株取引

キャッシュマネジメント

キャッシュマネジメント

千代田区 キャッシュマネジメントの転職・求人検索結果

コニカミノルタ株式会社 【東京/浜松町】グローバル財務※海外売上比率約8割を誇るグローバルカンパニー(22CO203)

仕事内容 【東京/浜松町】グローバル財務※海外売上比率約8割を誇るグローバルカンパニー(22CO203) 対象 <最終学歴>大学院、大学卒以上 勤務地 東京都 給与 <予定年収>450万円〜600万円<賃金形態>月給制補足事項なし<賃金内訳>月額(基本給):200. 事業内容 ■企業概要:同社は「新しい価値の創造」という経営理念のもと、顧客や社会にとって価値のある、同社ならで.

株式会社三菱UFJ銀行 締切間近 【トランザクションバンキング商品・サービスの企画開発】◆圧倒的顧客基盤/在宅勤務推奨◆

仕事内容 【トランザクションバンキング商品・サービスの企画開発】◆圧倒的顧客基盤/在宅勤務推奨◆ 対象 <最終学歴>大学院、大学卒以上 勤務地 東京都 給与 <予定年収>600万円〜1,100万円<賃金形態>月給制補足事項なし<賃金内訳>月額(基本給):20. 事業内容 ■業務内容:銀行事業預金業務、貸出業務、商品有価証券売買業務、有価証券投資業務、内国為替業務、外国為.

丸紅アセットマネジメント株式会社 NEW 【東京】私募リート運用物件の期中管理業務 〜PM経験者も可/丸紅株式会社100%出資〜

仕事内容 【東京】私募リート運用物件の期中管理業務 〜PM経験者も可/丸紅株式会社100%出資〜 対象 <最終学歴>大学院、大学卒以上 勤務地 東京都 給与 <予定年収>600万円〜1,000万円<賃金形態>月給制<賃金内訳>月額(基本給):334,000円. 事業内容 ■事業領域:(1)アセットマネジメント業務…同社では、投資家のニーズに応じ、オフィス・賃貸住宅・商業.

東京共同会計事務所 会計・税務アドバイザリー(証券化アドバイザリー)【アシスタントマネージャー以上】

  • 正社員
  • 転勤なし(勤務地限定)

仕事内容 会計・税務アドバイザリー(証券化アドバイザリー)【アシスタントマネージャー以上】 対象 <最終学歴>大学院、大学卒以上 勤務地 東京都 給与 <予定年収>990万円〜1,500万円<賃金形態>年俸制特記事項無し<賃金内訳>年額(基本給):7. 事業内容 東京共同会計事務所は中央クーパース・アンド・ライブランド出身の2人により1993年に東京で設立されま.

【職務内容】
配属部門のフィナンシャル・ソリューション部(FS 部)は、証券化や流動化に関する会計・税務案件を扱う部署です。SPC やSPE と呼ばれるビークルの設立から、運営・管理に係る会計、税務、法務、キャッシュマネジメントな.

キャッシュ・マネジメント・システム(CMS)

1.キャッシュ・マネジメントとは
キャッシュ・マネジメント・システム(CMS)という用語に統一的な定義があるわけではありません。邦銀では主に国内の事業法人向けのグループ会社間の決済取引の効率化や流動性管理の高度化のためのキャッシュ・プーリングやグループ貸借管理、ネッティング、支払代行等のソリューションをCMS(Cash Management System)と呼び、クロス・ボーダー取引に関する同様のソリューションをGCMS(Global Cash Management System)と呼ぶ場合が多いようです。これに対し、欧米の銀行はこれらにとどまらず、以下のような決済取引や運用調達取引まで含めて国内外を区別することなくキャッシュ・マネジメントと呼ぶ場合が多いようです。

欧米でのキャシュ・マメネジメントの対象
  • 支払取引(取引先への国内および海外送金/給与支払/税金支払、電信送金/小切手支払/手形支払/口座振替/現金支払、法人用クレジットカード)
  • 回収取引(取引先からの国内および海外送金/小切手回収/手形回収/口座振替/現金回収、売掛金消し込み)
  • グループ取引管理(キャッシュ・プーリング、ネッティング、支払代行)
  • 流動性預金(普通預金/当座預金/当座貸越)
  • 運用商品(定期預金、通知預金、MMF)
  • サプライ・チェーン・ファイナンス
  • エレクトロニック・バンキング(EB)
  • ファーム・バンキング(FB)
  • インターネットバンキング
  • インターバンク・クリアリング

*2 ANSER:株式会社NTTデータが提供するANSER(=Automatic answer Network キャッシュマネジメント System for Electronic Request)サービスのこと。銀行の法人向けおよび個人向けのインターネットバンキングサービス、テレホンバンキングサービスなどの支えるインフラとして利用されている。各銀行とユーザーはNTTデータのANSERセンターを介して接続される。国内円預金のリアルタイムの残高照会、取引照会、振込振替等のサービスが提供されている。

2.キャッシュ・マネジメントの目的

① 金融コストの削減
有利子負債の削減・金利負担の削減
グループ企業の連結バランス・シートを見てみると、資産勘定に現預金勘定や短期保有有価証券などのいわゆる手元資金が多額に計上されているにもかかわらず、負債勘定には短期借入金や長期借入金、社債などの有利子負債が計上されているケースが多く見られます。いわゆる両建体質というものです。余分な手元資金と有利子負債が両建てでバランス・シートに計上されていると、総資産は膨らみ金利負担で利益が圧縮されるわけですから当然ROA(Return on Asset)は悪くなりますし、総資産回転率やD/Eレシオ、負債比率、自己資本比率などその他の財務指標も悪化します。取引銀行との付き合い上必ずしも必要ではない資金を借り入れている場合もありますが、グループ会社の独立性が強く、資金余剰の会社と資金不足の会社が混在し、資金不足の会社は独自に現地の銀行から借り入れを行っているケースも少なくありません。インターカンパニーローンやキャッシュ・プーリングを導入することによってグループ内で資金を融通しあって有利子負債を減らし金利負担を減らすことも、キャッシュ・マネジメントの主要な目的の一つです。
銀行手数料の削減
グループ会社間で債権・債務が複雑に発生している場合、ネッティングを導入することによって、送金の送り手、受け手両方で発生している送金手数料や為替手数料、リフティングチャージなどを削減することができます。また、インハウスバンクを設立し、グループ内の決済や為替取引、投資・ローン取引をインハウスバンクで内製化し、外部との取引をインハウスバンク経由の取引に一元化することによって、金融コストを大幅に削減することも可能です。キャッシュ・マネジメント導入の際にグローバルでグループ全体の銀行取引を見直し、より安価なコスト(金利、手数料)で各種銀行サービスを提供する銀行に取引を集約すことも多くみられます。海外にあるグループ企業の細かな銀行手数料まで親会社で把握しているケースは殆どなく、調べてみると海外子会社がびっくりするような高い送金手数料や為替手数料を銀行に払っているといったケースは日本企業、外資系企業ともに珍しくありません。グループ会社の取引の集約の過程で「見える化」が実現し、思わぬところで非効率・不利益な取引が発覚し、プロセスの効率化、コスト削減が実現されるといった当初の目的ではない副産物が得られることもよくあります。また、子会社がそれぞれ個別に銀行と条件交渉するよりも、複数の子会社の取引とりまとめてより多くの取引件数・取引金額を提示して銀行に料金体系やその他の取引条件提示の依頼をしたほうが有利な条件が引き出せるものです。キャッシュ・マネジメント導入と同時に銀行取引を見直して大きなコスト削減を実現している企業も多くあります。

② 資金の有効活用
最近では本社が機動的に使える資金をより多く持っておくために、グループ会社の手元資金をなるべく少なくし本社に集中しようとする企業も増えてきました。例えば東証一部上場の2つの企業の2つの企業の某年度の決算資料を見てみますと、表のようにグループ全体では潤沢な資金がありますが、親会社には全体の資金の20%〜30%程度しかないことがわかります。これでは工場建設や企業買収など親会社で多額な資金が必要になった時、グループ全体では潤沢な資金があるにもかかわらず、外部調達に頼らざるを得なくなるケースも出てきてしまいます。海外子会社も含めたグループ全体の資金繰りを日次で正確に把握し、グループ会社の余剰資金はプーリングやインターカンパニーローン、配当金などの形で親会社に集中しておけば、無駄な借入金は返済したうえで、手元の機動的に使える資金をより多く持つことができます。また、海外に滞留している余剰資金を減らすことにより、その国のカントリー・リスクや海外の取引銀行に対するカウンターパーティー・リスク、あるいは為替リスクを削減する効果も期待できます。

③ 事務の効率化・合理化
支払業務の集約

グループ内にペイメント・シェアード・サービス・センター(Payment SSC)を設立して、それまで複数のグループ会社でそれぞれ行っていた送金業務について一箇所で集約して事務処理を行う事例も多くあります。このような形態を支払代行やペイメント・ファクトリーと呼ぶこともあります。各社で発生している支払の明細データをERPシステム(Enterprise Resource Planningシステム、いわゆる統合業務パッケージと呼ばれる企業の基幹業務をサポートする情報システムパッケージ。財務会計、管理会計、人事管理、生産管理、購買・在庫管理、販売管理など企業全体の業務を統合管理するための仕組み)や財務管理システム(トレジャリー・マネジメント・システム=TMS)を通じてペイメント・シェアード・サービス・センターに集約しそこで実際の支払業務を行うものです。

④ リスク削減
企業の財務業務には様々なリスクが伴います。為替リスクや金利リスクなどのマーケットリスク、カントリー・リスクや取引金融機関の信用リスクなど取引の相手方に関係するリスク、オペレーショナル・リスクや不正リスクなど自社の業務プロセスにかかるリスク、システムリスクや決済リスクなど決済サービスの担い手にかかるリスクなど広範なリスクにさらされています。一方でグループ全体を見渡して、それぞれのリスクについてリスク量の分析や把握が出来ている企業は多くありません。適切なリスク削減策を策定し実施していくためには、グループ横断的なリスクの把握とポリシーの策定、ポリシーの遵守状況のモニタリングの実施が不可欠です。どのグループ会社がどこの国のどの銀行にどの通貨でいくら預金残高を保有しているのかを把握することにより、為替の急変時、災害発生時、地政学的リスクが具現化した時に速やかに対応を取ることが可能になります。リスクが高い国、銀行にはできる限り預金を置かないようにすることが肝要です。また、支払処理を自動化し預金残高のモニタリングを実施することにより、オペレーショナル・リスクや不正リスクを減らすことも可能です。これらの内部の不正リスクに加えて、最近被害が増加している外部の不正リスクである「ビジネスEメール詐欺」など、疑わしい送金をシステムが自動検知し銀行への送金指図を止めることで、不正送金を未然に防止することも可能です。

不測の事態にも対応するグローバル・キャッシュマネジメント(CMS)高度化のポイント

グループ財務管理ポリシーを踏まえて、「財務ガバナンスによる管理・監督」と「資金・財務リスクの集中」の観点から最適な財務機能配置を検討することが肝要です。例えば、金融統括会社と地域統括拠点がある場合には、本社財務部は財務戦略や方針策定などのコーポレート機能、金融統括会社はグローバルでの資金管理、為替管理と金融機関との取引、地域統括拠点は域内の財務管理や事務代行、グループ各社は日々の資金回収や資金繰り、といった形での財務機能配置が考えられます。金融統括会社の目的としては、Center of Excellenceとして高度な機能の集約やスケールメリットを生かして有利な銀行取引条件を追求すること、などがあげられますが、この金融統括会社をつくるかどうかによって、本社財務部と地域統括拠点の役割も変わってきます。また、グループ各社が地域を跨いで多く存在する場合には地域統括会社を活用しての階層管理が有効になってくると考えます。

3. レポートラインの確立

III. キャッシュマネジメントの仕組み化

1. 資金効率化

2. 財務リスク管理

3. 業務効率化

財務業務としては、支払・入金業務、資金繰り業務などが挙げられますが、ここでは支払業務の効率化について言及します。
支払業務について、統一したERPを導入できておらず購買システムと会計システムが別システムの場合、購買時と会計伝票計上時に2重入力が発生しているケースも多いと考えられます。また、会計伝票入力後の支払手続きについても、銀行によってその処理が異なっていてFBデータを銀行専用端末にマニュアルで連携したり、インターネットバンキングにデータ入力するなど煩雑になっているケースもあります。これらの解決策として、ERP導入による2重入力の廃止とTMSを組み合わせることで業務効率を実現することが可能です。TMSを活用することで、会計システム上のFBデータをTMSに連携し、TMS上で支払承認をリモートで行い、各金融機関に支払指図を自動連携することが可能となります。
また、グループ間支払についてはネッティングを行うことで支払業務自体の削減と銀行手数料の削減も可能となります。

IV. おわりに

*1 Excelは、米国およびその他の国におけるMicrosoft Corporation キャッシュマネジメント および/またはその関連会社の登録商標または商標です。

KPMGコンサルティング
Finance Strategy & Transformation
ディレクター 衣笠 修一

ニューノーマル時代のCFO機能の改革

  • オフィス検索 kpmg.findOfficeLocations
  • お問合せフォーム kpmg.emailUs
  • ソーシャルメディア kpmg.socialMedia

シンガポール財務統括拠点を活用したアジアグループ資金管理

シンガポール財務統括拠点を活用したアジアグループ資金管理

ニューノーマル時代のCFO機能の改革

ニューノーマル時代のCFO機能の改革

  • twitter. Opens in a new window
  • facebook. Opens in a new window
  • linkedin. Opens in a new キャッシュマネジメント window
  • instagram. Opens in a new window

メールマガジン登録

© 2022 KPMG AZSA LLC, a limited liability audit corporation キャッシュマネジメント incorporated under the Japanese Certified Public Accountants Law and キャッシュマネジメント a member firm of the KPMG global organization of independent member firms affiliated with KPMG International Limited, a private English company limited by guarantee. All rights reserved. © 2022 KPMG Tax Corporation, a tax corporation incorporated under the Japanese CPTA Law and a member firm of the KPMG global organization of independent member firms affiliated with KPMG International Limited, a private English company limited by guarantee. All キャッシュマネジメント rights reserved.

連結経営実現のためのキャッシュ・マネジメント・システム

連結経営実現のためのキャッシュ・マネジメント・システム

第1章 キャッシュ・マネジメント・システム(CMS)とは何か
第1節 本書の目的/第2節 本書の構成と概要
第2章 CMS・GCMSの運用実態調査
第1節 CMS・GCMSの機能概要/第2節 調査方法/第3節 インタビュー調査の発見事項
第3章 キャッシュ・プーリングの経済的効果と運用課題
第1節 キャッシュ・プーリングの本質/第2節 キャッシュ・プーリングの経済的効果/第3節 オートマティック・キャッシュ・フローへの対応/第4節 出資法および貸金業法の論点と解釈/第5節 その他の法的論点と解釈
第4章 長期CMSの運用課題
第5章 ネッティングのメカニズムと運用課題
第1節 ネッティングの本質/第2節 第一法債権債務差額の相殺/第3節 第二法貸借勘定付替えによる債権債務の相殺/第4節 第三法CMS口座統制による債権債務の相殺/第5節 ネッティング各手法の長所と短所
第6章 CMS支払代行とCMS回収代行のメカニズムと運用課題
第1節 CMS支払代行の本質/第2節 CMS回収代行の本質/第3節 CMS支払代行・CMS回収代行の経済的効果と運用課題
第7章 GCMSの運用課題
第1節 GCMSの本質/第2節 外国為替法の変遷/第3節 アクチュアル・プーリングとノーショナル・プーリング/第4節 GCMSの運用課題と対応

福嶋 幸太郎(ふくしま こうたろう)
1959年大阪市生まれ、1983年大阪市立大学商学部卒業、大阪ガス㈱入社、1999年同志社大学大学院商学研究科博士前期課程修了、2001年同志社大学大学院法学研究科博士前期課程修了、2007年大阪ガス㈱経営企画本部財務部連結管理チームマネジャー、2010年大阪ガス㈱経営企画本部経理業務部長、2014年大阪ガスファイナンス㈱代表取締役社長(現任)、2017年滋賀大学経済学部客員研究員(現任)、2018年京都大学大学院経済学研究科博士後期課程修了、京都大学博士(経済学)

キャッシュマネージメントシステム

SOL00002-img WS02

現金管理業務のビジネス・プロセス・リエンジニアリングを実現。
店内の金銭の流れや業務を最適化します。

このソリューションで解決できる課題

  1. いつ・誰がお金を触ったか管理したい
  2. レジチェッカーのストレスを減らしたい
  3. レジ精算をスピードアップしたい
  4. 釣銭切れでレジを止めたくない

キャッシュマネージメントシステム「自動精算」

キャッシュマネージメントシステムの特徴を動画で簡単に紹介します。

各セルフ精算機の金種別在高を常時監視し「最適化」

SOL00002-img WS03

キャッシュハンドリングコスト削減

SOL00002-img WS03

入出金作業のセキュリティ向上

必ず専用の従業員バーコードをスキャンすることにより、「いつ・誰が・どうのような作業を行ったか」を記録。 さらに、お金を扱えるレジチェッカーを従業員バーコードで制御することにより、誰もがお金に触れられるのを回避できます。 安全・安心な現金管理に役立ちます。

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる