外為オプションとは

EPS(1株当たり利益)とは

EPS(1株当たり利益)とは
ビジネス

You must read the following information before proceeding. When you have read the information set out below, please click on EPS(1株当たり利益)とは the "I confirm that I have read and understand the above information" link at the bottom of the page to acknowledge that you have read the information and to continue.

This website is directed only at residents of Japan and the information provided is not for distribution outside Japan. Shares of the NEXT FUNDS are not offered for sale or distribution outside of Japan.

Not all securities, products or services described in the website are available everywhere. The information contained in EPS(1株当たり利益)とは this website is for information purposes only and does not constitute a distribution, an offer to sell or the solicitation of an offer to buy any securities or provide any services in any jurisdiction in which such distribution EPS(1株当たり利益)とは or offer is not authorized. Although EPS(1株当たり利益)とは the information provided on this site is obtained or compiled from sources that Nomura Asset Management Co., Ltd. believes to be reliable, Nomura Asset Management Co., Ltd. cannot and does not guarantee the accuracy, certainty or completeness of the information and materials contained in this website.

The information on this website is for reference purposes only and does not constitute an offer to sell or the solicitation of an offer to buy securities by Nomura Asset Management Co., Ltd. to any person in Japan.

Furthermore, the information on this website is not made or directed to any person in the United Kingdom and under no circumstance shall the provision of the information on this website be deemed to constitute an offer of securities or an offer to provide any services to any person in the United Kingdom.

Furthermore, the information on this website is not made or directed to any person EPS(1株当たり利益)とは in the United States or to any U.S. Person. Under EPS(1株当たり利益)とは no circumstances shall the provision of the information on this website be deemed to constitute an offer of securities or an offer to provide any services to any person in the United States or to any U.S. Person as defined under the Securities Act of 1933, as amended. Residents of the United States are specifically prohibited from investing in the NEXT FUNDS and no person may offer investment in these funds to residents of the United States.

一株当たり利益(EPS: Earnings per Share)

一株当たり利益(Earnings per Share)

経営分析

  • ダウンロード元は当サイトと同じサーバ内です。
  • 当サイトは、GDPR他のセキュリティ規則に則って運営されています。
  • ダウンロードしたファイルは自由に改変して頂いて構いません。商用目的の再配布はご遠慮ください。
  • 内容に関するご質問などは、こちらからお願いします。

一株当たり利益(EPS)は、英語表記だと「Earnings per Share」となり、期中平均の発行済み普通株式の1株当たりの普通株主に帰属する利益の額を表す。

  • 普通株主に帰属する利益:当期純利益から優先株主への配当及び非支配株主持分に帰属する利益を差し引いたもの
  • 期中平均発行株式数:期中の株式増減を期間で加重平均したもの

定義と意味

一株当たり利益(EPS)は、「マーケット指標」「Market Ratio」の代表的なもののひとつである。

このことから、第三者割当増資や株式分割のように、普通株式の発行済総数が増加する場合は、一株当たり利益が希釈化すると表現し、既存株主にとっては、所有株式の価値が下がると見られている。

解釈と使用法

\( \displaystyle \bf 株価収益率(PER)= \frac \)

PERは、一株単位でいえば、EPSの何倍の株価になっているか、会社全体でいえば、当期純利益の何倍の時価総額になっているかを表す指標で、株価の割安・割高の目安をつけて株式投資を行う際、ファンダメンタルズ分析を重視する投資家からは投資判断の尺度としてよく用いられる。

PERの逆数は、EPS÷株価 であり、これは、

\( \displaystyle \bf 株式益回り= \frac \times 100\%\)

\( \displaystyle \bf = \frac \times 100\%\)

\( \displaystyle \bf 自己資本利益率(ROE)= \frac \times 100\%\)

\( \displaystyle \bf = \frac \times 100\%\)

時価総額と簿価上の純資産(自己資本)の関係は、「株価純資産倍率(PBR: Price to Book Value Ratio)」で表すことができる。

\( \displaystyle \bf PBR= \frac\)

アルファベット3文字での表記の羅列で大変恐縮だが、EPS, BPS, PER, PBR, ROEこれらすべての指標は、「 簿価ー時価 」「 会社全体ー一株当たり 」という関係も含めて、すべてが一つの体系に収められることがわかる。

一株当たり利益(EPS) EPS(1株当たり利益)とは < ベンチマーク

この値がより小さくなれば、普通株式の一株当たりの収益性が相対的に低いといえる

一株当たり利益(EPS) > ベンチマーク

株式投資の基礎知識(株式の割高/割安感の分析指標:PER・PBR)

お金のこと

今回は超基礎ですが、株式が割安か割高かを判断するための指標について紹介します。

EPS(1株あたりの利益)

EPS(Earnings Per Share)とは、1株当たりの当期純利益のこと。EPSは、当期純利益を発行済株式総数で割って計算します。

EPS(1株当たりの当期純利益)=当期純利益÷発行済株式総数

EPS成長率(%) = (当期EPS-前期EPS) / 前期EPS ×100

PER(株価収益率)

PER(Price Earnings Ratio)は、株価収益率のこと。利益から株価が割安か割高かを判断する指標です。

PER(株価収益率)(倍) = 株価(時価) ÷ EPS

配当性向(%) = 1株当たりの配当 ÷ EPS × 100

BPS(1株あたりの純資産)

BPS(Book-value Per Share)は、1株当たり純資産のこと。企業の安定性を見る指標です。

BPS(1株当たりの純資産)=純資産÷発行済株式総数

PBR(株価純資産倍率)

PBR(Price Book-value Ratio)は、株価純資産倍率のこと。PBRは純資産から見て株価が割高か割安かを判断する指標です。

PBR(株価純資産倍率)(倍) = 株価(時価)÷ BPS

PER100倍の株も平気で買える長期投資妙味

その前におさらい。
何度も出てきますが、「PER=株価÷1株当たりの純利益」です。それはわかるんだけど・・・でも、それが実際に投資をするときに何の役に立つの?です。
(ここから、PERについて詳しく解説してきます。ちょっと難しいなあ~と感じても、そういうものなのね、程度の理解で問題ないです。読むのもつらい!って方は途中飛ばして 最後の結論だけ読む でも、もちろん大丈夫です!)
◇◇◇
まず、純利益の説明をしておきます。純利益とは、1年の間に、その企業の本来の事業から得た営業利益と、事業以外で得た利息や配当、資産売却などの利益を加えた経常利益から、法人税などの税金を支払った後の最終的に残る「株主の利益」です。PERを考える場合、この純利益というものが、最も大切なものになります。
「PER=株価÷1株当たりの純利益」ですが、計算式を書き換えると「株価=1株当たりの純利益×PER」になります。
第2回で、標準的なPERは15倍くらいですとお話しをしましたが、いま、株価が1,500円で、株式の1株当たりの純利益が100円とすれば、PERは1,500円÷100円で15倍です。計算式を書き換えると1,500円=100円×15となりますが、この式の意味は、1,500円を投資した株式は、その企業が毎年100円の純利益を稼ぐとして、その株式を15年間持ち続ければ、最初に投資をした1,500円を、その企業の毎年の純利益で回収できる見込みがあるということになります。

こう説明すると、えっ?15年も持ち続けないといけないの?と思われるかもしれませんが、実際の投資となるとそうではないです。これはあくまでもPERの計算上の話で、実際の株価は投資環境の変化で上がったりも下がったりもします。最終的な純利益も為替の変動や市況の変動など様々な要因で増えたりも減ったりもします。ただ今の株価が、その企業の概ね何年先の利益をみているのか(もしくは、何年先の利益まで織り込んでいるのか)を市場と照らし合わせてみる場合、 PERは将来を予測するのに興味深い指標 だと思っています。

1回目のブログで、PERは「過去の1株純利益」を分母に使うのではなく、「将来の予想1株純利益」を使うことにあるとお話ししました。
株価は前年に実現した利益をもとに決まるのではなく、次の年はこれくらい、さらに次の年はこれくらいと、将来に予想される利益をもとに決まります。

話はちょっとそれますが、今年の夏、7月初めの日経新聞のスクランブルという欄に、「成長株、割高でも資金流入」「エムスリーなどに集中」という記事がありました。気になった記事だったので記憶に残っていたのですが、ここで紹介されたエムスリーはコモンズで運用するザ・2020ビジョンの主要銘柄の一つです。その時の株価はまだ4,000円台でしたが、今はさらに値上がりをして7,000円台の株価になっています。エムスリーは医療従事者向け情報サイトで製薬会社の情報提供を支援する会社ですが、海外向けも含めてそのサービスは年率で20%~30%の伸び率が予想されています。記事の中で、あるファンドマネージャーは「強いビジネスモデルを保ち、高成長が続く可能性が高い銘柄はPERを気にしていない」と言っていました。キーワードは「高成長が続く」ということだと思いました。

市場では通常、将来の利益は1年先、もしくは2年先くらいの利益をみています。それよりももっと先を予想したとしても、その予想から大きく外れる場合もあるのでリスクを抑えるためです。
では先のファンドマネージャーは、どれくらい先の将来を予想しているのでしょう。
5年先?いやもっと先の10年先?それくらい先の将来を予想しているとすれば、たとえPERが100倍を超えようとも投資できる、はず。そう思います。1年先、2年先じゃない、 もっともっと先をみる長期投資は、見えない将来を「未来を信じる力」をもってみることに投資妙味がある と思うわけです。

で計算できます。EPSとは1株当たりの純利益のことです。
この計算式をもとに、100円の1株当たりの純利益が、10%、20%・・・の利益成長率だとして、1年後、2年後、3年後、10年後の1株当たりの純利益がいくらになっているかをみたのが下の表です。

1株当たりの純利益が100円で10年間投資を続けたとすれば、1,000円を回収するのに10年かかります。1株当たりの利益成長率が10%だと約7年、20%だと約6年、30%だと5年、50%だと4年もかかりません。
そうなるとすれば、PERは何倍くらいが妥当なのか?
株価が1,000円で、1株当たりの純利益が100円で利益成長率が0(ゼロ)とする株式のPERが10倍だとすれば、3年後をみた場合、利益成長率が10%だと12倍、20%だと15倍、30%だと17倍になります。
では、さらに先の5年後をみる場合はどうか。利益成長率が10%だと13倍、20%だと18倍、30%だと24倍になります。さらにもっと先の10年後は、利益成長率が10%だと18倍、20%だと31倍、30%だと55倍です。利益成長率が50%だったら、なんと170倍です。

さきほどのファンドマネージャーはエムスリーに投資する際、「PERを気にしていない」と言っていましたが、そのマネージャーはきっと10年先くらいのエムスリーを想像しているかもしれません。だって40%を超えるような利益成長が続くとすれば、今のPERの100倍なんて気にならないわけですから。

トレーダーふっちーもそう思っています。
今のPERが高くても5年先、10年先を見据えて投資をすれば、今は割高だといわれる株式も、将来的には十分な投資成果が得られると信じています。
だからこそ、 EPS(1株当たり利益)とは EPS(1株当たり利益)とは 長期投資家は、PER100倍の株も平気で買える 、というわけです。

「一株当たり当期純利益(EPS)」と「一株当たり純資産(BPS)EPS(1株当たり利益)とは 」とは?


財務・会計系コンサルティング会社。
ベンチャー企業やローカル企業にCFOコンサルティングを行っています。
「経営者の輩出」を企業理念とし会計や財務の実務支援能力だけでなく、 CFOとして求められる知識や経営センスをより短期間で身に付け、育成することを目指しています。
エスネットワークスは、「経営者の視点でニーズを掴み、経営者の視点で課題を解決し続ける、最強パートナー」を実現すべく、成長し続けています。

ビジネス

ESG投資とは? 企業の見えない価値と企業・社会・地球の持続可能性

  • work-compass-admin
  • 2017年10月5日
  • ビジネス

ビジネス

つみたてNISAを使った「職場つみたてNISA」とは? 金融庁、家計現預金を投資…

  • work-compass-admin
  • 2018年1月8日
  • ビジネス

ビジネス

企業の資金調達方法と会計処理を分かりやすく解説! 社債の会計処理「償却原価法」も…

  • work-compass-admin
  • 2017年3月21日
  • ビジネス

ビジネス

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる