外為オプション取引

株価分析の一手法としての回帰分析

株価分析の一手法としての回帰分析
道路の交通渋滞を解消するには、道路建設をすればよいと多くの方が思うでしょう。道路を建設すれば道路のキャパシティが増えるので、短期的には渋滞は解消します(短期で起こるバランス型ループ

データ分析業務をする際に指針としている考え方 (おすすめの本つき)

前処理が8割ともいわれるデータサイエンティストの業務ですが、よいイシューの設定もそれに匹敵するほど大事な業務だと私は思っています。実際の業務をする上では、どちらかというとイシュー設定とディレクションを担当する分析リーダーと、分析実務を遂行するエキスパートやその指示を受ける分析ジュニアと分業されていることも多いと思います。しかし、対等に議論するために、イシューという概念はどの役職でも持ち合わせていても良いか思います。

構造的類似に着目し、進んでいる世界から借りる(アナロジー思考)

アナロジーという言葉をご存じでしょうか? 日本語では類推という言葉で表現されるものです。

  • 承認や稟議をとる際に、どんなフローをとるのか
  • 分析結果を報告するにあたり、抑えるポイントはどこか
  • わからないときにいつ、どんな形でアラートを投げるのが望ましいか

対象とする領域や、タスクの詳細は違えど、おおよそ同じような構造となっている既知のもの新たなものに適当に当てはめて検討するこれこそが、アナロジーです。一般的に社会人経験が長くなればなるほど(≒経験を重ねて、アナロジーの元となるひきだしが増える)、このアナロジーという思考を活用しています。

アナロジーは、社会人になりたての方がよく教育を受けるロジカルシンキングと一定の距離がある思考です。しかし、実生活における直観的で素早い問題解決企画立案課題の創造的解決をカバーするものとしてて役立つと本書を読んで理解しました。

その際にアナロジーを使うコツですが、先で述べた①自身の専門や業務領域に近いひきだしの多さ(経験知)に加えて、

ものごとの本質的な構造を理解し、類似箇所を見出す力

いわゆるアナロジー思考力

③(業界を問わず)進んでいるところに常にアンテナを張る感度の高さ

他の人に使われていない新しいひきだしの確保

私自身を振り返ってみると、データ分析技術を使った新規サービス検討、既存分析、提案プレゼンの検討やBIの構成や見せ方をアップデートする時にアナロジーを使うことが多かったです。②に関しては、アナロジー思考自体の練度になります(ここは本書をに様々なテクニックが書かれています)

例えば、企業に着目した時のビジネスモデルや業種ごとに着目しているKPIや指標(そのまま分析業務に転用可能です)、投資家視点に立った時の合理的な行動(経営層や上層部の分析結果把握後のアクションの推測)、株価を左右する地合い、モメンタム、織り込みという概念(ビジネスにおけるトレンドや一時的な勢い、必ずしも合理的に動かない人間の特性等)、ファンダメンタルズ分析とテクニカル分析は、分析業務における個人や所属チームの流儀の違いとも似ていると感じます。

ものごとの均衡や自己強化の流れを理解する(システム思考)

最後にご紹介するものは、システム思考です。大学時代にある方の発表で見聞きしたのがシステム思考との出会いでした。振り返ってみるととても含蓄のある考え方だったなと思います。

システム思考を理解する例として、交通渋滞と道路建設の例が一番わかりやすかったです(私は一番最初にこの例を紹介してもらいました)


引用元:システム思考・ループ図事例 社会編 交通渋滞と道路建設

道路の交通渋滞を解消するには、道路建設をすればよいと多くの方が思うでしょう。道路を建設すれば道路のキャパシティが増えるので、短期的には渋滞は解消します(短期で起こるバランス型ループ

道路建設が進むと、通勤圏の拡大が起き、道路開発で街の利便性が高まるとともに、宅地開発がすすみ、車持ち世帯が増えるのため当初想定していた交通量をおおきく上回る状態になってしまいます(長期で起こる自己強化型ループ

そんなことにならないためにも私は、分析企画業務をするとき、KPI設計をするとき、その他何か新しい施策を考えるときには、その施策の周りでどのような要素が紐づき、システムが構築され、ループを描いているか想像するよう意識しています(取り越し苦労となることも多いです笑)

プロジェクトを進めるうえで、データ分析担当に求められるのは、実分析業務を遂行するだけでなく、自身の作成したデータや主張の与えうる影響は時に強く、時に怖いものとなることを理解し、回りまわって何が起こるのか想像する慎重さも必要なのかと思います。自他問わず分析のレビューをするうえで、その想像力を補うツールとしてのシステム思考はとても有用なものだと思っています。

株式投資はチャートをうまく活用しよう!おすすめ証券会社やスマホアプリも紹介

株式投資はチャートをうまく活用しよう!おすすめ証券会社やスマホアプリも紹介

2022年現在「松井証券株アプリ」がリリースされており、機能面で「株touch」から大幅にパワーアップしています。「株touch」では資産状況の把握すらWebサイトへ移動して確認しなければいけませんでしたが、「松井証券株アプリ」ではアプリ上で確認できるようになりました。 その他、銘柄検索や注文機能も充実したため、「株touch」を使う意味はありません。松井証券を利用する人は「松井証券株アプリ」を使いましょう

GMOクリック証券(GMOクリック 株)

アプリ名 iPhone・Android対応 PCとの同期 主な特徴
GMOクリック証券 GMOクリック 株
iClick株(iOS)
逆指値

GMOクリック証券(GMOクリック 株)の特徴

こちらも2022年現在「GMOクリック株」がリリースされており、これまでiPhoneとAndroidで別名称だったアプリが統一されました。気になる銘柄を長押しするとチャート、保有状況、新着ニュースを1画面で一覧できる「ブラウジングモード」が便利です。

チャートのテクニカル分析を3つまで保存して切り替えできるだけでなく、11種類のチャート描画機能も備えています。サービスが終了した「株roid」と比べて大幅にパワーアップしています。

DMM.com証券(DMM株)

DMM株

アプリ名 iPhone・Android対応 PCとの同期 主な特徴
DMM.com証券 DMM株 逆指値
米国株取引

DMM.com証券(DMM株)の特徴

初心者向けの「かんたんモード」と詳しい情報が見られる「ノーマルモード」の切り替えができるアプリです。投資経験が浅いうちは「かんたんモード」にして、慣れてきたら「ノーマルモード」に切り替えるなど、投資経験に合わせて使い分けられます

ただし、モード切り替え以外に特徴のある機能は少なく、チャートの表示数も13種類、一度に表示できるのは2種類までです。

岡三オンライン証券(岡三ネットトレーダーWEB2)

アプリ名 iPhone・Android対応 PCとの同期 主な特徴
岡三オンライン証券 岡三ネットトレーダーWEB2 逆指値

岡三オンライン証券(岡三ネットトレーダーWEB2)の特徴

パソコンで使える「岡三ネットトレーダープレミアム」の下位互換という印象がぬぐえないアプリです。別アプリ「岡三ネットトレーダースマホ」もありますが、特段使える機能に差はなく、なぜ別々のアプリで提供されているのか理解に苦しみます。

スペック表では最低限の銘柄チェックや注文ができるのみで、資産の確認は全てパソコンに委ねられています。あくまでパソコンのサブ的な立場にとどまるため、他社のスマホアプリを使うほうが良いでしょう。

投資初心者におすすめの証券会社

ここまで紹介した証券会社以外に、初心者でも使いやすい証券会社が1社あります。

    株価分析の一手法としての回帰分析
  1. シンプルなチャートで使いやすいLINE証券
  2. LINE証券の会社概要
  3. 初心者でも分かりやすい注文画面
  4. 1株単位でリアルタイムの売買が可能

シンプルなチャート表示のLINE証券

LINE証券は、スマホでの株式取引のしやすさにこだわっています。チャートはローソク足、移動平均線、出来高の3種類のみで非常にシンプルです。

初心者にとっては、詳しい分析ツールが20種類〜30種類あっても使いこなせないでしょう。最低限の表示ができれば十分と考えるのであれば、LINE証券は情報がコンパクトにまとまっており、初心者でも使いやすいです。

LINE証券の基本情報

LINE証券は、2019年にLINE Financial株式会社と野村ホールディングス株式会社がタッグを組んでできた証券会社です。初めはLINEアプリからのログインしかできませんでしたが、現在はスマホやパソコンのブラウザからでもログインできます

機能が絞られている分初心者にもわかりやすくなっており、取引画面やチャート画面でも迷うことなく直感的に操作できるのが特徴です。

LINE証券は株購入までのステップが簡単

LINE証券は、他社と比べて複雑な注文ができない分、株式購入までのステップが簡単です。 購入する株価を決めたい場合は取引画面で価格と数量を入れるだけで完了し、株価を決めずに購入する場合は数量を入れるだけで完了します。

他社の取引画面なら4ヵ所〜5ヵ所入力・指定しなければいけない注文が、わずか1ヵ所〜2ヵ所の入力でできます

LINE証券は1株(数百円)から株の売買が可能

LINE証券は、100株未満の売買に力を入れています。100株未満の株は単元未満株と呼ばれ、株式は通常100株単位でしか取引していないので、他社はリアルタイムで取引できません。

単元未満株

取り扱っている証券会社でも、注文が成立するのは11:30以降または15:00以降に固定されています。それまではいくらで売買できたのかわかりません。 LINE証券なら、単元未満株の注文でもリアルタイムで成立します。有名企業の株なら手数料も最小0.2%と、単元未満株のリアルタイム注文の中では最低水準です。

テクニカル分析も万能ではない

テクニカル分析は200年以上の知見がありますが、決して万能ではありません。 株式投資に絶対がない以上、万能な分析など存在しません。

  1. テクニカル分析は過去に基づく分析でしかない
  2. 一つの手法を疑う目を持つ
  3. 企業の決算や四季報も活用する

過去事例が将来も続くとは限らない

テクニカル分析は、過去に同様の事例があれば、その事例通りに動くと仮定して分析しています。膨大なデータに基づく分析なので的外れではありませんが、過去の事例が将来も続くわけではありません。

2022年現在、株式投資を行う個人も増え金額も増えています。これだけ市場に参加する人が増えれば、過去のチャートに基づいた分析も機能しないことがあります

1つの手法に拘りすぎない

株式投資では、1つの手法に拘りすぎないのが鉄則です。仮に1つの手法で10回中9回うまくいったとしても、最後の1回で想定とは逆に動いてしまうことがあります。

1つの手法に拘りすぎてしまうと、手法も絶対ではないことを忘れてどんどん損失を拡大させてしまいます。他の分析手法も頭に入れ冷静に分析し、時にはこれまでうまくいった手法を疑うのも大切です。

ファンダメンタル分析も活用する

他の分析手法として、ファンダメンタル分析も活用しましょう。ファンダメンタル分析は、企業の決算や財務状況、ニュースなどで将来性を判断して取引する分析方法です。

証券会社のチャートツールの大半は、各企業の四季報を確認できるようにしています。四季報は、年間4回出る企業の決算をもとに、将来性や独自予想も含めてまとめたものです。

ファンダメンタル分析とテクニカル分析の違い

ファンダメンタル分析とテクニカル分析の違いは、過去の情報をどれほど重視するかです。 テクニカル分析は、過去の値動きに基づいたチャート分析から行うため、過去の情報が全てです。

一方、ファンダメンタル分析は未来の情報を重視します。 現状の決算や過去の決算も見ますが、企業の状況や新事業の状況などを見て「将来この会社は成長しそうか」という視点で分析します。 実際に成長するかどうかはわからないため、人によって真逆の判断になることもあり、客観性はテクニカル分析より低いです。

チャートを勉強したい投資初心者におすすめの本は?

「ではさっそく、テクニカル分析を使ってみよう!」と思い立っても、全く知識がなければ分析できません。投資初心者なら、まずは勉強して知識を身につける必要があります

  1. 7日でチャートの基本をマスターする本
  2. チャートを詳しく理解するための本
  3. 実際のチャートで練習できる本
  4. チャートの練習問題で実践できる本
  5. 超短期取引について学べる本

7日でマスター 株チャートがおもしろいくらいわかる本

初心者2人と先生が登場し、対話形式が一部取り入れられており読みやすいです。

1日ずつステップを踏みながら、テクニカル分析で重要なチャートについて、基本的な指標や買いサイン、売りサインを中心にマスターしていきます

7日目では、初心者が陥りやすい失敗例も挙げながら、株で失敗しないためのポイントもまとめられています

投資に使える知識のみに絞っているので初心者でも分かりやすく、チャートや絵も交えて丁寧に解説されており読みやすい1冊です。

株を買うなら最低限知っておきたい 株価チャートの教科書

「最低限」のタイトルに反し、売り買いのタイミング、決算、増資、IPO、トレンド、吹き値など、とにかく事細かに記載されている本です。

読み込んで理解するには根気が必要で、全体的に文章が多く読みやすくはありません。

初心者向けに書いた本ではなく、プロ投資家が「個人投資家は、これくらいは最低限理解してほしいよね」という考え方で書かれた本です。

解説は丁寧にされているので、文章を読むのが苦にならない人で、チャートについて詳しく理解したい人にはおすすめです。

株価チャート練習帳

単に読んで理解するだけではなく、ローソク足、移動平均線、出来高について実際のチャートを使った練習ができます内容の講義、図を用いた説明、実際のチャートを用いた練習問題と解説という3ステップで全ての項目が書かれています。

3つの指標は、チャートの中で基本的な指標ですが奥が深く、正しく使うには実践的な理解がなければいけません

投資初心者が実践的な理解を目指して読んでも良いですし、ある程度知識を身に着けたあとの確認用として読んでもためになる本です。

世界一わかりやすい!株価チャート実践帳

後半は全て練習問題になっており、チャートを実践的に理解できます。チャートに必須のキーワードを5つにまとめており、日経平均に対する理解も深まります

2008年3月に出版された本で、日経平均に組み入れられている企業は現在と異なっているので、読む上で注意は必要です。 それでも、儲けるためのコツやチャートのポイントを押さえて、後半の練習問題で実践力まで身につく構成になっており、実践的に理解できる本です。

世界一わかりやすい!株価チャート実践帳 スキャルピング編

スキャルピングという、わずかな時間と利幅で1日に何回もトレードする超短期取引を解説しています。基本的なチャート分析は理解した上で、一つの投資手法として読むべき本です。

スキャルピング

超短期取引をする上で絶対に理解しておかなければいけない指標について、詳しく解説されています。出版から既に10年以上経過し、ネット証券に関する記述など明らかに古い部分はありますが、超短期取引を行う上で重要なツールに対する理解が深まります。

株式投資はチャートをうまく活用しよう

株式投資において、チャート分析はとても大切です。過去の事例が必ず起きるわけではありませんが、売られすぎや買われすぎ、買い時や売り時を客観的に見る指標になります。

2022年現在、高度なチャート分析はスマホでもパソコンでも簡単にできます。 基本的なチャート分析をマスターして、皆さんの株式投資に活かしてください。

統計解析手法

アンケートデータ等の尺度や項目の信頼性を調べ、信頼性を高めるための分析方法です。
よく分析に用いられるものに、値が大きければ信頼性が高いとするアルファ係数があります。「信頼性がある」というのは、尺度内の項目同士に一貫性があることです。アンケートの回答者が、同じ尺度内の項目に対して同じような回答( Yes や No )をして
いればアルファ係数は大きくなり、 回答のバラツキが大きければアルファ係数は小さくなります。もし、尺度内の項目と方向性の異なる項目があれば、その項目を削除することで、アルファ係数を大きくすることができ、信頼性を高めることができます。
信頼性分析の活用例
アンケート項目の検討

inspection ロジット対数線型分析

inspection 対数線型 モデル

inspection ロジスティック回帰

inspection ベイズ推定

inspection 分散分析(ANOVA)

inspection プロビット分析

inspection パス解析

inspection 相関分析

相関分析とは、2つの変数間の関連を明らかにする分析です。
例えば、国語と数学のテストの点数に関連があるか調べるために、散布図を作ったり、相関係数を求めたりします。一方が大きくなると、もう一方も大きくなる関係を「正の相関がある」といい、一方が大きくなるともう一方が小さくなる関係を「負の相関がある」といいます。相関関係の程度を示す相関係数は11の値をとり、絶対値が1に近いほど関係が強いといえます。
相関分析の活用例
年齢とコレステロールの相関係数が0.78 の場合、正の相関があると判断し、それらの間に関係性があることが分かります。
1日のビールの販売数と気温の相関係数が 0.78 の場合、正の相関があると判断し、それらの間に関係性があることが分かります。

ちょっと視点を変えて分析してみましょう!財務、テクニカルに次ぐ第3の手法とは!?

eワラント(カバードワラント)は、対象原資産である株式(上場投資信託等を含む)・株価指数、預託証券、通貨(リンク債)、コモディティ(リンク債)、暗号資産先物(リンク債)、暗号資産先物インデックスリンク債の価格変動、時間経過(一部の銘柄を除き、 一般に時間経過とともに価格が下落する)や為替相場(対象原資産が国外のものの場合)など様々な要因が価格に影響を与えるので、投資元本の保証はなく、投資元本のすべてを失うおそれがあるリスクが高い有価証券です。 また、対象原資産に直接投資するよりも、一般に価格変動の割合が大きくなります(ただし、eワラントの価格が極端に低い場合には、対象原資産の値動きにほとんど反応しない場合があります)。 ニアピン(カバードワラント)は、対象原資産である株価指数や為替相場の変動や、時間経過(同日内を含む)など様々な要因が価格に影響を与えるので、元本の保証はなく投資元本のすべてを失うおそれがあるリスクが高い有価証券です。 また、対象原資産に直接投資するよりも、一般に価格変動の割合が大きくなります。最大受取可能額は1ワラント当たり100円に設定され、満期参照原資産価格がピン価格から一定価格以上乖離した場合は満期時に価格がゼロになります。 同一満期日を持つ全ての種類のニアピンを購入しても、投資金額の全てを回収することができない可能性があります。 トラッカー(カバードワラント)は、対象原資産である株価指数、通貨(リンク債)、コモディティ(リンク債)、暗号資産先物(リンク債)、暗号資産先物インデックスリンク債の価格変動や為替相場(対象原資産が国外のものの場合)など様々な要因が価格に影響を与える有価証券です。 このため、投資元本の保証がなく、損失が生じるおそれがあります。トラッカーの価格は、eワラントに比べると一般に対象原資産の価格により近い動きをします(ただし、レバレッジトラッカーは同方向または逆方向に増幅されたような値動きとなります)が、任意の二時点間において対象原資産の価格に連動するものではありません。 また、金利水準、満期日までの予想受取配当金及び対象原資産の貸株料等の変動によって、対象原資産に対する投資収益率の前提が変化した場合には、トラッカーの価格も影響を受けます。 なお、取引時間内であっても取引が停止されることがあります。詳細は、最新の外国証券情報をご参照ください。
商号等/カイカ証券株式会社 金融商品取引業者 株価分析の一手法としての回帰分析 関東財務局長(金商)第2526号
加入協会/日本証券業協会、一般社団法人 日本暗号資産取引業協会
取引委託手数料は無料(0円)です。また、お客様の購入価格と売却価格には価格差(売買スプレッド)があります。トラッカーの購入価格には年率で計算された管理コストが予め含まれています。また、暗号資産先物インデックス(リンク債)を対象とするトラッカーでは、原資産価格に管理コストが織り込まれていきます、これは保有期間に応じて投資家が負担する間接的なコストとなります。管理コストは、計算時点におけるマーケット・メーカーのヘッジコスト(金利水準、ヘッジ対象の流動性、資金調達コスト等を含む)の予想に基づいて設定され、銘柄および購入時点によって異なる可能性があります。

【免責事項】1.「日経平均株価」は、株式会社日本経済新聞社によって独自に開発された手法によって、算出される著作物であり、株式会社日本経済新聞社は、「日経平均株価」自体及び「日経平均株価」を算定する手法に対して、著作権その他一切の知的財産権を有している。2.株価分析の一手法としての回帰分析 「日経」及び「日経平均株価」を示す標章に関する商標権その他の知的財産権は、全て株式会社日本経済新聞社に帰属している。3.「本件カバードワラント」は、乙の責任のもとで運用されるものであり、株式会社日本経済新聞社は、その運用及び「本件カバードワラント」の取引に関して、一切の責任を負わない。4.株式会社日本経済新聞社は、「日経平均株価」を継続的に公表する義務を負うものではなく、公表の誤謬、遅延又は中断に関して、責任を負わない。5.株式会社日本経済新聞社は、「日経平均株価」の構成銘柄、計算方法、その他「日経平均株価」の内容を変える権利及び公表を停止する権利を有している。
©2021- CAICA Securities Inc.株価分析の一手法としての回帰分析

ビジネスを成功に導くデータ活用術 #005 過去のデータから未来を予測する

データ形成・整備・開発

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: 1399509_s.jpg

単回帰分析とは

●単回帰分析と回帰直線
単回帰分析とは、2つのデータ群を「原因」と「結果」の関係でとらえたとき、それらの関係を「回帰直線」で表すことのできる分析手法です。得られた回帰直線から 「単回帰式:y=a+bx」 を求めることで点(データ)のない部分でも値を予測することが出来るようになります。単回帰式:「y=a+bx」の2変数(xとy)のうち、原因系データであるxのことを「説明変数」といい、結果系データであるyのことを「目的変数」といいます。bはいわゆる直線の傾きを表しますが、統計学では「回帰係数」と呼びます。aは「切片」です。それぞれの値は、後述する「最小二乗法」という数学的考え方にもとづいて求められます。

回帰式を求めて最高気温30℃の時のアイスコーヒーの注文数を予測する

●分析の手順
最高気温とアイスコーヒーの注文数のデータをザッと見てみると、最高気温が上がるに連れてコーヒーの注文数も増加しているようです。つまり、暑くなればなるほどアイスコーヒーが売れるという関係、すなわち前回学んだ 「正の相関」 がありそうです。また、これらの関係を別の見方で表すなら、「最高気温」という「原因系データ」によって「アイスコーヒーの注文数」という「結果系データ」が変動していると捉えることができます。これらの関係を利用して、最高気温30℃の時のアイスコーヒーの注文数を予測します。

① 2変数のデータの因果関係(どちらが「原因系」で、どちらが「結果系」なのか)を把握します。
② 2変数のデータの関係を散布図や相関係数で確認し、単回帰式を求めることの妥当性をチェックします。
③ 単回帰式(y=a+bx)を求めます。
④ 単回帰式の精度を確認します。
⑤ 単回帰式に値を代入し、予測します。

それでは、ここから実際の分析を行っていきます。
単回帰分析を行う大前提として、2群のデータの間に 「因果関係(原因系と結果系)」と「相関関係」が必要 です!
データを予測したいと思っても、そもそも単回帰分析をおこなう妥当性が無いようなデータでは意味がありません。単回帰分析は、2群のデータの間に「原因と結果」の関係があり、なおかつ「相関」が認められる場合に有効な分析手法です。

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる