仮想 通貨

トレンドの定義

トレンドの定義
とされています。
何を言っているのかよくわかりませんが、図にしてみるととても簡単です。 トレンドの定義
図を見たら「こんなこと分かってるわいっ!」と思うかもしれませんが、上からの圧力(売)、下からの圧力(買)の強さを判断するための、よりシンプルな材料です。
トレンドフォローで取引をしていく上で、この定義から圧力の強弱を見極める力がとても重要になります。

トレンドの定義

目線を付ける

前回は、チャートを分析するための第一歩として、
相場を「トレンド相場」と「レンジ相場」という2つのパターンにざっくりと分ける、
という事を学びました。
⇒トレンド相場かレンジ相場かを見分ける

トレンド相場とレンジ相場、この2つは、
すでに出来上がってしまっているチャートでならば
おそらくは、割と簡単に見分けがついたかと思います。

ただ、悩ましいことに、実際にリアルタイムで動いている相場では、
「今はトレンド相場なのか?レンジ相場なのか?」
ということを見分けることは、なかなか一筋縄ではいきません。

「トレンド相場なのか?」
「レンジ相場なのか?」

とは言え、トレンド相場とレンジ相場の両方をいっぺんに学んでも、
きっと訳が分からなくなってしまうと思うので、
まずは徹底的に「トレンド相場」について学んでいきましょう!

「トレンドの定義」

「目線の付け方」

まずは前回のおさらい

そして前回、「トレンド相場」には、
上を目指している「アップトレンド」、その反対の下を目指している「ダウントレンド」、
と、この2つがあるということをお伝えしました。

アップトレンド

これを「上目線」とも言います。 トレンドの定義

では、「ダウントレンド」とはどんなやつでしょう?

ダウントレンド

ご想像の通り、これです。 完全に 下を目指しています。

これを「下目線」とも言います。

トレンド相場には、 トレンドの定義

「アップトレンド」か「ダウントレンド」=「上目線」か「下目線」

この2つしかありません。

「やー。とてもシンプルだなぁー。
この2つしかないなら、「トレンド相場」だけ狙って、
ずーっとポジションを保有しておけば、こりゃきっとすぐ大金持ちだ。ニヤリ」

ここからが今回の本題です。

問題1

問題2

むむっ!ですよね。いきなり形勢逆転。 めっちゃ悩ましいです。

実際の相場ってこんなんばっかりです。

悩ましい形のヤツが非常に多いのです。

トレーダーにとっての”道しるべ”的存在

それが 「ダウ理論」 です。

この「ダウ理論」を使えば、
相場が先ほど示した悩ましい図の①と②のような状態の時にも、

『今は アップトレンド なのか? ダウントレンド なのか?
=今は 上目線 なのか? 下目線 なのか?』

という事の判断がビシッと付けられるようになります。

今回の記事では、あなたにこの「目線のつけ方」を覚えてもらいます。

みたいな不安も出てくるかもですが、 そこは心配ご無用。

先に言っておきますが、 我々FXトレーダーは、

この「ダウ理論」の”すべて”をガチガチに理解し、使いこなさなければならない、

ということは 全然 ない です。

申し訳ないくらいに、 いいとこ取り します。

「いや、そんなんでいいの!?」 という声が聞こえてきそうですが、 いいんです。

「トレンドの目線」の判断をつける、

その判断に必要な部分だけ をダウ理論さんから拝借します。

「ダウ理論」の全体像を一瞥しておこう

引用:ウィキペディアより

ダウ理論は、以下の6つの基本法則から構成されている。

①平均はすべての事象を織り込む
政府が発表する経済統計や企業の業績・更には自然災害の様な予測不可能な事象に至るまで、
需給に関するあらゆる事象は全て市場価格に織り込まれる。

市場価格はあらゆるファンダメンタル(材料)の反映であるという考えであり、
その意味で効率的市場仮説の主張に基づいた考えとも言える。

②トレンドには3種類ある
ダウ理論では、価格変動の分析において市場動向(トレンド)を重視する。
そのトレンドを以下の3つに分類している。

主要トレンド:1年~数年のサイクル。

二次トレンド:3週間~3ヶ月のサイクル。

小トレンド :3週間未満のサイクル。

これらのトレンドは互いに独立しているのではなく、
二次トレンドは主要トレンドの調整局面であり、小トレンドは二次トレンドの調整局面として捉えられる。

③主要トレンドは3段階からなる
また、主要トレンドは買い手の動向によって3つの段階からなるとしている。

先行期 :市場価格が下落し全ての悪材料は織り込み済みと判断した少数の投資家が、
いわゆる”底値買い”をする時期。価格は、下落しているか底値圏で上下している。

トレンドの定義

追随期 :市場価格の上昇を見て追随者が買いを入れる時期。価格は、上昇局面にある。

利食い期:価格が充分に上昇したところを見て、先行期に買いを入れた投資家が売りに出て利益を確定する時期。
価格は既にその前から上昇局面にあるものの、その上昇する値幅は小さくなっている。

④平均は相互に確認されなければならない
複数の平均的指標が存在する場合、
その両者に同じシグナルが見られないなら明らかにトレンドとして捉えることは出来ないと考える。

もっともシグナルが同時期に出現する必要はないものの、
直近においてシグナルが発生していればトレンドとして捉えるべきであり、
且つ可能な限り同時期に近ければ確定的としている。

ダウが活躍した時代のアメリカでは、
工業生産が盛んになると共に製品を輸送するための鉄道が整備された時期であった。

工業生産の好調・不振は即座に鉄道業の経営に影響したことから、
ダウが創刊した『ウォールストリート・ジャーナル』では、
ダウ・ジョーンズ工業平均株価と運輸株平均をチャート形式で掲載している。

⑤トレンドは出来高でも確認されなければならない
市場の終値の変動をダウは重視するが、同様にトレンド発生の確認手段として出来高の推移も重視する。

例えば上昇局面においては値上がり時に出来高が増加し値下がり時には出来高が減少、
下降局面においては逆になる。

主要トレンドに従って取引する投資家が多数派であり、
二次トレンドや小トレンドで利益を得ようとする投資家は少数派であると考え、
それが出来高の多少に反映するとする。

⑥トレンドは明確な転換シグナルが発生するまでは継続する
現在の市場で発現しているトレンドは、明確にトレンドの転換シグナルが現れるまで継続し続けるとする。

トレンドに従った売買によって多くの投資家は利益を得るのであり、
トレンドに逆らった売買で利益を得るのは難しい。

「ふむふむ、そういうことね。」 って絶対なりません。

もし上記の文章だけを全部読んで、

一発で「なるほど。」となったら、

おそらくあなたの前世はチャールズ・ダウです。


前世のあなたが唱えた理論です、
きっと。

「トレンドの定義」とは

「連続する高値、安値の各々が、
その前の高値、安値より上である限り、アップトレンド」

uptrend-teigi

高値の上に次の高値があって、安値の上に次の安値が来てますよね。
ダウ理論では、これが続く限り「アップトレンド」とみなします。

「連続する高値、安値の各々が、
その前の高値、安値より下である限り、ダウントレンド」

downtrend-teifi

ダウ理論的に、これが続く限り「ダウントレンド」とみなします。

OK?

これが、「トレンドの定義」です。

この概念は、これからあなたが実際に相場を張っていく上で、
かなり重要な判断材料になるので、
このことは、 必ず今ここで、しっかりと理解してしまって下さい。

トレンドの「目線」とは

この「目線を付ける」とは、ざっくりそのまま、
そのトレンドが「アップトレンドなのか?」「ダウントレンドなのか?」
ということを判断することだと認識してもらってOKです。

「そのトレンドは、まだ継続するのか?」
もしくは、
「転換しそうなのか?」

ダウ理論とは?6つの法則や相場分析に使えるインジケーターを解説

その名前を冠したダウ理論とは、ダウの考案したマーケット理論です。厳密にいえば、ダウ自らが著作を残しているわけではなく、彼がウォール・ストリート・ジャーナルで論説していた内容を、その没後にS・A・ネルソンが『The ABC of トレンドの定義 トレンドの定義 Stock Speculation』で体系化し、またW・ハミルトンが『The Stock Market Barometer』で紹介、そしてロバート・リーが『The Dow Theory』でさらに発展させたという経緯をたどります。

ダウ理論の6つの基本法則

基本原則①:平均株価はすべての事象を織り込む

基本原則②トレンドには3種類ある

上昇トレンド

長期トレンド
(プライマリーサイクル)
上昇または下降の明確な方向性を表す。通常、1年~数年間継続する
中期トレンド
(セカンダリーサイクル)
長期トレンドと逆行する調整局面を表す。通常、3週間~3か月継続する
短期トレンド
(マイナーサイクル)
中期トレンドの短期的な調整局面を表す。通常、数時間~3週間継続する

基本原則③長期トレンドは3段階からなる

長期トレンドは、3段階で構成される

基本原則④平均は相互に確認されなければならない

基本原則⑤トレンドは出来高でも確認されなければならない

基本原則⑥トレンドは転換の明白なシグナルが出るまで継続する

転換シグナル

ダウ理論の分析に使えるインジケーター

OANDA_Auto_fibonacci

OANDA_Auto_fibonacciの表示例

ZigZag(ジグザグ)

ZigZagを表示させたチャート

ZigZagの設定方法

MT4への設定方法

MT5への設定方法

Tradingviewへの設定方法

ダウ理論に関する本

DVD ダウ理論で読み取る FXシンプルチャート分析

図8/DVD ダウ理論で読み取る FXシンプルチャート分析

平野朋之氏監修 ダウ理論を使ったトレードアイデア

FXの相場理論を学びたい方へオススメのコンテンツ

CCI

OANDA証券株式会社 第一種 金融商品取引業 関東財務局長 (金商) 第2137号 加入協会等:一般社団法人 金融先物取引業協会 日本証券業協会 日本投資者保護基金

© since 1996 OANDA Japan Inc All rights reserved."OANDA", "fxTrade" and OANDA's "fx" family of trade marks are owned by OANDA Corporation.
All トレンドの定義 other trade marks appearing トレンドの定義 on this Website are the property of their respective owners.

FXではトレンドフォローが勝ち組のスタイル!トレンドの定義を解明!|トピックスファロー

torenndoforo01

FXで勝率を上げるには、現在のトレンドをきちんと理解することが必要です。
トレンドが1回発生すれば簡単に転換することは少なくなります。
なのでトレンドフォロー(順張り)で取引を進めていくことが、安全な取引といえます。
ですがスキャルピングでトレードを行っている人の中には、トレンドの見極めが出来ている人が少ないようです。 トレンドの定義
たしかに、1日の中でろうそく足の動きを追っていると、常に上下していて方向性が掴みづらいものです。
トレンド発生の騙しにまんまと乗ってしまうという人は、まずトレンドの定義を理解しましょう。

メージャートレンドで国の体制の変化を知る

短い時間枠のチャートの中でもトレードは発生しますが、長い時間枠で見られるトレンドを「メジャートレンド」といいます。
「メジャートレンド」が発生すると、簡単に転換することはありません。 トレンドの定義
なので「メジャートレンド」に乗ることで勝率をあげることができます。
この、トレンドの方向性を崩さない大きな力は、ファンダメンタルで起きるものだからです。
その国の体制の変化を表している動きといってもいい相場です。

シンプルイズベスト!相場を3つに分類

FXで取引をされている方なら、注文や損切、利確のタイミングを誤ったと思った取引を経験していると思います。
もちろん、それは、あなただけがそうしたミスをしてしまうのではなく、世界中のトレーダーも同じミスをしているということです。
そのようなことから、一見複雑なチャートが出来上がっています。
複雑に見えているままトレードを行っても、勝率はあがりません。
相場の動きを優位に把握するためには、シンプルに3つの相場に分類します。

1.アップトレンド
2.ダウントレンド
3.レンジ相場

この分類わけが相場を知るための最初の作業です。
短い時間軸で取引をしている方は、メージャートレンドと逆のトレンドが出ていることもあります。
その時は早めに引き上げるなどの対策のために、メジャートレンドをまず把握してから自分の時間軸のトレンドを把握してください。

ダウ理論から学ぶトレンドの定義

アップトレンドの定義・・・高値・安値の各々が、その前の高値・安値より上にあるもの
ダウントレンドの定義・・・高値・安値の各々が、その前の高値・安値より下にあるもの

torenndoforo02

とされています。
何を言っているのかよくわかりませんが、図にしてみるととても簡単です。
図を見たら「こんなこと分かってるわいっ!」と思うかもしれませんが、上からの圧力(売)、下からの圧力(買)の強さを判断するための、よりシンプルな材料です。
トレンドフォローで取引をしていく上で、この定義から圧力の強弱を見極める力がとても重要になります。

アップトレンドとダウントレンドの違い

この2つのトレンドの違いは、上がるか下がるかだけの違いだけではなく、お互い大きな特徴があります。それは「立ち上がり」です。
簡単な例えですが、アップトレンドは上り坂、ダウントレンドは下り坂、と考えてください。
当然上り坂のほうが大変で、時間もかかります。下り坂になれば力を使わなくても、スピードがでて早く下ることができます。
このことから、アップトレンドよりも、ダウントレンドで利益を上げる方が、より短い時間で結果を出すことができるということになります。
ポジション保有時間が短くなり、メンタル的にも優しくなるので、そのような面で苦労していた方は、ダウントレンドだけで取引というスタイルもありです。またこのようにルールを決めるだけでも、無駄なポジション保有がなくなるので、勝率も上がります。

レンジ相場でのトレード

アップトレンドやダウントレンドでは、トレンドフォローでのトレードが適していますが、レンジ相場では逆張りのトレードスタイルになります。
ですが私は、レンジ相場でのトレードはおすすめしません。
なぜかというと、リスク率と利益率が伴わないケースが多いからです。
ボラティリティ(価格変動率)が高いレンジ相場なら、まだトレードする価値はあるかもしれませんが、基本的にはトレンドが発生するまで待機という方法をおすすめします。
待機という手段も勝率を上げるための大切なトレードスタイルの1つです。

トレンドの定義から見る。トレードの方向性の探り方

トレンドは短い時間枠から発生しますが、信頼度に欠けます。
信頼度が高いトレンドは長い時間枠で発生しているメージャートレンドです。
そこでトレンドを判断する時は、長い時間枠から見ていくようにしましょう。
5分足でトレードをする場合は、日足→4時間足→1時間足→15分足という順番でトレンドを確認していきます。
そこから上、下どちらからの圧力が強いのかを判断し、その方向性でのトレードを心がけます。

またトレンドフォローを意識しすぎて、むやみにポジションを保有してはいけません。
アップトレンドの場合は、直近の安値を下回らなかったかをきちんと判断できてから、ポジションを持ってください。
そして損切は直近の安値を参考にして、動かさないことです。 トレンドの定義
直近の安値を下回ったときは、トレンドの転換の可能性があるので、取り返しのつかないことになってしまうこともあります。

トレンドの定義まとめ

ダウ理論もメジャートレンドも、それどころかFXにおけるどんな分析方法でも「確実」という言葉は存在しません。
FXは確率で利益を上げていくことが大前提であり、負けありきで利益を積んでいく投資です。
ただトレンドに乗るということは、とても勝率が高く優位な手法といえます。 トレンドの定義
ファッションでも音楽でもトレンドを押さえておけば、とりあえずお洒落だといわれるのと同じです。
まずは「トレンド定義を理解して、トレンドに乗る」それが基本中の基本です。
トレーダーの心理が出やすい場面でもあるので、これからのトレードにもきっと役に立ってきますよ。

ダウ理論でトレンドを定義して「目線の切り替え」をする方法とは?

お札でできたトレンドのイラスト

FXの手法&テクニカル分析

この記事は約15分で読めます(11,トレンドの定義 048文字)

ダウ理論をつかって目線を定め、状況の変化に応じて目線を切り替えていくことは、テクニカル分析(チャート分析)の基礎となる重要なスキルです。

トレンドについての「明確な基準」をもつ必要がある

トレンドには上昇と下降の二種類がある

上昇トレンド(上目線)の図

下降トレンド(下目線)の図

「上昇?下降?それとも?」トレンド判断に迷うケース

トレンド判断に迷うケース1の図

トレンド判断に迷うケース2の図

トレンド判断の強い味方「ダウ理論」登場

ダウ理論の6つの法則

  1. 平均はすべての事象を織り込む。
  2. トレンドには3種類ある。
  3. 主要トレンドは3段階からなる。
  4. トレンドの定義
  5. 平均は相互に確認されなければならない。
  6. トレンドは出来高でも確認されなければならない。
  7. トレンドは明確なシグナルが発生するまでは継続する。

ダウ理論1.「平均はすべての事象を織り込む」

これは、 「チャート上にあらわれるレート(価格)そのもの」 のことです。

そしてこのことを示しているのが、ダウ理論の 『平均(価格・値動き)はすべての事象を織り込む』 なのです。

つまりダウ理論は、「値動き・レートそのものが、相場参加者すべての人々の真実の姿をあらわしているんだよ。 だから、チャートがすべてだよ 」と教えてくれているのです。

ダウ理論2.「トレンドには3種類ある」

ダウ理論2の解説図

つまり、 各時間足ごとに個別のトレンドをもっている のであり、大きなトレンドの波の中に、中規模の波が、さらにその中に小規模の波が入っているのです。

ダウ理論3.「主要トレンドは3段階からなる」

ダウ理論法則3の図

ここでは、詳しく理解しようとするよりも、 「トレンドは、あやふやな時期から始まって、だれが見てもトレンドだと分かる時期を経て、最後にひと盛り上がりして、そして終わっていくんだな」 とイメージを持ってもらえれば十分です。

ダウ理論6.「トレンドは明確なシグナルが発生するまでは継続する」

さて、この6番目がダウ理論ではもっとも重要なもので、他は忘れたとしてもこれだけは忘れないで欲しい とても重要なポイント になります。

トレードをしていて悩ましいのは、 「今はトレンド状態なのか?」 を判断することです。

そして、トレンド中の場合は 「いつトレンドが終わったと判断すればいいのか?」 が問題になります。

その 「明確なシグナル」 を理解することで、現在トレンドがどういう状態なのかを判断できるようになります。

ダウ理論におけるトレンドの定義とは?

  1. 上昇トレンド=「高値が切り上がり、安値も切り上がっている状態」
  2. 下降トレンド=「安値が切り下がり、高値も切り下がっている状態」

トレンドの定義の図

このようにダウ理論では、 「高値と安値がどうなっているのか」 に注目して、トレンドの状態を判断していきます。

上昇トレンドの図下降トレンドの図

トレンドの「明確なシグナル」とはなにか?

ということは、この高値と安値を見ていけば 「トレンド状態」 なのか、それともトレンドの継続に黄信号がついて 「トレンドが一旦終わった状態」 なのか、さらには 「反対方向のトレンドが始まった状態」 なのかが判断できるわけです。

そこでまず注目してほしいのが、 「最高値のひとつ前の安値」と「最安値のひとつ前の高値」 です。

重要な高値安値の図

この安値を下抜けたり、高値を上抜けたりすることは、「高値と安値が切り上がっている状態」が崩れることになり、つまり トレンドの定義から外れる ことになります。

ですからそれは 「トレンド状態ではなくなった」 ことを示しているのです。

この重要ポイントにはちゃんと名前があり、それぞれ 「押し安値」と「戻り高値」 と呼びます。

この 「押し安値」と「戻り高値」 をレートが抜けると、トレンドの定義から外れるため、それまでのトレンドは終わったことになり、さらにはトレンド転換する可能性が生じます。

トレンド転換の図

まず上昇トレンドの場合、 押し安値を下抜けたら そこで上昇トレンドは終わりになり、これがダウ理論のいう、 トレンド終了を示す「明確なシグナル」です。

上昇トレンド継続の図

しかし、 この時点では(押し安値を下抜けて出来た)安値は下抜けておらず、まだ高値は明確には切り下げていませんので、 「新たに下降トレンドが始まった」とまでは判断できません。

ここまで分かれば、あなたにも目線が定められる

目線を定めるとは、どういうことか?

あなたがチャートを見て、 何らかの理由 で「買いが有利だ!」と判断したなら、その時あなたは「上目線に定めた」のです。

そして、その 何らかの理由 として有効なのが ダウ理論 です。

ダウ理論をつかって目線を定める方法

押し安値の下抜けで「下目線」にする理由

  1. 買いポジションをもっていた買い勢力は、「このまま下落するんじゃないか?」と心配しはじめ、決済の売り注文を出し始めます。
  2. 売り勢力は「これをチャンスに売っていこう!」と考えて、新規の売り注文を出し始めます。

このように、 売り買い両方の思惑が「売り」で一致しやすくなる場面 だと考えられますので、まだ下降トレンドにはなっていないものの、目線を下に定めてトレードの機会をうかがおう──ということなのです。

トレンドラインとは?引き方と見方、トレードでの活用のポイント

為替相場は一見複雑な動きをしているように見えますが、上昇、下降、横ばいの3つの方向性しかありません。相場は、政治や経済の情勢など様々な要因の影響を受けながら、3つの方向性を順不同に繰り返しています。この方向性のことを「トレンド」と呼び、ジグザグに波打つように形成されています。トレーダーはトレンドに合わせて取引を行なうため、トレンドは一度発生すると一定期間継続する可能性が高いと言われています。相場の世界では、「Trend is Friend (トレンドは友だち)」という言葉があるくらい、トレンドを把握することがFX取引においては非常に重要なので、ぜひこの機会に基礎知識を習得しましょう。

トレンドラインの意味

サポートラインとレジスタンスライン

チャネルラインとの違い

トレンドラインの引き方

上昇トレンド

下降トレンド

横ばい

トレンドラインの見方と活用のポイント

トレンドラインの基本的な見方

FX取引での活用のポイント

トレンドラインは慣れることが大切

マーケット情報

みんなのマーケット

お役立ちコンテンツ

約5分で申込完了!最短当日取引可能

今なら新規口座開設で
最大 50,000 円キャッシュバック

App Store アイコン Google Play アイコン

【取引に関する注意事項】
■店頭外国為替証拠金取引「みんなのFX」「みんなのシストレ」、店頭外国為替オプション取引「みんなのオプション」及び店頭暗号資産証拠金取引「みんなのコイン」は元本や利益を保証するものではなく、相場の変動等により損失が生ずる場合がございます。お取引にあたっては契約締結前交付書面及び約款を十分にご理解頂き、ご自身の責任と判断にてお願いいたします。
■みんなのFX、みんなのシストレにおける個人のお客様の証拠金必要額は、各通貨のレートを基に、お取引額の4%(レバレッジ25倍)となります。ただし、トルコリラ/円及びロシアルーブル/円においてはお取引額の10%(レバレッジ10倍)となります。法人のお客様の証拠金必要額は、金融先物取引業協会が算出した通貨ペアごとの為替リスク想定比率を取引の額に乗じて得た額又は当該為替リスク想定比率以上で当社が別途定める為替リスク想定比率を乗じて得た額となります。為替リスク想定比率とは、金融商品取引業等に関する内閣府令第 117 条第 27 項第 1 号に規定される定量的計算モデルを用い算出されるものです。 トレンドの定義
■みんなのコインにおける証拠金必要額は、各暗号資産の価格を基に、個人のお客様、法人のお客様ともにお取引額の50%(レバレッジ2倍)となります。
■みんなのFX、みんなのシストレ、みんなのコインはレバレッジの効果により預託する証拠金の額以上の取引が可能となりますが、預託した証拠金の額を上回る損失が発生するおそれがございます。
■みんなのFX、みんなのシストレ、みんなのオプション、みんなのコインの取引手数料及び口座管理費は無料です。ただし、みんなのコインにおいて建玉を翌日まで持ち越した場合、別途建玉管理料が発生します。
■みんなのシストレの投資助言報酬は片道0.2Pips(税込)でありスプレッドに含まれております。
■みんなのFX、みんなのシストレにおけるスワップポイントは金利情勢等に応じて日々変化するため、受取又は支払の金額が変動したり、受け払いの方向が逆転する可能性がございます。
■みんなのFX、みんなのシストレ、みんなのコインにおいて当社が提示する売付価格と買付価格には価格差(スプレッド)がございます。お客様の約定結果による実質的なスプレッドは当社が広告で表示しているスプレッドと必ずしも合致しない場合もございます。お取引に際して、当社が広告で表示しているスプレッドを保証するものではありません。
■みんなのFX、みんなのシストレ、みんなのコインにおけるロスカットルールは、必ずしもお客様の損失を限定するものではなく、相場変動等により、預託した証拠金以上の損失が発生するおそれがございます。
■みんなのオプションは満期時刻が到来すると自動行使されるヨーロピアンタイプのバイナリーオプション取引です。オプション料を支払うことで将来の一定の権利を購入する取引であることから、その権利が消滅した場合、支払ったオプション料の全額を失うこととなります。購入価格と売却価格は変動します。1Lotあたりの最大価格は、購入の場合990円、売却の場合1,000円です。オプション購入後の注文取消は行う事ができませんが、取引可能期間であれば売却は可能です。ただし、売却価格と購入価格には価格差(スプレッド)があり、売却時に損失を被る可能性があります。相場の変動により当社が提示する購入価格よりもお客様に不利な価格で購入が成立する場合があります。また当社の負うリスクの度合いによっては注文の一部もしくは全部を受け付けられない場合がございます。
■暗号資産は本邦通貨または外国通貨ではありません。法定通貨とは異なり、特定の国等によりその価値が保証されているものではなく、代価の弁済を受ける者の同意がある場合に限り代価の弁済に使用することができます。

日本証券業協会

金融商品取引業者 関東財務局長(金商)第123号 加入協会:日本証券業協会 一般社団法人 金融先物取引業協会 トレンドの定義 一般社団法人 第二種金融商品取引業協会 一般社団法人 日本投資顧問業協会 一般社団法人 日本暗号資産取引業協会 日本投資者保護基金
FX・バイナリーオプション・システムトレードなら、「みんエフ」でお馴染みのみんなのFX!みんなのFXは、トレイダーズホールディングス株式会社(スタンダード市場上場8704)の100%子会社であるトレイダーズ証券株式会社が運営しています。

金融商品取引業者 関東財務局長(金商)第123号 加入協会 日本証券業協会 金融先物取引業協会 第二種金融商品取引業協会 日本投資顧問業協会 トレイダーズ証券は、上場企業トレイダーズホールディングス(スタンダード市場上場8704)の100%子会社です。

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる