無料オンラインコース

RSI 相対力指数

RSI 相対力指数
仮想通貨トレード

RSIだけで勝てる?テクニカル指標RSIシグナルチャートの使い方・見方について解説

RSIを表示したチャートの画像

テクニカル指標

当ページではテクニカル指標「RSI」の使い方・見方などについて解説しています。

株エヴァンジェリスト

アナリストが厳選する「最短即日短期急騰候補銘柄を 無料 で配信。その他、最新マーケット情報から個別銘柄の分析・展望など、豊富な投資情報を"ワンパッケージ"で利用可能!!

テクニカル指標RSI(相対力指数)とは?わかりやすく解説

「RSI」は「Relative Strength Index」の略称で、日本語だと「相対力指数」と呼ばれるオシレーター系(逆張り系指標)に分類されるテクニカル指標です。

考案したのは“テクニカル指標の父”と呼ばれる「John Welles Wilder.Jr(J.W.ワイルダー)」です。

テクニカル指標RSIの使い方・見方について

買われすぎ」か「売られすぎ」を判断する指標として用いられます。

「RSI」を表示すると、右側に「0~100」の数字が表示されるかと思いますが、一般的に“ 20~30%以下で売られ過ぎ ”、“ 70~80%以上で買われ過ぎ ”という判断材料になり、“過熱感”を見るために用いられるテクニカル指標です。

株取引を行っていると、急騰している銘柄や急落している銘柄を目にする機会があるかと思いますが、そうした際にRSIが示す数値を見ることで、“ RSIの数値が高いから売られてくるかな ”であったり、“ RSIの数値が低いからそろそろ買い時かな ”といった判断をすることが出来ます。

テクニカル指標RSIの計算式について

テクニカル指標RSIについてまとめ

今回はテクニカル指標「RSI(Relative Strength Index)」について簡単に解説してみましたが、見方・使い方について理解できましたでしょうか?

「RSI(Relative Strength Index)」は1本チャートで簡単に「買われ過ぎ」や「売られ過ぎ」を判断できるテクニカル指標です。

RSIチャートを見ると0~100の間を推移してきているのが分かるかと思いますが、RSIの数値が低いところで買って、高いところで売るよう上手くトレードすれば、“RSIだけで勝てる”かもしれません。

株エヴァンジェリスト

多数の投資メディアで活躍する「結城はるみ(旧:向後はるみ)」がストラテジー顧問として在籍する投資助言サービス。今なら、アナリストが厳選した『急騰候補株』を 無料 で配信中!!

RSI 相対力指数

RSIは英語のRelative Strength Indexの略であり、日本語で相対力指数と呼ばれています。RSIとは、過去における価格または為替相場の変動幅に対する上昇幅の割合を折れ線グラフに表したテクニカル指標です。つまり、RSIはモメンタム(値動きの強さ)を測定するオシレーター系指標です。市場が上下する可能性があるかを教えてくれるので、非常に役立つ指標として知られています。

  • RSI(相対力指数)が 70%以上のゾーンに入ることは、価格が急激に上昇したという意味であり、買われ過ぎと考えられます。 70%-100%のゾーン (買われ過ぎゾーン)は、相場が下落する可能性が高いことを示すので、売りサインと考えられます。
  • RSI(相対力指数)が RSI 相対力指数 30%以下のゾーンに入ることは、価格が急激に下落したという意味であり、売られ過ぎと考えられます。 0%-30%のゾーン (売られ過ぎゾーン)は、相場が上昇する可能性が高いことを示すので、買いサインと考えられます。

中心線(50%ゾーン)のクロスオーバーのシグナル

上記の、買われ過ぎ売られ過ぎのシグナルに加えて、トレーダーは中心線のクロスオーバーとして知られているものを探すためにRSIを使用します。

上昇中心線のクロスオーバー

RSI線が50%ゾーンの下から70%ゾーンへ向けて上に交差するときに、上昇中心線のクロスオーバーが発生します。これは、上昇トレンドが出始めていることを示します。

下落中心線のクロスオーバー

RSI線が50%ゾーンの上から30%ゾーンへむけて下へ交差するときに、下落中心線のクロスオーバーが発生します。これは、下降トレンドが出始めていることを示します。

RSIの発散シグナル

発散(ダイバージェンス)は、RSIを使用する際にトレーダーがつねに捜す別のシグナルです。RSIと実際の価格動きの発散(分岐)は市場が反転する可能性が高いことを強く示します。

弱気のダイバージェンス

通貨の価格が上がり続け、RSI線が逆方向の下向きに動くときに弱気ダイバージェンスが発生します(赤色で強調表示)。弱気ダイバージェンスが発生した場合、下降トレンドの可能性が高くなります。以下のチャートからも分かるように、弱気ダイバージェンスが見られた後に下降トレンドが発生していることが分かります(黄色の矢印で表示)。

強気のダイバージェンス

通貨の価格が下がり続け、RSI線が逆方向に上昇するときに強気ダイバージェンスが発生します(青色で強調表示)。強気ダイバージェンスが発生した場合、上昇トレンドの可能性が高くなります。以下のチャートからも分かるように、強気ダイバージェンスが見られた後に上昇トレンドが発生していることがわかります(黄色の矢印で表示)。

しかし、ダイバージェンスは必ずしもトレンドを正確に示唆しているとは限らないので、売買シグナルとしてダイバージェンスを使用する際には注意する必要があります。例えば、虚偽のシグナルが、長い期間続く強いトレンドが表示されることもあるからです。予想と反する状況も生じるため、価格動向や価格のモメンタムを分析するためには、MACDやRSIなどのテクニカル指標を組み合わせることで分析の的確さを上昇させることが重要です。

仮想通貨テクニカル分析「RSI」とは?チャート分析、使い方、設定

仮想通貨トレード

覚えるとかなり勝率が上がるらしい けど、本当なのかな?」

RSIとは

画像の下部分がRSI

RSI(Relative Strength Index)とは、チャートの「買われすぎ」「売られすぎ」を示すオシレーター系のテクニカル指標。

テクニカル指標にはトレンド系(順張り系)とオシレーター系(逆張り系)がありますが、 RSIは後者でもっとも有名な指標のひとつ だといえるでしょう。

その数値が 「70%~80%以上」で買われすぎ、「20%~30%以下」で売られすぎ RSI 相対力指数 となります。

よくわからないって方がほとんどだと思いますが、要するに「 ボラティリティ(価格変動率)のわりに、上がりすぎている(下がりすぎている) って場合に教えてくれる指標です。

実際のビットコインチャートでRSIを表示する

RSIは、0から100の間で現在の相場が「買われすぎなのか」「売られすぎなのか」を数値化した指標なので、 0に近いほどロング(買い)、100に近いほど(ショート)が成功しやすい ということになります。

無作為にチャートを選んでみましたが、それでも一時的な天井や底をある程度は当てている ことがわかりますね。

RSIの見方、使い方

シンプルに「30以下で買い」「70以上で売り」もOK

一般的には、 70以上で買われすぎ、30以下で売られすぎなので、ここから逆張りを検討していく ことになります。

ただし、 損切りをしっかり入れる点だけには注意 しましょう。

特にビットコインを空売りする場合、爆上げして踏み上げられやすい ので注意しましょう。

RSIで勝率を上げるには「ダイバージェンス」をみよう

RSIにはダイバージェンス(逆行現象)という 判断方法 があります

ダイバージェンスとは、相場とRSIの向きが逆行することで、「 ①相場が右肩上がりに上昇しているにもかかわらずRSIが右肩下がりになる 」もしくは「 ②相場が右肩下がりにもかかわらずRSIが右肩上がりになる 」現象を意味します。

①の場合には 価格は上昇しているもののトレンドの勢いが落ちてきている ことを意味するので売りなのです。

RSIの表示方法

一般的には「インジケーター」や「テクニカル指標」の欄に必ずといっていいほどあります。

RSIまとめ

RSIをみながら、しっかりと引きつけて逆張りすれば、仮想通貨トレードは 高い勝率 を狙うことができます。

また、順張りのトレーダーもRSIをみることで、 買われすぎの価格帯で買ったり、売られすぎの価格帯で売ったりといったことがなくなる ため、売買する際の心強い味方になってくれます。

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる