よくあるご質問

移動平均線とForceIndexとCCIになります

移動平均線とForceIndexとCCIになります
    移動平均線とForceIndexとCCIになります
  1. 価格の急激な変化は、バンドがボラティリティの低下によって縮んだ後に発生する傾向があります。
  2. 価格が上のバンドを突破した場合、現在の傾向の継続が予想されます。
  3. バンドの外の凹凸にバンドの内側の凹凸が続く場合は、トレンドの反転が発生することがあります。
  4. バンドのいずれかから開始された価格の動きは通常、2つめのバンドに達します。

MT4のインジケーターを徹底解説

mt4 インジケーター

インジケーターは、価格データ及びそのデリバティブ(中央値価格、一般的な価格、加重終値)、ならびに他のインジケーターに基づいてプロットすることができます。例として移動平均線はオーサムオシレータ***に適応して追加的なAOシグナルラインを持つことができます。AOインジケーターが初めに描画され、MAが適応されます。MA設定では「Apply to」フィールドの「Previous Indicator’s Data」が選択されます。「First Indicator’s 移動平均線とForceIndexとCCIになります Data」が選択されると、MAは一番初めに追加されたインジケーターに適応され、他の任意のインジケーターであることができます。 つまり、他のMT4のインジケーターでも良いということです。

  • Close — 終値に基づきます。
  • Open — 始値に基づきます。
  • High — 高値に基づきます。
  • Low — 安値に基づきます。
  • Median Price (HL/2) — 中間価格(高 + 低)÷2に基づきます。
  • Typical Price (HLC/3) — 典型的価格(高 + 低 + 終)÷3に基づきます。
  • Weighted Close (HLCC/4) — 加重平均価格(高 + 低 +2*終) ÷4に基づきます。
  • First indicator’s data — 初めに適応されたインジケーターの値に基づきます。メインチャートウィンドウの一番目のインジケーターは価格であるため、一番目のインジケーターのデータを使用するオプションは、別ウィンドウのインジケーターでのみ使用可能です。
  • Previous indicator’s data 移動平均線とForceIndexとCCIになります — 一つ前のインジケーターの値に基づきます。

追加的なMT4インジケーターレベルの設定

MT4インジケーター表示設定

  • スケールの継承 — ウィンドウの一番目のMT4インジケーターからのスケールの継承を有/無効にします。このオプションが有効にされると、イMT4ンジケーターは一つ前に適応されたインジケーターと同じスケールを持ちます。
  • ラインによるスケール 移動平均線とForceIndexとCCIになります — サブウィンドウでドラッグ・アンド・ドロップラインを使ってのインジケーターの固定を有/無効にします。このオプションが選択されると「スケールパーセント」と「スケール値」フィールドがアクティブになり、固定されるMT4インジケーターの値が指定されます。値が設定されると、インジケーターウィンドウに線が追加され、垂直方向の軸にインジケーター値を固定することができます。
  • 最小値の固定 — 移動平均線とForceIndexとCCIになります インジケーターサブウィンドウで垂直方向の軸の最小値の固定を有/無効にします。このオプションは、有効にされた場合、対応する値を入力するためのフィールドをアクティブにします。
  • 最大値の固定 — MT4インジケーターサブウィンドウで垂直方向の軸の最大値の固定を有/無効にします。このオプションは、有効にされた場合、対応する値を入力するためのフィールドをアクティブにします。

トレンドインジケーター

Adaptive Moving Average(適応型移動平均)

MT4適応型移動平均(Adaptive Moving Average、AMA)は、ノイズの影響を受けにくい移動平均線を作成する時に使用され、トレンドを検知する際にラグが最小に抑えられるという特徴を持ちます。このインジケーターは Perry Kaufman によって開発され、著書「Smarter Trading(賢いトレーディング)」で記述されています。

Average Directional Movement Index(平均方向性指数)

無料のMT4平均方向性指数(Average Directional Movement Index、ADX)はトレンドの存在を確認するためのインジケーターです。このインジケーターはウェルズワイルダーによって開発され、著書「New Concepts in Technical Trading Systems(テクニカル取引システムの新たな概念)」で厳密に記述されています。

最も簡易化された方法は、14期間の +DI と14期間の -DIを比較する方法です。比較するためには、インジケーターのチャートを重ねるか、もしくは、-DI から +DIを直接引きます。ワイルダーは +DI が -DIを上に抜けた時に買い、-DI が +DIを上に抜けた時に売ることを推奨しています。

このような一般的な手法に加えて、ワイルダーは極値点による方法を推奨しています。これは、シグナルのダマシを減らし、取引回数を増やすために利用されます。極値点の原理によると「極値点」は +DI と -DI がお互いにクロスした際に発生します。+DI が -DI よりも高い場合、その後クロスする時のその日の高値が極値点になります。+DI が -DI よりも低い場合、その後クロスする時のその日の安値が極値点になります。

極値点はマーケットがエントリーレベルになった時に使用されます。そのため、買いシグナルの後( +DI 移動平均線とForceIndexとCCIになります が -DI より上)、価格が極値点を超えるまで待ってから買わなくてはなりません。しかし、もし価格が極値点を超えなかった場合は売りポジションを保持した方が賢明です。

Average Directional Movement Index Wilder(ウェルズワイルダーの平均方向性指数)

無料のワイルダーのMT4平均方向性指数(Average Directional Movement Index Wilder、ADX WildeR)はトレンドの有無を判断します。こののアルゴリズムはワイルダーによる著書「New Concepts in Technical Trading Systems(テクニカル取引システムの新たな概念)」で厳密に記述されています。

Bollinger Bands(ボリンジャーバンド)

無料のMT4Bollinger Bands(ボリンジャーバンド、BB)は Envelopes(エンベロープ)と似ています。唯一の違いは、エンベロープの帯は 移動平均線から一定距離(%)離れてプロットされている一方、ボリンジャーバンドは標準偏差の一定数離れてプロットされていることです。標準偏差は市場の揮発性の尺度なので、したがって、ボリンジャーバンドは、市場の状況によって自己調整します。バンドはより揮発性な市場では広がり、より揮発性の低い期間中には縮みます。

  1. 価格の急激な変化は、バンドがボラティリティの低下によって縮んだ後に発生する傾向があります。
  2. 価格が上のバンドを突破した場合、現在の傾向の継続が予想されます。
  3. バンドの外の凹凸にバンドの内側の凹凸が続く場合は、トレンドの反転が発生することがあります。
  4. バンドのいずれかから開始された価格の動きは通常、2つめのバンドに達します。

Double Exponential Moving Average(2重指数移動平均)

無料のMT4 2重指数移動平均(Double Exponential Moving Average、DEMA)は、Patrick Mulloy によって開発され、1994年2月に雑誌 「Technical Analysis of Stocks & Commodities(株式&コモディティのテクニカル分析)」で公表されました。このインジケーターは、価格の平滑化に使用され、有価証券のチャートに直接適応されます。また、他のインジケーターの平滑化にも使用することができます。

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる