無料オンラインコース

スプレッドやツールを徹底比較

スプレッドやツールを徹底比較
スプレッドも低い設定で取引しやすくスワップポイントも高金利で外貨預金代わりになるので使い分けてやっています。
それに加えヤフーグループのメリットとして取引量に応じてPayPayか現金がもらえるサービスが毎月あるのでやりがいもあります。 ワン|30代前半|男性|その他|2021.05.29

YJFXの評判(口コミ)は?スプレッドや取引通貨を徹底比較

YJFXは、 大手会社が運営するFXサービスで、スプレッドが狭い点やデモトレードで取引体験できるのが魅力 です。しかし、本当に評判が良いのか気になるもの.

そこで、 YJFXを使った方の口コミをスプレッド・取引通貨、機能のわかりやすさの観点 でご投稿いただき、メリットデメリットをまとめました。他のFXとの比較もできるので、YJFXを利用するべきか判断できるようになります。

  • YJFXは運営会社が大手で安心
  • YJFXはスプレッドが狭め
  • スプレッドやツールを徹底比較
  • YJFXはチャートが見やすい

YJFXの口コミ評価

口コミ評価の良い点

FX会社を選ぶ上で欠かせない要素の一つとして挙げられるのは取引ツールですね。
YJFX!は特にスマホツール使いやすさが気に入っています。
特にチャートが見やすく、赤(陽線)と青(陰線)の色感が良いですね。
注文もタップするだけのやりやすさで、操作感が実に良い。
他社も何社か利用しましたが、ツールに関しては私的にはここか一番気に入ってます。

FKさん|40代前半|男性|自由業・フリーランス|2021.06.16

スプレッドやツールを徹底比較

スプレッドも低い設定で取引しやすくスワップポイントも高金利で外貨預金代わりになるので使い分けてやっています。
それに加えヤフーグループのメリットとして取引量に応じてPayPayか現金がもらえるサービスが毎月あるのでやりがいもあります。

ワン|30代前半|男性|その他|2021.05.29

口コミ評価の悪い点

注文を出してから約定するまでに値段がズレて約定してしまうことを「スベリ」と言いますが、YJFXではこれがけっこう頻発します。
自分にとって有利な値段で約定すれば問題ないのですが、体感的には不利な値段で約定しているような印象です。
そのため、頻繁に注文を出すデイトレやスキャルピングとは相性が悪いと思います。

強制ロスカットマン|40代前半|男性|接客業|2021.06.25

取引していて気になった部分が一つありました。
重要指標が発表される時や、取引量が少なくなる深夜時間帯そして早朝は値滑りが起きやすいです。
PayPayが付与されるイベントをやっているので、それを目的にしている人向きですね。
ここに限らないですが、大きなイベントを行っているFX会社はスプレッドや約定関連がウイークポイントだと感じています。
この点が改善されれば、取引ツールも使いやすいので評価は上がると思われますね。

FKさん|40代前半|男性|自由業・フリーランス|2021.06.16

YJFXの口コミ(評判)

YJFXの基本情報

YJFXはヤフーグループが提供するFX会社で、 業界最狭水準のスプレッドや24種類の豊富な通貨ペア が特徴です。取引ごとにPayPayまたは現金がもらえるキャンペーンなどを行っているのも強みです。

YJFXのメリット

操作性に優れたアプリ|初心者もおすすめ

また、高度なチャート機能を搭載しています。4パターンで 最大16画面表示できるため、値動きの比較やトレンド把握などが容易 です。描画ツールや約定レートをチャートに表示させるポジションサマリーラインなど、本格的なチャート分析もできます。

レベルにあわせて取引ツールを選べる

自身のレベルに応じて、2種類の取引ツールを選べるのも大きなメリットです。YJFXの取引ツールには、パソコン上で利用できるDesktop CymoとCymo NEXTの2つが提供されています。

スプレッドやツールを徹底比較
Desktop Cymo Cymo NEXT
特徴 ・シンプルでコンパクトな画面のめ、直感的な操作が可能
・初心者でも使いやすい
・多彩な取引機能を搭載
・プロのトレーダー仕様
主な機能 ・ワンタッチ注文
・拡張エリア機能 スプレッドやツールを徹底比較
・FXi24ニュースの閲覧が可能
・ポジションを選択し決済が可能
・ワンタッチ注文
・実効レバレッジや証拠金維持率をリアルタイムで表示
・AIRアプリケーションを搭載
・クイック指値注文や自動/ワンタッチトレール機能

Desktop Cymoは、コンパクトでシンプルな作りが初心者向け スプレッドやツールを徹底比較 です。作りはシンプルですが、ワンタッチ注文や拡張パネル表示など充実した機能を搭載しています。一方、 Cymo NEXTは、最先端技術のAIRアプリケーションを採用した、プロ仕様の高度性能ツール です。

1,000通貨単位から取引可能

「はじめから10,000通貨単位で取引するのは怖い」「なるべく多くの通貨ペアで売買したい」という方は、 リスク管理の観点からも1,000通貨で取引できるFX会社を選ぶのが良い でしょう。

ロスカットラインの設定が深め

ロスカットはトレーダーの大きな損失を防ぐためにFX会社が設定しているものであり、低ければ良いというわけではありませんが、 急激な価格変動時などに強制退場を防ぎたいトレーダーにとってはメリット といえるでしょう。

YJFXのデメリットと注意点

情報量(ニュースサイト)が少ない

情報量の不足を補いたい方は、ロイターやフィスコ、 独自のニュースを配信している外為どっとコムや、アナリストによるレポートが充実している外為オンラインなどを同時に利用 しましょう。

システムトレードができない

YJFXでは システムトレードの提供をしていないため、自動売買ができません スプレッドやツールを徹底比較 。以前はトレードコレクターという自動売買システムを提供していましたが、2017年7月に終了しています。

システムトレード導入おすすめ会社

外為オンライン

FXブロードネット

マネーパートナーズ

マネースクウェア

ヒロセ通商

JFX

みんなのFX

楽天FX

IG証券

トレーディングツールで発注ができない

YJFXでは、チャート分析をMT4で行うことはできても、発注ができません。そのため、 チャート分析はMT4、発注はYJFXのツール(Cymo)を使う必要 スプレッドやツールを徹底比較 があります。

YJFXと人気FXの比較表

スプレッドやツールを徹底比較 スプレッドやツールを徹底比較 スプレッドやツールを徹底比較 スプレッドやツールを徹底比較 スプレッドやツールを徹底比較
FX会社
(口座)
リンク 取引単位
(通貨)
ドル円
スプレッド
ユーロ円
スプレッド
スマホで
口座開設
特徴
YJFX 公式 1,000 0.2銭0.5銭 ・操作性に優れたアプリ
・ロスカットラインの設定が深い
外為ジャパン 公式口コミ 1,000 0.2銭 0.5銭 ・取引ツールが使いやすい
・スプレッドが狭い
FXプライムGMO 公式口コミ 1,000 0.3銭 0.6銭 ・スキャルピング可能
・約定力が高い
GMOクリック証券 公式口コミ 10,000 0.2銭 0.5銭 ・国内取引高No.スプレッドやツールを徹底比較 1
・スワップポイントが高い
ヒロセ通商 公式口コミ 1,000 0.2銭 0.6銭 ・通貨ペア50種
・マニアックな通貨向け
LIGHT FX 公式口コミ 1,000 0.2銭 0.4銭 ・スワップが高い
・AIの売買シグナルあり
JFX 公式口コミ 1,000 0.3銭 0.5銭 ・スキャルピング可能
・約定力が高い
楽天FX 公式口コミ 1,000 0.2銭 0.5銭 ・低レバレッジ可能
・楽天ポイントが貯まる
SBI FXトレード 公式口コミ 1 0.09銭 0.3銭 ・操作性に優れたアプリ
・ロスカットラインの設定が深い
マネースクウェア 公式口コミ 1,000 - - ・自動売買トリラピが使える
・抜群のマーケット情報量
マネーパートナーズ 公式口コミ 100 0.3銭 0.スプレッドやツールを徹底比較 4銭 ・最低取引通貨が圧倒的に低い
・スマホの取引が優秀
DMM FX 公式口コミ 10,000 0.2銭 0.5銭 ・取引ツールが豊富
・会員の売買比率をチェック可能
外為どっとコム 公式口コミ 1,000 0.1銭 0.3銭 ・低スプレッドが魅力
・高性能な取引ツール
FXブロードネット 公式口コミ 1,000 0.2銭 0.5銭 ・低レバレッジ可能 スプレッドやツールを徹底比較
・リピート型自動売買が可能
みんなのFX 公式口コミ 1,000 0.2銭 0.4銭 ・通貨強弱が分かる機能あり
・マーケット情報が豊富
外為オンライン 公式口コミ 1,000 0.9銭 1.9銭 ・自動売買システムが優秀 スプレッドやツールを徹底比較
・無料FXセミナーがある

YJFXのスプレッド

通貨ペア スプレッド
米ドル/円 0.2銭
ユーロ/円 0.5銭
ユーロ/米ドル 0.4ポイント

▼スプレッド一覧はこちらタップで開閉)

通貨ペア スプレッド
豪ドル/円 0.7銭
NZドル/円 1.2銭
英ポンド/円 1.0銭
スイスフラン/円 1.8銭
カナダドル/円 1.7銭
英ポンド/米ドル 1.0ポイント
英ポンド/豪ドル 1.5ポイント
南アフリカランド/円 1.3銭
メキシコペソ/円 0.4銭
豪ドル/米ドル 0.9ポイント
NZドル/米ドル 1.6ポイント
人民元(CNH)/円 3.0銭
香港ドル/円 3.0銭
ユーロ/英ポンド 1.0ポイント
ユーロ/豪ドル 1.5ポイント
米ドル/スイスフラン 1.6ポイント
ユーロ/スイスフラン 1.8ポイント
英ポンド/スイスフラン 2.スプレッドやツールを徹底比較 8ポイント
豪ドル/スイスフラン 3.0ポイント
カナダドル/スイスフラン 3.0ポイント

YJFXはMT4チャートで分析できる

MT4チャートとは

対応デバイス PC
推奨OS Windows 7
Windows 8
Windows 10
料金 無料

MT4チャートの利用方法

  1. FXの取引画面にログイン
  2. 左メニューの投資ツールからMT4を選択
  3. MT4チャートの専用アカウントを登録
  4. MT4チャートをダウンロード

YJFXのデモトレード

利用可能期間 30日間
初期仮想資金 400万円
料金 無料

YJFXは、デモトレードで取引を体験できます。 実際の画面でデモトレードができる ので、FX取引が初めてでも取引の流れを掴みながら練習できます。メールアドレスだけで登録できるので、YJFXの利用が初めてならデモトレードを活用しましょう。

ネット証券会社のFX口座を徹底比較!おすすめ業者の手数料や取引ツールを紹介

ネット証券のFX口座を徹底比較!

(※:スプレッドは一部を除き原則固定・例外あり)
(※1:2020年1月~2021年12月 ファイナンス・マグネイト社調べ)
(※2:LINE FXの上記ドル円スプレッドはAM3:00〜AM9:00の時間帯にて適用の通常スプレッド、例外あり)
(※3:auカブコム FXの米ドル円はミニ・大口含め当面の間、スプレッド広告表示適用対象外となります)
(※4:SBI FXαには米ドル円など6通貨ペアに限り1,000通貨単位で取引できる「ミニ取引」もあります)

主要通貨ペアのスプレッドで比較

ネット証券会社
「FXサービス」
米ドル円ユーロ円ポンド円豪ドル円ユーロ米ドル公式サイト
「FXネオ」 0.2銭0.5銭1.0銭0.6銭0.スプレッドやツールを徹底比較 スプレッドやツールを徹底比較 4pips
「楽天FX」 0.2銭0.5銭1.0銭0.6銭0.4pips
「FX PLUS」 0.2銭0.5銭1.3銭0.6銭0.4pips
「MATSUI FX」 0.2銭0.5銭1.1銭0.7銭0.4pips
「auカブコム FX」 (※1)スプレッドやツールを徹底比較 スプレッドやツールを徹底比較 0.5銭1.0銭0.6銭0.4pips
「SBI FXα」 0.2銭0.5銭1.0銭0.6銭0.8pips

(※:スプレッドは原則固定・例外あり)
(※1:auカブコム FXの米ドル円はミニ・大口含め当面の間、スプレッド広告表示適用対象外となります)

リモートワークで必須のITツールを徹底比較解説!

新型コロナウイルス感染症の影響で働き方が改めて見直されたこともあり、テレワーク、リモートワークという言葉をよく耳にするようになりましたね。 このテレワークとリモートワークという言葉、似たような意味ということもあり、混同してしまっている方も実は多いのではないでしょうか? 本記事で.

本記事では、リモートワークで導入される機会が多い「Teams」、「Slack」、「Zoom」の3つのツールについて、それぞれの特徴、メリット・デメリットを解説していきます。これらのツールの特徴を理解して、 仕事の 用途によって使い分けることができたら、仕事の生産性は間違いなくアップします!

リモートワークで必須のツール①Teams

Teamsの主な特徴、メリット

Teamsはマイクロソフト社が推奨するMicrosoft365のコミュニケーションツールで、Skype for businessの後継として誕生しました。Microsoftが開発しているOutlookとも連携が可能で、Microsoftアカウントがあればスムーズに利用が開始できます。

Teamsの特徴は、Web会議機能、チャット機能、ファイル管理機能など リモートワークで必要不可欠な機能をバランスよく備えている 点になります。チャットであればSlack、ビデオ会議はZoomというように利用する機能によって、別のツールをわざわざ立ち上げる必要がないので、非常に便利です。

また仕事でよく利用している Word、Excel、PowerpointといったOfficeアプリと連携が可能です 。これらのOfficeアプリを起動すると、ファイルの閲覧や共同編集が可能になり、作業の効率性、仕事の生産性がアップしますし、ブラウザ版、スマホ版、デスクトップ版の3種類が提供されているので、デバイスや場所を問わず、好きな場所での作業が可能です。

リモートワークで必要な機能をバランスよく搭載している点が、Teamsの最大の魅力 です。

Teamsのデメリット

リモートワークでの便利ツール②Slack

Slackの主な特徴、メリット

Slackはメールと比較すると、 洗練された機能がたくさん搭載されていて、ユーザーにとって非常に利便性が高い です。

またSlackは誕生以来、ユーザー数を着実に伸ばし続けています。その要因は、 ビジネスのニーズに応える機能が高い評価につながり、ユーザーから高い満足度を得ている からです。

Slackのデメリット

リモートワークでの便利ツール③Zoom

Zoomの主な特徴、メリット

Zoomには無料版と有料版があり、プランによって通話時間の制限や追加機能の有無があります。しかし、 無料版のアカウントでも、不自由なくほとんどの機能を使うことが可能 で、その点がZoomの一番の特徴だといえます。

またZoomの一番のメリットとして、 無料版でも高画質・高音質 であることが挙げられます。話す人の顔が表示されるシステムになっているので、大人数でも誰が話しているのかすぐにわかりますし、画面共有などもスムーズに行うことができます。Zoomによって、オンラインでも円滑なコミュニケーションを図ることが可能です。

それ以外の機能も充実していて、招待リンクをクリックするだけで、 ID登録やログインをしなくても会議に参加することが可能 です。普段Zoomを使わない人でも、簡単に利用することができますし、社外の人とのWeb会議ツールとしてお互いに新たにWeb会議ツールをインストールする手間もかかりません。企業にとっても利用しやすいツールとして認知されています。

Zoomのデメリット

3つのツールを徹底比較!

リモートワークに必要な機能を一通り揃えておきたい人はTeamsがおすすめ

チャット機能、音声通話、Web会議などリモートワークでの様々なシチュレーションで使える機能をバランスよく搭載しているのがTeamsです。この機能を使いたいからこのツールを導入するといった、 導入の際の手間やコストを極力省きたい人はTeamsがおすすめ です。

【最新版】FX取引ツールを徹底比較!初心者におすすめのFX会社5社

つのだ(笑顔)

つのだ

  • FX会社の取引ツール比較表
  • FX取引ツールを使う前に知っておきたいこと
    • 取引ツールのタイプは大きく分けて2種類ある!
    • そのFX会社の通貨単位を確認する
    • ほしい機能やテクニカル指標があるか?
    • 取引ツールのレイアウト機能が充実しているか
    • 自分の好きな配色でトレードする
    • 取引ツールと注文するFX会社を分ける
    • DMMFX
    • ヒロセ通商
    • GMOクリック証券
    • 外為どっとコム
    • 外貨ex byGMO
    • ブラウザ対応おすすめ:動作や操作性で選ぶならDMMFX
    • インストール型おすすめ:1台で完結できる!ヒロセ通商
    • チャート分析と注文で取引ツールを使い分け!GMOクリック証券
    • FX会社を使い分けよう
      スプレッドやツールを徹底比較 スプレッドやツールを徹底比較
    • Q1.FXの取引ツールを選ぶ際に押さえておきたいポイントは?
    • Q2.全てのバランスが良く高水準なツールはなに?
    • Q3.シンプルなツールはどれ?

    FX会社の取引ツール比較表

    FX取引ツールを使う前に知っておきたいこと

    そもそも「取引ツールって何?」という方に向けて、まずは 取引ツールを選ぶ前に知っておきたい2つのこと についてお話していきます。

    取引ツールのタイプは大きく分けて2種類ある!

    まず押さえておきたいのは、取引ツールは「 インストール型 」と「 ブラウザ対応タイプ 」の2種類があるということ!

    • インストール型:多機能、操作性がいい
    • ブラウザ対応タイプ:動作が軽い、別のパソコンでもログインできる

    つのだ(笑顔)

    つのだ

    特徴は違えど、 どちらのタイプも初心者の方に使いやすい仕様になっている ので、自分の好みに合わせて取引ツールを選んでほしいのだ!

    インストール型の取引ツールの特徴

    インストール型の取引ツール

    • 多機能:チャート分析から注文、情報収集まで1台でトレードを完結
    • 操作性◎:カスタマイズ性が高く自分好みの取引環境が作れる

    なのでインストール型の取引ツールは、「 自分でカスタマイズして快適なトレード環境を作りたい! 」という方におすすめです。

    インストール型タイプ スプレッドやツールを徹底比較
    FX会社 タイプ テクニカル指標 描画ツ|ル 画面分割 注文の有無 MAC対応 詳細

    LIONFX C2
    インス
    トール型
    22種 5種 16 公式

    MAC専用
    インス
    トール型
    22種 6種 20 公式

    はっちゅう君FXプラス
    インス
    トール型
    8種 0 公式

    外貨ネクストネオ
    インス
    トール型
    17種 12種 20 公式

    MT4
    インス
    トール型
    47種 30種 制限
    なし
    公式

    Desktop Cymo
    インス
    トール型
    7種 0 公式

    ブラウザを使った取引ツールの特徴

    • Windows:「Internet Explorer(IE)」「Microsoft Edge」
    • Mac:「Safari」
    • iPhone:「Safari」
    • 自分でダウンロードする:「Google Chrome」「Firefox」

    ブラウザ対応の取引ツール

    • 動作が軽い:インストール不要なのでパソコンの容量を気にする必要がない
    • パソコンのOSを選ばない:別のパソコンでもトレードすることが可能

    ブラウザ対応タイプ スプレッドやツールを徹底比較 スプレッドやツールを徹底比較
    FX会社 タイプ テクニカル指標 描画ツ|ル 画面分割 注文の有無 MAC対応 詳細

    DMMFX PLUS
    ブラ
    ウザ
    20種 2種 6 公式

    プレミアチャート
    ブラ
    ウザ
    29種 9種 6 公式

    LIONチャートPlus+
    ブラ
    ウザ
    30種 13種 6 公式

    プラチナチャート+
    ブラ
    ウザ
    38種 25種 16 公式

    G.comチャート
    ブラ
    ウザ
    21種 7種 9 公式

    Exチャート
    ブラ
    ウザ
    32種 8種 6 公式

    そのFX会社の通貨単位を確認する

    スプレッドやツールを徹底比較スプレッドやツールを徹底比較 スプレッドやツールを徹底比較
    各通貨単位のFX会社
    1000通貨単位
    のFX会社
    1万通貨単位
    のFX会社

    つのだ(笑顔)

    つのだ

    【2022年版】クラウドメールのおすすめサービス9選を徹底比較!メリットや選定ポイントも紹介

    パッケージタイプのクラウドメールとは、クラウドメール以外の機能も含まれているサービスのことです。Google Workspace(Google)やExchange Online(Microsoft)などが代表例としてあります。メール以外に、カレンダー・Web会議ツール・スプレッドシート・メモ機能・オンラインストレージなどの機能が含まれています。契約すれば全ての機能をまとめて利用できるため、一つずつ製品をインストールする手間もなく、運用面・コスト面とともに安価な傾向にあります。

    セキュリティ特化タイプ

    サポートサービス強化タイプ

    クラウドメールの企業向け(有償)と個人向け(無料)の違い

    個人向けフリーメール

    クラウドメール利用が企業にもたらすメリット

    • メールサーバー構築不要
    • スプレッドやツールを徹底比較 スプレッドやツールを徹底比較
    • 大容量ストレージ
    • 利用場所を問わない
    • 拡張が容易

    メールサーバー構築不要

    大容量ストレージ

    利用場所を問わない

    拡張が容易

    クラウドメール利用時の注意点

    • 用途によってはコストが増える
    • セキュリティリスクが0ではない
    • データ移行が困難なケースもある

    用途によってはコストが増える

    セキュリティリスクが0ではない

    データ移行が困難なケースもある

    クラウドメール選定のポイント

    セキュリティ対策

    サポート体制

    統合的な利用

    マルチデバイス対応

    クラウドメールのおすすめ9選を徹底比較

    Google Workspace

    Google Workspaceは、生産性向上とコラボレーションを実現するツールです。元々G Suiteとして提供しており、理念に沿って名称を変更しました。信頼性の高いGoogleのサーバーを使用し、セキュリティ対策や迷惑メール対策があり、自動バックアップ機能でデータが保護されています。ビジネス用のカスタムメールの他にも、カレンダー・Chat・ドキュメント・スプレッドシートも利用できます。リモートワークなどの働き方にも対応しています。

    Google Workspaceの特徴

    メールディーラー

    メールディーラーの特徴

    Exchange Online

    Exchange OnlineはMicrosoft社が提供する、ビジネスに特化したホストメールです。高度なセキュリティを始め、稼働率99.9%の信頼性、パッチの自動適用、組織の管理を効率的に行うなど豊富な機能が搭載されています。
    Microsoft 365 Business スプレッドやツールを徹底比較 Onlineにも含まれていますが、Exchange Online単体では1ユーザーあたり月430円から利用可能です。

    Exchange Onlineの特徴

    • マルウェア対策とスパム対策のフィルタリング機能を搭載
    • セキュリティのエキスパートが24時間体制で監視
    • Microsoft Business Onlineを申し込みで1ヶ月間無料利用可能

    メールホスティング

    メールホスティングの特徴

    メールワイズ

    メールワイズの特徴

    xgate4

    xgate4の特徴

    Cybermail Σ

    Cybermail Σの特徴

    Active! Mail

    Active! Mailの特徴

    Re:lation

    Re:lationの特徴

    おすすめの情報共有ツール

    マニュアル作成・ナレッジ共有ツール 「NotePM」 は、社内の知りたいことが簡単に確認できるツールです。「社内のほしい情報を探すのが大変」「ナレッジ共有が上手くいっていない」とお悩みの方は、NotePMの無料トライアル をお試しください。

    関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる