまだ一般的な買い物の支払いに用いることはできません。これは、各国で用いられている国民通貨のような法定通貨として (その国で法律により誰もが代金支払い受取を拒否できない) 仮想通貨のメリット 一般受容性を仮想通貨は持たないからです。

ではなぜ、このような仮想通貨を人々は買い求めるのでしょうか? 言い換えると、どのような価値を仮想通貨は持っているのでしょうか? それは、ブロック・チェーン(公開取引台帳システム)技術に支えられた安くて早いシンプルな国際送金サービスを我々に提供してくれる価値です。従来の銀行による国際送金サービスは、各国政府の監視監督の下、送金元でも送金先でも間違いや不正がないかをチェックしておこなうため、どうしても送金プロセスにコストや時間が掛かります。仮想通貨のこの国際送金に適した便利さ(利便性)に価値があります。加えて、“マイニング”という、新たに一定期間の取引をブロック・チェーンの公開台帳に繋げる際に必要となる暗号計算値を最初に見つけ出して報告した者に報酬としてその仮想通貨を追加供給する形で与えるシステムにより、世界中の人々が多額の報酬を期待して暗号計算にこぞって参加し、話題性もあり更に多くの人々が仮想通貨を持つようになりました。そのため、ビットコインなどのメジャーな仮想通貨では、その市場価格も大きく変動するようになり、そこに売買差益の機会を狙った投機も盛んになり、価格変動の大きな金融商品となっています。また、仮想通貨の取引に各国政府の監視がいき届かないことに目を付けた国際的な犯罪組織も仮想通貨の利便性に価値を見出しており、ハッキング事件の“身代金”にメジャーな仮想通貨を利用することが多くなってきています。

経済学的キーワード

この分析は、経済学の #金融論 #貨幣・信用論 などの考え方で組み立てられており、そのエッセンスは「ファイナンス分析ユニット」の「ファイナンシャルエコノミクス」といった科目で学ぶことができます。

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる