トレーディング手法

専用アプリでスピーディーに取引

専用アプリでスピーディーに取引
プレスリリース提供:PR TIMES リンク

Pythonでビットコインの自動取引入門!『Pythonで始めるAIシステムトレード開発入門』発行 技術の泉シリーズ、5月の新刊

<<発行主旨・内容紹介>>
本書はプログラミング言語「Python」を用いたビットコインの自動取引プログラムを構築するノウハウについて初心者向けにわかりやすく解説したものです。本書を読めば、Pythonでビットコインの自動取引プログラムを作成するに当たっての基礎的な知識が身につきます。細かいバックテストや戦略の検討ではなく、実際に動かせる自動取引プログラムの作成にフォーカスしたものとなります。
(本書は、次世代出版メソッド「NextPublishing」を使用し、出版されています。)

<<目次>>
第1章システムトレードの概要
第2章Pythonの基本知識
第3章ビットコインの自動取引プログラムを作成する
第4章トレード戦略のバックテスト
第5章AIを用いたビットコインの価格予測

<<著者紹介>>
ミナピピン
東京在住の27歳 SIer・ベンチャー企業などでエンジニア経験を経た後、現在は大手広告代理店の関連会社で購買データなどを用いたマーケティング分析業務に従事。休みの日は仮想通貨関連の情報収集やビットコインの自動取引を始めとする自動化ツール作成や、周りのメンバーについていくための自己研鑽とゲームで潰れます。転職の際に陰キャという理由でサイバー〇ージェントに落とされたのでアウトドア系の趣味も作ろうと模索中。最近資産運用に興味を持ち、ビットコインとSP500の積み立てを開始。やりたいことが多すぎてブログや参考書の執筆活動などのアウトプットに中々時間が割けないことが最近の悩み。

<<販売ストア>>
電子書籍:
Amazon Kindleストア、楽天koboイーブックストア、Apple Books、紀伊國屋書店 Kinoppy、Google Play Store、honto電子書籍ストア、Sony Reader Store、BookLive!、BOOK☆WALKER、BOOK TECH
印刷書籍:
Amazon.co.jp、三省堂書店オンデマンド、hontoネットストア、楽天ブックス
各ストアでの販売は準備が整いしだい開始されます。
全国の一般書店からもご注文いただけます。

<<技術の泉シリーズについて>>
『技術の泉シリーズ』は、技術者の知見のアウトプットである技術同人誌を底本とした、2017年創刊の技術書シリーズです。NextPublishingによるスピーディーな編集制作とプリントオンデマンドによる1冊からの印刷製本により、技術の変化に追従しつつ返品や品切れのないサスティナブルな出版モデルを特徴としています。本シリーズを通じて、エンジニアの“知の結晶”である技術同人誌の世界に、より多くの方が触れていただくきっかけとなることを目指しています。
[画像2: リンク ]


【インプレスR&D】 リンク
株式会社インプレスR&D(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:井芹昌信)は、デジタルファーストの次世代型電子出版プラットフォーム「NextPublishing」を運営する企業です。また自らも、NextPublishingを使った「インターネット白書」の出版などIT関連メディア事業を展開しています。
※NextPublishingは、インプレスR&Dが開発した電子出版プラットフォーム(またはメソッド)の名称です。電子書籍と印刷書籍の同時制作、プリント・オンデマンド(POD)による品切れ解消などの伝統的出版の課題を解決しています。これにより、伝統的出版では経済的に困難な多品種少部数の出版を可能にし、優秀な個人や組織が持つ多様な知の流通を目指しています。

【お問い合わせ先】
株式会社インプレスR&D NextPublishingセンター
TEL 03-6837-4820
電子メール: [email protected]

プレスリリース提供:PR TIMES リンク

「地銀共同センター」と「MEJAR」でアプリ相互流通スキームを立ち上げ ~地域金融機関のデジタル戦略をNTTデータが支援~

株式会社NTTデータ(代表取締役社長 本間 洋、以下、NTTデータ)は、「地銀共同センター・MEJARシステム・ワーキンググループ(以下、CMS-WG 注1 )」の取り組みの第1弾として、オンラインデータ連携基盤 注2 /Service Engagement Hub™ 注3 を活用したアプリ相互流通スキーム(以下、相互流通スキーム)を立ち上げました。CMS-WG はNTTデータ地銀共同センター(以下、地銀共同センター)の参加行13行 注4 、およびMEJARを共同利用している全5行 注5 専用アプリでスピーディーに取引 が立ち上げ、NTTデータもメンバーとして主にテクノロジー面の支援で参画するワーキンググループです。
相互流通スキームは、効率的なデジタル分野のサービス拡張を目的として、両センターの枠組みを超えて業務アプリの活用検討・開発・流用ができる仕組みです。今後、CMS-WGの参加行以外の金融機関にも、幅広く参画をいただく予定です。

社会におけるデジタル化の加速やコロナ禍による非対面取引へのシフトなど、事業環境が大きく変化する中で、地域金融機関はデジタル化の取り組みを強化しています。これまで、デジタル分野のサービス提供の取り組みとして、地銀共同センターではService Engagement Hubを、MEJARではオンラインデータ連携基盤をそれぞれ開発してきました。これらは外部サービスや銀行システムとのAPI接続を可能とし、金融機関のデジタル化を推進するもので、システムとして共通的な部分が多く存在します。こういった背景から、両サービス上で動作する業務アプリの相互流通による、デジタル分野での効率的なサービス拡充を目指し、CMS-WG参加行を中心として、相互流通スキームを立ち上げました。NTTデータは本WGのメンバーとして、引き続き主にテクノロジー面での支援を実施していきます。

相互流通スキームの概要

  • 両センターの先発行で開発済みの業務アプリ(約20業務)※について、業務アプリ利用希望行(流用行)による流用を可能とする。流用行は、先発行の事務を踏襲することで、短期間かつ低コストでアプリを開発できる。
    ※流用予定業務アプリ案:「法人ポータルからのインターネットバンキング申込受付」「当座貸越ウェブ受付」「住宅ローンウェブ受付」等
  • 新たな業務アプリの両センターでの共同検討の実施。
  • 今後、両センターに加え、他行・他共同センター(CMS-WG以外の銀行)への業務アプリ提供を検討予定。

今後の取り組み

NTTデータはCMS-WGにおけるテクノロジーでの全面的な支援を通じて、地銀共同センターおよびMEJARの参加行に価値を提供します。また、さらなる拡張として、オンラインデータ連携基盤およびService Engagement Hubで提供する業務アプリを、BeSTA ® 注6 を採用する金融機関に留まらず、その他の金融機関に対しても提供することを目指し、検討を進めていきます。

  • 注1 https://www.nttdata.com/jp/ja/news/release/2021/110901/
  • 注2 「オンラインデータ連携基盤」は、外部サービスや銀行システムと容易にAPI連携し、新しい顧客サービスをスピーディーに開発することを可能とする基盤です。
    https://www.nttdata.com/jp/ja/news/release/2021/012801/
  • 注3 「Service Engagement Hub」は銀行業務のワークフロー化やAPI連携により、地域金融機関の業務を効率化する共同利用型サービスです。
    https://www.nttdata.com/jp/ja/news/release/2021/102801/
  • 注4 「地銀共同センター」は、NTTデータが構築・運営する、地方銀行・第二地方銀行向け基幹系共同センターです。
    参加行は以下のとおりです。(利用開始および銀行コード順)
    京都銀行、千葉興業銀行、岩手銀行、池田泉州銀行、愛知銀行、福井銀行、青森銀行、秋田銀行、四国銀行、鳥取銀行、西日本シティ銀行、大分銀行、山陰合同銀行
  • 注5 「MEJAR」は、NTTデータが構築・銀行が主体で運営する、地方銀行・第二地方銀行向け基幹系共同センターです。
    参加行は以下のとおりです。(利用開始および銀行コード順)
    横浜銀行、北海道銀行、北陸銀行、七十七銀行、東日本銀行
  • 注6 「BeSTA」(Banking application engine for STandard Architecture)は、ベンダーを特定しないNTTデータの標準バンキングアプリケーションです。
  • 「Service Engagement Hub」は商標出願中です。
  • 「BeSTA」は日本国内における株式会社NTTデータの登録商標です。
  • その他の商品名、会社名、団体名は、各社の商標または登録商標です。

本件に関するお問い合わせ先

製品・サービスに関するお問い合わせ先

株式会社NTTデータ
第二金融事業本部
第二バンキング事業部
高橋、長尾、井上、緒方
TEL:050-5546-8933
第二金融事業本部
第三バンキング事業部
高木、田中、齋藤
TEL:050-5546-7900

専用アプリでスピーディーに取引

使用イメージ

ITANDI 専用アプリでスピーディーに取引 BB / ITANDI BB+ とは

入居者管理

物確電話応答

物件情報を自動連携

顧客管理と追客

リアルタイム業者間サイト

使用イメージ

導入企業様の生の声

株式会社富士建設工業新宿支店様

東京建物不動産販売株式会社様

中央企画株式会社様

不動産賃貸業務のDXサービス群 イタンジビービー プラス

内見予約くん24時間365日オンラインで いつでも内見受付

申込受付くん・電子契約くん利用数No.1 入居申込のWeb受付システム

更新退去くん更新・退去の郵送手続きを Webで一元管理

ぶっかくん物確対応を自動化して 業務効率アップ!

ノマドクラウド追客に特化した 専用アプリでスピーディーに取引 顧客管理システム

リアルタイム業者間サイト「ITANDI BB」と連携し、空室状況を自動確認&日程調整メールを自動送信。 営業時間外の問い合わせに対する機会損失を防ぎます。

専用アプリでスピーディーに取引

FX取引上級者にも対応した高機能チャートや自分好みにカスタマイズできる機能を搭載

LINE証券株式会社(本社:東京都品川区、代表取締役Co-CEO:落合 紀貴・米永 吉和)は、外国為替証拠金取引サービス(以下、FX取引)「LINE FX」において、PC版取引ツール「LINE FX Pro」の提供を開始いたしましたのでお知らせいたします。

/stf/linecorp/ja/pr/LINEFXpctoolmain.png

「LINE FX」は、2020年3月にアプリ版でのサービス提供を開始いたしました *1 。サービス開始からわずか約8か月で口座開設数は10万人を突破するなど多くのユーザーの方々に支持されており、2020年3月から9月においては新規口座開設数が業界No1 専用アプリでスピーディーに取引 *2 となりました。また、2020年12月には取引通貨ペアを10通貨ペアから23通貨ペアへと拡大、取引単位も1,000通貨へと引き下げたことで一部の新興国通貨では数百円からの取引が可能となっております*3。

このたび、FX取引初心者からFX取引上級者まで幅広いユーザーの方々に、より本格的で高機能なFX取引サービスを提供するため、「LINE FX」をPCでご利用できるPC版取引ツール「LINE FX Pro」のサービス提供を開始いたしました。

「LINE FX Pro」の特長

  • FX取引に不可欠な情報を1画面に集約!レイアウトも使い方も自由自在に

「LINE FX Pro」は、アプリ版とは異なり大画面ディスプレイでの表示に対応。本格的なFX取引に必要不可欠な情報を1画面に集約しました。また、複数のウィンドウを起動することもでき、為替レートやニュース等の最新情報を同時に確認しながら、注文・チャートに瞬時にアクセスすることが可能です。さらに、最大6つまで自由にレイアウトをカスタマイズし、保存することもできます。

/stf/linecorp/ja/pr/LINEFXpctool01.png

  • 1クリックでストリーミング注文が可能!快適でスピーディな取引を実現

「LINE FX Pro」では、ストリーミング注文を新規注文画面にて1クリックで実行することが可能です。また、トレードパネル画面では同時に複数の通貨ペアの値動きを確認しながら注文条件をその場で変更することができ、快適でスピーディなFX取引を実現しました。

/stf/linecorp/ja/pr/LINEFXpctool02.png

  • 21種類のテクニカル指標に対応した見やすく高機能なチャートを搭載!

FX取引上級者にも対応できるように「LINE FX Pro」のチャート画面は21種類のテクニカル指標に対応しているほか、複数のテクニカル指標を同時に表示することが可能です。また、ローソク足のほかライン・バーチャートにも対応しており、多様なラインを簡単に描写できるなど、見やすく高機能なチャートを搭載しています。

/stf/linecorp/ja/pr/LINEFXpctool03.png

    専用アプリでスピーディーに取引
  • 背景のテーマカラーやチャート表示などを自分好みにカスタマイズが可能!

「LINE FX Pro」は、ユーザー1人ひとりに合った使いやすいサービスの提供を目指し、豊富なカスタマイズ設定をご用意しました。背景の色を黒から白を基調としたテーマに変更できるほか、注文の初期設定やチャートの色などの設定を自分好みにカスタマイズすることが可能です。

/stf/linecorp/ja/pr/LINEFXpctool04.png

  • 別途アプリのインストールは不要!普段ご利用のPCからFX取引の利用が可能

「LINE FX Pro」は、スマートフォンで「LINE FX」アプリをインストールしていなくても、普段ご利用いただいているPCのブラウザからご利用いただけます。また、既に「LINE FX」アプリをご利用いただいている場合には、アプリでの取引状況をそのまま「LINE FX Pro」にてご利用いただくことが可能です *4 。

※「LINE FX」の口座開設申込みは、「LINE FX」公式サイト( https://line-fx.com/ )のほか、「LINE」、「LINE FX」アプリからも可能です。

<LINE証券とは>

2019年8月のサービス開始以来、1株単位で取引ができる「いちかぶ(単元未満株)」、投資信託、FX取引サービス「LINE FX」、取引所取引(現物取引・信用取引)の取扱いと、サービス提供からわずか1年にも満たない期間で株式取引に関するサービスについてフルラインナップを取り揃えております。直近では、「投資信託のつみたて投資」の提供など、お客さまのニーズに寄り添いながらサービスラインナップを拡充しており、総口座数は31万口座を突破 *5 しております。

<LINE証券株式会社の概要>

(2) 専用アプリでスピーディーに取引 所在地:東京都品川区西品川一丁目1番1号 住友不動産大崎ガーデンタワー22階

(3) 代表者:代表取締役Co-CEO落合 紀貴(LINE株式会社)、米永 吉和(野村證券株式会社)

(4) 事業内容:資産形成層をターゲットとした非対面証券ブローカレッジおよび非対面証券投資コンサル ティングサービスの提供等

FX取引(店頭外国為替証拠金取引)は、一定の証拠金を当社に担保として差し入れ、外国通貨の売買を行う取引です。多額の利益か?得られることもある反面、多額の損失を被る危険を伴う取引です。預託した証拠金に比べて大きな金額の取引が可能なため、金利、通貨の価格、金融商品市場における相場その他の指標に係る変動を直接の原因として損失が生じ、その損失の額が預託した証拠金の額を上回るおそれがあります。取引手数料は0円です。ただし、当社が提示する通貨の価格の売値と買値の間には差額(スプレッド)があります。注文の際には、各通貨ペアとも取引金額に対して 4%以上(レパレッジ 25 倍)の証拠金か?必要になります。当社でお取引を行うに際しては、「店頭外国為替証拠金取引の取引説明書」等をよくお読みいただき、取引内容や仕組み、リスク等を十分にご理解いただき、ご自身の判断にてお取引ください。

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる