FX動画

ポジション管理機能を改善

ポジション管理機能を改善

「RSA Conference 2022」で予定する発表内容

ヴイエムウェア、セキュリティ脅威検知・対応の「XDR」を本格展開

米VMwareは、同社のセキュリティ戦略に関する説明会をオンラインで開催した。セキュリティビジネスユニットバイスプレジデント兼ゼネラルマネージャーのKal De氏は、「ゼロトラストにフォーカスし、その理念を実現すべくセキュリティ製品を提供し、新たな脅威に対応する」とし、「特により簡素化したXDR(Extended Detection and Response:拡張型脅威検知および対応)プラットフォームが特徴であり、これにより他社に可視化できないものを可視化し、止められない脅威を止めることができる」などと述べた。

VMware セキュリティビジネスユニットバイスプレジデント兼ゼネラルマネージャーのKal De氏


VMware セキュリティビジネスユニットバイスプレジデント兼ゼネラルマネージャーのKal ポジション管理機能を改善 De氏

説明の冒頭でDe氏は、VMwareがセキュリティ分野で高い実績と評価を持つことを強調。「意外と思うかもしれないが、ファイアウォールベンダーとしてトップ5に入り、IT調査各社からもリーダーポジションの評価を受けている」とし、セキュリティソリューションの顧客が3万社以上、Fortune 100の99社が採用していることを示したほか、同社がSE Labsから業界初の「NDRのAAA」の評価を獲得したとし、「4つの主要なAPT(標的型攻撃)グループからの攻撃を100%の検出率で保護し、誤検知はゼロ」とした。

VMware Securityの戦略は、「マルチクラウドセキュリティ」「モダンアプリケーションセキュリティ」「Anywhere Workspaceセキュリティ」の3要素で成り立っているという。

マルチクラウドセキュリティでは、「VMware Cloud」の活用によりワークロード全体でのセキュリティ対応が可能になり、モダンアプリケーションセキュリティでは、従来のアプリケーションとは異なる新たな形のエンドポイントセキュリティソリューションを提供できると発言。Anywhere ポジション管理機能を改善 Workspaceセキュリティでは、世界中に分散したユーザーがどこからでもセキュアに環境で働くことができる環境を提供できるとした。

XDRの特徴


XDRの特徴

VMwareは、EDR(Endpoint Detection and Response)とNDR(Network Detection and Response)をXDRとして統合した形で提供する。エンドポイントとネットワークからデータを収集し、これを単一のビューで確認でき、意味のあるデータとして提供する。「XDRでネットワークとエンドポイントを可視化し、相関性を確認でき、より強力なセキュリティ対策が行える。VMwareは、より簡素化したXDRプラットフォームを提供し、今後もここに投資をしていく」とした。

具体的には、「VMware Carbon Black」が、テラバイト規模のエンドポイントのデータを収集し、1日当たり数十億のセキュリティイベントを監視する。さらに、「VMware ポジション管理機能を改善 NSX」からのデータも収集し、これを組み合わせることで、攻撃者の振る舞いなどを可視化し、対応する。さらに、サードパーティーの情報も組み合わせることができるようになるという。専門家による解析と人工知能(AI)による解析で攻撃を防ぎ、対応にまつわる時間を削減し、事業継続性を確保できるとする。

また説明会では、米国時間6月6日からサンフランシスコで開催される「RSA Conference 2022」で発表予定の「VMware Contexa」についても触れた。

その他に、「Modern Apps Connectivity Services(MACS)」の機能強化や、ネットワーク上のマルウェアやランサムウェアの攻撃を特定し、対応するための新たな機能を発表するのに加えて、アプリケーションやデバイス、ネットワークに起因する脅威からデバイスを保護する「Workspace ONE Mobile Threat Defense」も発表する。サイバーセキュリティイノベーターが参加するXDRアライアンスに加盟することも併せて発表するという。

「RSA Conference 2022」で予定する発表内容


「RSA Conference 2022」で予定する発表内容

時代を切り開く「覚悟」のリーダーシップ 変革を推進するために本当に必要なコトとは

2012年の全面リニューアルを経て経済・ビジネス系サイトでアクセス数トップクラスに成長した東洋経済オンラインのリニューアル10周年記念フォーラム「Transform Summit 2022 改めて未来を見つめなおし、時代を切り開く 『覚悟』のリーダーシップ」が3月23、24の両日、オンラインで開催された。オープニングで東洋経済新報社の駒橋憲一社長は「生き残りを懸けた変革が求められる時代に明確なビジョン、覚悟を持って変革に取り組むリーダーのマインド、取り組みを考察する」とテーマを説明。企業のリーダー、変革を支援するツールを提供する協賛企業らによる2日間、計12講演がスタートした。

基調講演
アフターコロナ時代のリーダーシップ

Zホールディングスの企業内大学、Zアカデミア学長の伊藤羊一氏は「人を導くリーダーシップの前提には自分自身を導くリーダーシップ、Lead the Selfがある」と話す。

「過去を振り返ると、現在の譲れない思い、信念に気づく。それに従って未来へ行動し、いろいろなことを知って行動を修正する。その繰り返しがLead the Selfだ。それが他人、社会をリードすることにつながっていく」と訴えた。

基調講演
変革を先導するために今リーダーに必要なものとは

協賛講演①
アフターコロナの働き方を支えるデジタルワークスペース

働き方改革のためのソリューション「BizXaaS Office(ビズエクサース オフィス)」を提供するNTTデータの遠藤由則氏は、コミュニケーションの不安、セキュリティーリスク、不十分な設備・制度といったテレワークの課題を挙げ、「出社に戻すのではなく、テレワークの長所を生かせる課題解決を模索すべき」と訴えた。

ホンダが新型「ステップワゴン」を発表 クリーン&シンプルにスタイリングを一新 【ニュース】

ブランド一覧はこちらこの記事を読んだ人が他に読んだ記事試乗記ニュース画像・写真モーターショー自動車ヒストリー特集エッセイクルマ生活Q&AFrom Our StaffデイリーコラムCarScope谷口信輝の新車試乗水野和敏的視点池沢早人師の恋するニューモデル思考するドライバー山野哲也の“目”あの多田哲哉の自動車放談webCGプレミアム記事一覧日刊!名車列伝動画ギャラリープレゼント トヨタレクサススバルマツダスズキダイハツホンダ日産三菱ポルシェメルセデス・ベンツアウディBMWMINIフォルクスワーゲンボルボルノープジョージャガーアルファ・ロメオフェラーリ

ホンダが新型「ステップワゴン」を発表 クリーン&シンプルにスタイリングを一新

「ホンダ・ステップワゴン エアー」(左)と「ステップワゴン スパーダ」(右)。
「ホンダ・ステップワゴン エアー」(左)と「ステップワゴン スパーダ」(右)。拡大
ベーシックモデルの「ステップワゴン エアー」。 ポジション管理機能を改善
ベーシックモデルの「ステップワゴン エアー」。拡大
ポジション管理機能を改善 各所にファブリックのトリムが用いられた「エアー」のインテリア。
各所にファブリックのトリムが用いられた「エアー」のインテリア。拡大
「エアー」にはグレーとブラックの2種類の内装色が用意される。
「エアー」にはグレーとブラックの2種類の内装色が用意される。拡大
専用のグリルや空力パーツが目を引く「ステップワゴン スパーダ」。
専用のグリルや空力パーツが目を引く「ステップワゴン スパーダ」。拡大
「スパーダ」では各部のトリムが合皮となるほか、ステアリングホイールが革巻きとなる。 ポジション管理機能を改善
「スパーダ」では各部のトリムが合皮となるほか、ステアリングホイールが革巻きとなる。拡大
「スパーダ」のシートは合皮とファブリックのコンビタイプ。2列目キャプテンシートにはオットマンが装備される。
「スパーダ」のシートは合皮とファブリックのコンビタイプ。2列目キャプテンシートにはオットマンが装備される。拡大
「エアー」と「スパーダ」(写真)では、2列目ベンチシートの8人乗り仕様も選択できる。 ポジション管理機能を改善
「エアー」と「スパーダ」(写真)では、2列目ベンチシートの8人乗り仕様も選択できる。拡大
最上級グレードの「ステップワゴン スパーダ プレミアムライン」。
最上級グレードの「ステップワゴン スパーダ プレミアムライン」。拡大
各部にスエード調表皮のソフトパッドが施されたインテリア。
各部にスエード調表皮のソフトパッドが施されたインテリア。拡大
スエード調表皮と合皮のコンビシート。
スエード調表皮と合皮のコンビシート。拡大
7人乗り仕様では、2列目キャプテンシートに前後ロングスライド機構と横スライド機構を採用。多彩なシートアレンジを実現した。
7人乗り仕様では、2列目キャプテンシートに前後ロングスライド機構と横スライド機構を採用。多彩なシートアレンジを実現した。拡大
新型「ステップワゴン」は座席の座り心地も改善。特に3列目は、背もたれの高さと座面の厚みを増しており、静粛性の向上とも相まって大幅に快適性が増している。
新型「ステップワゴン」は座席の座り心地も改善。特に3列目は、背もたれの高さと座面の厚みを増しており、静粛性の向上とも相まって大幅に快適性が増している。拡大
3列目シートの収納は、従来モデルで好評だったという床下格納式を踏襲した。
3列目シートの収納は、従来モデルで好評だったという床下格納式を踏襲した。拡大
新採用の「Clean Air(クリーンエアー)」機能付きエアコン。 ポジション管理機能を改善
新採用の「Clean Air(クリーンエアー)」機能付きエアコン。拡大
パワーユニットは純ガソリンエンジンとハイブリッドの2種類。ともに従来モデルのユニットに改良を加えたものだ。
パワーユニットは純ガソリンエンジンとハイブリッドの2種類。ともに従来モデルのユニットに改良を加えたものだ。拡大
1.5リッターターボエンジン搭載車には、4WDも用意されている。 ポジション管理機能を改善
1.5リッターターボエンジン搭載車には、4WDも用意されている。拡大
さまざまな新機軸に加え、初代を思わせるシンプルな意匠も目を引く新型「ステップワゴン」。販売計画台数は月間5000台とされている。
さまざまな新機軸に加え、初代を思わせるシンプルな意匠も目を引く新型「ステップワゴン」。販売計画台数は月間5000台とされている。拡大

ラインナップは「エアー」と「スパーダ」の2本立て

  • エアー(FF/7人乗り):299万8600円
  • エアー(FF/8人乗り):302万0600円
  • エアー(4WD/7人乗り):324万0600円
  • ポジション管理機能を改善
  • エアー(4WD/8人乗り):326万2600円
  • スパーダ(FF/7人乗り):325万7100円
  • スパーダ(FF/8人乗り):327万9100円
  • スパーダ(4WD/7人乗り):347万7100円
  • スパーダ(4WD/8人乗り):349万9100円
  • ポジション管理機能を改善
  • スパーダ プレミアムライン(FF/7人乗り):346万2800円
  • スパーダ プレミアムライン(4WD/7人乗り):365万3100円
  • e:HEVエアー(FF/7人乗り):338万2500円
  • e:HEVエアー(FF/8人乗り):340万4500円
  • e:HEVスパーダ(FF/7人乗り):364万1000円
  • e:HEVスパーダ(FF/8人乗り):366万3000円
  • e:HEVスパーダ プレミアムライン(FF/7人乗り):384万6700円

広さと機能性と快適性を追求

さまざまな新機能が追加された快適装備と安全装備

ハイブリッド車は20.0km/リッターの燃費を実現

ホンダ・ステップワゴン ポジション管理機能を改善 スパーダ クールスピリット(FF/CVT)/ステップワゴンG(FF/CVT)【試乗記】 2015.5.21 試乗記 縦にも横にも開く「わくわくゲート」と、新開発のダウンサイジングターボエンジンで注目を集める新型「ホンダ・ステップワゴン」。気になるその使い勝手と、走りの実力をチェックした。

ホンダ・ステップワゴンe:HEVエアー/ステップワゴンe:HEVスパーダ【試乗記】 2022.5.26 試乗記 ミドルクラス箱型ミニバンの元祖「ホンダ・ステップワゴン」がフルモデルチェンジ! 捲土重来をもくろむ新型はどのような進化を遂げたのか? ドライバーとその家族にとことん寄り添うべく、「♯素敵な暮らし」をコンセプトにつくられた6代目の仕上がりに触れた。

ホンダ・ステップワゴン【開発者インタビュー】 2022.5.27 試乗記 6代目となる新型「ホンダ・ステップワゴン」がいよいよデビュー! 強力なライバルを打ち負かすべく、ホンダの箱型ミニバンはどのような進化を遂げたのか? 開発を主導したチーフエンジニアに、こだわりのポイントを聞いた。

3列シート8人乗りの「ランドローバー・ディフェンダー130」が登場 2022.6.1 自動車ニュース 英ジャガー・ランドローバーは2022年5月31日(現地時間)、3列シートで8人乗りの「ランドローバー・ディフェンダー130」を初公開した。日本での注文受け付け開始日やラインナップなどについては、後日アナウンスされる。

トヨタが高性能モデル「GRカローラ」の日本仕様車を世界初公開【Movie】 2022.6.1 自動車ニュース TOYOTA GAZOO Racingは2022年6月1日、ハイパフォーマンスモデル「トヨタGRカローラ」の国内仕様車を世界初公開した。グレード名は「GRカローラRZ」で、同年秋ごろの発売が予定されている。

年中使用可能な4WAY高機能モデルも登場~タンスのゲン新作サーキュレーター5機種を発表~


■サーキュレーターとは
サーキュレーターの見た目は扇風機と似ていますが、基本的な使い方は異なります。
扇風機は、人が涼をとるために直接人へ風を当て、風が大きく広範囲へ広がるように出ますが、
サーキュレーターは室内の空気を循環させるためのアイテムです。人に直接風を当てることはせずに、
壁や天井に向けて風を送ることで部屋の空気を循環させ、室温のムラをなくします。直線的で遠くまで届く風を起こすように、サーキュレーターは扇風機よりも狭い範囲に強風を送るよう設計されています。一般的に暖かい空気は部屋の天井付近に溜まり、冷たい空気は部屋の床付近に溜まります。サーキュレーターの主な使い方としては、夏は、エアコンの真下に設置してエアコンに背を向けるようにして使用するなどして、下部にたまった冷たい空気を循環させます。一方、冬はサーキュレーターを天井に向けて使用することで、上部にたまった暖かい空気を循環させるといったエアコンの冷暖房との併用があげられます。

■タンスのゲンの2022年新作サーキュレーター
2022年の新作として、タンスのゲンより5機種のサーキュレーターを発売しております。
以下、各機種のポイントとなります。

1.ヒート&クール4WAYサーキュレーター
サーキュレーター、扇風機、衣類乾燥、ヒーターの4WAY機能を搭載したサーキュレーターです。
夏は涼しく、冬は暖かく使える温冷タイプなので、1年中使用することができます。広範囲に風を届ける3D首振り機能によって、室内の空気を立体的に循環することができます。
風量も3段階に調整でき、衣類乾燥モードもあるので素早く乾かすことができます。これからの梅雨の季節や冬場の部屋干しにも最適です。

2.ヒート&クール4WAYマルチファン
上記の1.と同様にサーキュレーター、扇風機、衣類乾燥、ヒーターの4WAY機能のサーキュレーターです。
注目すべきは、2つ搭載されたファンです。
上段と下段のファンを同じ方向、同じ風量で使用することの他、それぞれファンの向きや風量を変えることが可能な為、使い方の幅が広がります。ファン部分の角度の幅は、上段は220度、下段は180度まで調整することが可能です。こちらも風量3段階、モード3種で設定することができます。

3.軽量&コンパクト サーキュレーターファン
幅26cm高さ51cm(最小時)ととってもコンパクトなサーキュレーターです。重量も約2.1kgと軽量設計なので、持ち運びも簡単にできます。こちらの機種は、以前より販売されているモデルですが、今季は新たにオーカーベージュ色を新色として追加しました。

4.ハイポジション サーキュレーターファン
こちらもサーキュレーターと扇風機をひとつにしたサーキュレーターファンです。
この機種はファン部分を高めに設定することが可能なハイポジションが特徴です。 ポジション管理機能を改善
高い位置からの送風することで、サーキュレーターにおいては空気の循環効率がアップし、扇風機においては、ダイニングやキッチンなど活躍の幅が広がります。さらに、支柱を外すとロータイプとしても使用できるので設置する場所を選ばず、快適に年中使用することができます。

5.木目が特徴のサーキュレーターファン
ブラックを基調とした木目調なので扇風機やサーキュレーターで多いホワイト色だと合わせにくい、
シックなお部屋や、インダストリアルのインテリアとも合わせやすいサーキュレーターファンです。
風量はシーンに合わせて12段階となり、モードも3種類から選んで使用することができます。
さらに特徴として、一般的な扇風機の操作ボタンは土台側に設置していますが、こちらのサーキュレーターファンは操作ボタンを上部につけている為、立ったまま簡単に操作することができます。

■販売情報
今回ご紹介した5機種は、タンスのゲン本店、タンスのゲン楽天市場店などで取り扱いしております。
以下、商品情報の詳細となりますのでご確認ください。

【事業開発の達人たち】「CEO直轄部門」を立ち上げ新規事業が生まれる風土を醸成--エイベックス・加藤信介氏【前編】

キャプション


エイベックス・ビジネス・ディベロップメント社長 兼 エイベックス執行役員の加藤信介さん(左)、フィラメントCEOの角勝(右)

松浦勝人氏の下で改革を率先垂範

キャプション

事業開発のフェーズに沿っていかに組織を変えていくか

キャプション

“CEO直轄本部”で新規事業部門を垂直立ち上げ

キャプション

近接領域で成功体験を得て飛び地の大きなマーケットを目指す

キャプション

あなたにおすすめの記事

  • 【事業開発の達人たち】失敗から学びを得て「1→10」フェーズに挑む---ライオン・廣岡茜氏【後編】 2022年02月17日 09時00分
  • 【事業開発の達人たち】新規事業とブランディングで6000人の意識改革--「変われない業界」に新風を起こす大成・加藤憲博氏【前編】 2022年03月22日 09時00分
  • ポジション管理機能を改善
  • 【事業開発の達人たち】発想の転換で家事代行ロボを「警備ロボ」に--ビル管理業務をテクノロジーで変える大成・加藤憲博氏【後編】 2022年03月23日 09時00分
  • パスワードマネージャー6選--すべてのログイン情報を簡単に管理 2022年05月21日 ポジション管理機能を改善 08時30分
  • パナソニックがサプライチェーンマネジメント事業の上場可能性を発表した理由 2022年05月18日 06時00分

-PR- 企画特集

  • 事例から学ぶデータドリブン、弾力性に富むビジネスを実現する4つの戦略と手法
  • 【事例】導入初年度に売上高が30億円から37億円に!劇的なV字回復を働き方改革で実現
  • 契約書類のペーパーレス化を実現—弁護士監修の電子契約サービス「クラウドサイン」
  • IT人材不足が継続、DXに取り組む企業は内製化へ
  • B2B取引のEコマース化によるメリットを徹底調査~業務効率改善やコスト削減など具体的な効果…
  • これまでのようなオフィスが本当に必要ですか?「つながりの時代」の新しい選択肢

デジタル製品主要記事

ZDNet Japan 注目ヘッドライン

働き方のアクセスランキング

  • 1 プロジェクト管理アプリ「KANNA」のアルダグラム、20億円を調達--MonotaROとの提携も
  • 2 【事業開発の達人たち】「CEO直轄部門」を立ち上げ新規事業が生まれる風土を醸成--エイベックス・加藤信介氏【前編】
  • 3 NTTグループの先端技術を取り入れて自ら実践する「未来のオフィス 4×SCENE」が開設

編集部おすすめの記事

本日の主要記事

The ポジション管理機能を改善 Japanese edition of 'CNET' is published under license from A Red Ventures Company., Fort Mill, SC, ポジション管理機能を改善 USA. Editorial items appearing in 'CNET Japan' that were originally published ポジション管理機能を改善 ポジション管理機能を改善 in the US Edition of 'CNET', 'ZDNet' and 'CNET News.com' are the copyright properties of A Red Ventures Company. or its suppliers. Copyright (c) A Red Ventures Company. All Rights Reserved. 'CNET', 'ZDNet' and 'CNET News.com' are trademarks of A Red Ventures Company.

Copyright (c) 2022 ASAHI INTERACTIVE, Inc. All rights ポジション管理機能を改善 reserved. No reproduction or republication without written permission.

The Japanese edition of 'CNET' is published under license from A Red Ventures Company., Fort Mill, SC, USA. Editorial items appearing in 'CNET Japan' that were originally published in the US Edition of 'CNET', 'ZDNet' and 'CNET News.com' are the copyright properties of A ポジション管理機能を改善 Red Ventures Company. or its suppliers. Copyright (c) A Red Ventures Company. All Rights Reserved. 'CNET', 'ZDNet' and 'CNET News.com' are trademarks of A Red Ventures Company. 個人情報保護方針 利用規約 訂正 運営会社 広告について

当サイトは最新ブラウザでの閲覧を推奨します。 Copyright (c) 2022 ASAHI INTERACTIVE, Inc. All rights reserved. No reproduction or republication without written permission.

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる