フォレックス

FX取引の利点

FX取引の利点
各種お知らせ

You must read the following information before proceeding. When you have read the information set out below, please click on the "I confirm FX取引の利点 that I have read and understand the above information" link at the bottom of the page to acknowledge that you have read the information and to continue.

This website is directed only at residents of Japan and the information provided is not for distribution outside Japan. Shares of the NEXT FUNDS are not offered for sale or distribution outside of Japan.

Not all securities, products or services described in the website are available everywhere. The FX取引の利点 information contained in this website is for information purposes only and does not constitute a distribution, an offer to sell or the solicitation of an offer to buy any securities or FX取引の利点 provide any services in any jurisdiction in which such distribution or offer is not authorized. Although the information provided on this site is obtained or compiled from sources that Nomura Asset Management Co., Ltd. believes to be FX取引の利点 reliable, Nomura Asset Management Co., Ltd. cannot and does not guarantee the accuracy, certainty or completeness of the information FX取引の利点 and materials contained in this website.

The information on this website is for reference purposes only and does not constitute an offer to sell or the solicitation of an offer to buy securities by Nomura Asset Management Co., Ltd. to any person in Japan.

Furthermore, the information on this website is not made or directed to any person in the United Kingdom and under no circumstance shall the provision of the information on this website be deemed to constitute an offer of securities or an offer to provide any services to any person in FX取引の利点 the United Kingdom.

Furthermore, the information on this website is not made or directed to any person in the United States or to any U.S. Person. Under no circumstances shall the provision of the information on this website be deemed to constitute an offer of securities or an offer to provide any services to any person in the United States or to any U.S. Person as defined under the Securities Act of 1933, as amended. Residents of the United States are specifically prohibited from investing in the NEXT FUNDS and no person may offer investment in these funds to residents of the United States.

国内株式のリスクと費用について

国内株式の委託手数料は「超割コース」「いちにち定額コース」の2コースから選択することができます。
〔超割コース(現物取引)〕
1回のお取引金額で手数料が決まります。
取引金額 取引手数料
5万円まで 55円(税込)
10万円まで 99円(税込)
20万円まで 115円(税込)
50万円まで 275円(税込) FX取引の利点
100万円まで535円(税込)
150万円まで640円(税込)
3,000万円まで1,013円(税込)
3,000万円超 1,070円(税込)

〔超割コース(信用取引)〕
1回のお取引金額で手数料が決まります。
取引金額 取引手数料
10万円まで 99円(税込)
20万円まで 148円(税込)
50万円まで 198円(税込)
50万円超 385円(税込)

超割コース大口優遇の判定条件を達成すると、以下の優遇手数料が適用されます。大口優遇は一度条件を達成すると、3ヶ月間適用になります。詳しくは当社ウェブページをご参照ください。
〔超割コース 大口優遇(現物取引)〕
1回のお取引金額で手数料が決まります。
取引金額 取引手数料
10万円まで 0円
20万円まで110円(税込)
50万円まで 261円(税込)
100万円まで 468円(税込)
150万円まで559円(税込)
3,000万円まで 886円(税込)
3,000万円超936円(税込)

〔超割コース 大口優遇(信用取引)〕
約定金額にかかわらず取引手数料は0円です。

〔いちにち定額コース〕
1日の取引金額合計(現物取引と信用取引合計)で手数料が決まります。
1日の取引金額合計 取引手数料
100万円まで0円
200万円まで 2,200円(税込)
300万円まで 3,300円(税込)
以降、100万円増えるごとに1,100円(税込)追加。
※1日の取引金額合計は、前営業日の夜間取引と当日の日中取引を合算して計算いたします。
※一般信用取引における返済期日が当日の「いちにち信用取引」、および当社が別途指定する銘柄の手数料は0円です。これらのお取引は、いちにち定額コースの取引金額合計に含まれません。

  • カスタマーサービスセンターのオペレーターの取次ぎによる電話注文は、上記いずれのコースかに関わらず、1回のお取引ごとにオペレーター取次ぎによる手数料(最大で4,950円(税込))を頂戴いたします。詳しくは取引説明書等をご確認ください。
  • 信用取引には、上記の売買手数料の他にも各種費用がかかります。詳しくは取引説明書等をご確認ください。
  • 信用取引をおこなうには、委託保証金の差し入れが必要です。最低委託保証金は30万円、委託保証金率は30%、委託保証金最低維持率(追証ライン)が20%です。委託保証金の保証金率が20%未満となった場合、不足額を所定の時限までに当社に差し入れていただき、委託保証金へ振替えていただくか、建玉を決済していただく必要があります。
    レバレッジ型ETF等の一部の銘柄の場合や市場区分、市場の状況等により、30%を上回る委託保証金が必要な場合がありますので、ご注意ください。

【貸株サービス・信用貸株にかかるリスクおよび費用】

リスクについて 貸株サービスの利用に当社とお客様が締結する契約は「消費貸借契約」となります。株券等を貸付いただくにあたり、楽天証券よりお客様へ担保の提供はなされません(無担保取引)。
(信用貸株のみ) 株券等の貸出設定について 信用貸株において、お客様が代用有価証券として当社に差入れている株券等(但し、当社が信用貸株の対象としていない銘柄は除く)のうち、一部の銘柄に限定して貸出すことができますが、各銘柄につき一部の数量のみに限定することはできませんので、ご注意ください。

当社の信用リスク 当社がお客様に引渡すべき株券等の引渡しが、履行期日又は両者が合意した日に行われない場合があります。この場合、「株券等貸借取引に関する基本契約書」・「信用取引規定兼株券貸借取引取扱規定第2章」に基づき遅延損害金をお客様にお支払いいたしますが、履行期日又は両者が合意した日に返還を受けていた場合に株主として得られる権利(株主優待、議決権等)は、お客様は取得できません。 投資者保護基金の対象とはなりません 貸付いただいた株券等は、証券会社が自社の資産とお客様の資産を区別して管理する分別保管および投資者保護基金による保護の対象とはなりません。 手数料等諸費用について お客様は、株券等を貸付いただくにあたり、取引手数料等の費用をお支払いいただく必要はありません。 配当金等、株主の権利・義務について 貸借期間中、株券等は楽天証券名義又は第三者名義等になっており、この期間中において、お客様は株主としての権利義務をすべて喪失します。そのため一定期間株式を所有することで得られる株主提案権等について、貸借期間中はその株式を所有していないこととなりますので、ご注意ください。(但し、信用貸株では貸借期間中の全部又は一部においてお客様名義のままの場合もあり、この場合、お客様は株主としての権利義務の一部又は全部が保持されます。)株式分割等コーポレートアクションが発生した場合、自動的にお客様の口座に対象銘柄を返却することで、株主の権利を獲得します。権利獲得後の貸出設定は、お客様のお取引状況によってお手続きが異なりますのでご注意ください。貸借期間中に権利確定日が到来した場合の配当金については、発行会社より配当の支払いがあった後所定の期日に、所得税相当額を差し引いた配当金相当額が楽天証券からお客様へ支払われます。 株主優待、配当金の情報について 株主優待の情報は、東洋経済新報社から提供されるデータを基にしており、原則として毎月1回の更新となります。更新日から次回更新日までの内容変更、売買単位の変更、分割による株数の変動には対応しておりません。また、貸株サービス・信用貸株内における配当金の情報は、TMI(Tokyo Market Information;東京証券取引所)より提供されるデータを基にしており、原則として毎営業日の更新となります。株主優待・配当金は各企業の判断で廃止・変更になる場合がありますので、必ず当該企業のホームページ等で内容をご確認ください。 大量保有報告(短期大量譲渡に伴う変更報告書)の提出について 楽天証券、または楽天証券と共同保有者(金融商品取引法第27条の23第5項)の関係にある楽天証券グループ会社等が、貸株対象銘柄について変更報告書(同法第27条の25第2項)を提出する場合において、当社がお客様からお借りした同銘柄の株券等を同変更報告書提出義務発生日の直近60日間に、お客様に返還させていただいているときは、お客様の氏名、取引株数、契約の種類(株券消費貸借契約である旨)等、同銘柄についての楽天証券の譲渡の相手方、および対価に関する事項を同変更報告書に記載させていただく場合がございますので、予めご了承ください。 税制について 株券貸借取引で支払われる貸借料及び貸借期間中に権利確定日が到来した場合の配当金相当額は、お客様が個人の場合、一般に雑所得又は事業所得として、総合課税の対象となります。なお、配当金相当額は、配当所得そのものではないため、配当控除は受けられません。また、お客様が法人の場合、一般に法人税に係る所得の計算上、益金の額に算入されます。税制は、お客様によりお取り扱いが異なる場合がありますので、詳しくは、税務署又は税理士等の専門家にご確認ください。

店頭取引と取引所取引の違い

もうひとつの特徴がスワップポイントの計算です。
店頭FXの場合、スワップポイントの一部がFX会社の手数料として引かれていることが多いので、同じ通貨の組み合わせでも受取額と支払額が異なります。
一方、くりっく365の場合、同じ通貨の組み合わせであれば、受取額と支払額は同額となります。
南アフリカランド/円や2015年5月11日に上場されたトルコリラ/円など高金利通貨で長期保有を検討している人は店頭取引よりも「くりっく365」の方がより多くスワップポイントを受け取る場合が高いのでその分有利です。

ポイント3 スリッページ

スリッページ(slippage)とは発注価格と約定価格が異なることを意味します。
これは一般的な店頭FX取引の際には発生しえることで各社の取引画面の中にはスリッページの設定項目があります。
「くりっく365」は公的な取引所FX取引なのでマーケットメイカーが提供する数量の範囲内であれば、注文は多くの場合そのレートで即座に約定します。
急激な相場変動でマーケットメイカーにとって不利な状況が発生したからといって、恣意的に約定が拒否されるようなことはありません。

上記で見た様々なポイントからも「安心」「透明」「信頼」の取引所FXだと言えるでしょう。
「くりっく365」が顧客口座数・証拠金残高で日本一になったのも店頭FX取引と比較して魅力ある取引だったこともあるのではないでしょうか。
(※店頭FX取引を含む為替証拠金市場全体の比較(矢野経済研究所調べ)

東京本社

大阪支店

セミナーで一緒に勉強しませんか?

RSSフィード

各種お知らせ

「くりっく365」「くりっく株365」におけるリスクについて

・「くりっく365」「くりっく株365」は、元本及び収益が保証された取引ではありません。取引の額が預託された証拠金に対して非常に大きく、相場急変動等により建玉を維持するため追加証拠金の預託が必要となる場合や、お客様が預託された証拠金を上回る損失が生じる恐れがある取引です。
・ご契約・お取引に際しましては、当該商品等の「契約締結前交付書面」「取引説明書」等をよくお読みいただき、取引の仕組み・内容・リスク等を十分ご理解の上、ご自身の判断と責任においておこなってください。
・くりっく株365・くりっく365ではマーケットメイク方式を採用しており、表示する売付価格と買付価格に差があります。くりっく365の証拠金額は、レバレッジ25倍上限付きHV方式で計算されており、くりっく株365の証拠金額はリスクに応じて算定される方式を採用しているためレバレッジ比率は一定ではありません。最新の証拠金額は「証拠金基準額(くりっく365・くりっく株365)」よりご確認ください。
・くりっく株365・くりっく365では注文が成立した際に手数料が掛かります。手数料の額はお取引口座の内容や銘柄により異なり、くりっく株365では1枚あたり最大で4,400円(税込)、くりっく365の通常銘柄では1枚あたり最大1,100円(税込)、くりっく365のラージ銘柄では1枚あたり最大で11,000円(税込)です。詳しくは「サービス内容と手数料(くりっく365・くりっく株365)」をご確認ください。

金融商品取引業者 関東財務局長(金商)第1614号
商品先物取引業者 農林水産省指令28食産第3988号
経済産業省20161108商第10号

加入協会:日本証券業協会 一般社団法人金融先物取引業協会 日本商品先物取引協会

※「くりっく365」「取引所為替証拠金取引 くりっく365」「取引所FX くりっく365」は、株式会社東京金融取引所の登録商標であり、同取引所が上場している取引所為替証拠金取引の愛称です。

業界では常識?FXで複数口座を持つべき理由とメリット、デメリット

FX複数口座アイキャッチ

むしろ、口座を作るだけでキャッシュバックを受け取ることができます。FX会社では、利用者を増やすために、さまざまなキャンペーンを実施しています。具体的には、新規で口座を開くときや友達を紹介するときなどに FX取引の利点 キャッシュバックされるキャンペーンがあります。 特にLINE FXなどの一部のFX会社では、口座開設後に 一回取引するだけで数千円のキャッシュバックが帰ってくるお得なキャンペーンを開催しており、キャッシュバック狙いなら外せないFX会社でしょう。

メリット③リスクヘッジができる

1つのFX会社だけで取引し続けるのは、ハイリスクです。なぜならどんなFX会社でも、相場が急変したときや何らかの障害が起きたときには、 取引ができなくなる可能性があるからです。

もしポジションを持ってなければ、取引ができずに機会損失するだけでしょう。またポジションを持っている場合、 決済ができず相場が変動して損失が出てしまう事もあります。

「ポジション」とは
ポジションとはFX取引において、「持ち高」という意味です。通貨を新しく買ったり、売ったりした分をポジションといいます。 買いポジションは「ロング」、売りは「ショート」といいます。FX取引では主にこの2つを使い分けて利益を狙います。

もしメイン口座だけしか持っていないとしたら、 万一に備えてサブの口座を開設しましょう。

メリット④長期と短期の取引口座を分けて管理できる

fx特徴

短期取引のポイント

  • スプレッドが狭い
  • 約定力が高い

「スプレッド」とは
FXのスプレッドとは顧客が取引をする際の買値と売値の差のことです。スプレッドが狭いほうが低コストです。

「スキャルピング」とは
スキャルピングとは、数秒や数分単位で売買を繰り返し、小さな利益を積み重ねていくFXの手法の1つ。

「約定(やくじょう)」とは
約定とは、売買が成立すること。

「カバー取引」とは
カバー取引は「カバーディール」とも呼ばれます。FX会社が、顧客が行った取引量と同じ取引量を銀行や証券会社に行うことを指しています。例えば、顧客が1ドル=100円の為替レートのときに10万通貨を注文します。すると、FX会社は銀行や証券会社に対して顧客が注文した分と同じ10万通貨を注文します。この理由は関連記事を御覧ください。

長期取引のポイント

  • スワップポイントが高い

「スワップポイント」とは
通貨ペアの金利差額から得られる利益のことです。低金利の通貨を売り、高金利の通貨を買うことで利益を得ることができます。

メリット⑤FXに関する情報量が増える

主要FX会社のキャンペーン内容と達成条件

キャッシュバックが高額

FX取引の利点
会社名 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14
MATSUI FX

キャッシュバック条件が簡単

会社名 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
LINE FX

スプレッド

FX取引の利点 FX取引の利点
会社名 1 2 3 45 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20
DMM FX

複数のFX口座を開設するならどこ?

ヒロセ通商

ヒロセ通商トップ画面

DMM FX

dmm fx トップ画面

インヴァスト証券

インヴァスト証券トップ画面

羊飼いさん

金融比較

金融比較

初めてFXの複数口座を開設するポイント

初めてFXで複数口座を開設する際のポイントは、今の口座がベストか分からないことを前提に検討することです。最初に開設した口座を何となく使っているという人も多いでしょう。

今のFX会社で不満に感じている部分は、実は別のFX会社ではクリアできる場合もあるでしょう。実際に、最初に開設したFX会社より後から開設した口座のほうが良かったというトレーダーは多いようです。口座開設は無料なので、各社を比較し資産運用を最大限に効率化させられるFX会社の模索をしてみましょう。

FXで複数口座を開設するデメリット3つ

FXで複数口座を開設するデメリット3つ

  1. 1つの口座で取引するよりも証拠金が増える
  2. 複数の会社からメールが来るので煩わしい
  3. 確定申告の際に損益確認の手間が増える

1つの口座で取引するよりも証拠金が増える

複数の会社からメールが来るので煩わしい

確定申告の際に損益確認の手間が増える

銀行や証券会社とFX専業会社の違いとは?

複数口座は取引スタイルで組み合わせよう

fx取引スタイル組み合わせ

取引スタイルで組み合わせ

  • スキャルピング狙いで選ぶ
  • デイトレードできる口座を選ぶ
  • 中長期的なスワップポイント重視で選ぶ

スキャルピング狙いで選ぶ

複数口座を開設する際はスキャルピング狙いがおすすめです。そもそもスキャルピングには、やり方によっては口座凍結のリスクもあるのでFX会社ごとの決まりを必ずチェックしましょう。スキャルピング禁止とはほとんどのFX会社で明記していませんし、口座が凍結される基準についても公開はされていません。しかし、スキャルピングOKな会社はしっかりアピールしています。スキャルピング公認のFX会社で安心してスキャルピングを行いましょう。

デイトレードできる口座を選ぶ

中長期的なスワップポイント重視で選ぶ

FXに関するよくある質問

FXの口座開設にお金はかかりますか? FXの口座開設や口座管理は無料です。そのため、複数の口座を持っても費用は一切かかりません。また、1つのFX会社で作れる口座は1つですが、別の会社の口座であれば一人で持てる口座の数に上限はありません。 複数の口座を持つメリットはなんですか? 複数の口座を持つメリットは、主に次の通りです。
・FX会社のシステム障害などによる損失を防ぐ
・得られる情報が増える
・取引手法に合わせて口座を使い分けできる
・各社のキャンペーンを利用できる 複数の口座を持つ場合の確定申告はどのように行いますか? FXで年間20万円以上の利益を得た場合は確定申告をしなくてはなりません。複数のFX口座を持っている場合は、全ての取引の損益を合算してして申告します。口座を持つFX会社から年間の取引報告書を取り寄せ計算する必要があるので注意しましょう。 FXはいくつ(何歳)からできますか? 満18歳以上で口座開設基準を満たしている方はFXトレードが可能です。

現物取引って何?

現物取引って何?

日本FP協会認定 CFP®、合同会社clientsbenefit 代表、FP相談ねっと認定FP、SG中越代表
<プロフィール>
25歳でお金の知識・営業経験ゼロから保険営業の世界に飛び込み6年半従事。2年目に将来の資産形成のため金融知識が必要なことに気が付き、FPの勉強を始めて金融・経済の知識を学ぶ。その後、保険に限らずあらゆるお金の面でクライアントにとってベストな提案をしたいという想いで、商品販売ではなく相談業務を開始。2013年より資産形成の考え方に関するセミナーを自主開催。その他、大手金融機関からの委託により実施。現在は小規模事業者の年金や資産運用のサポートを中心に相談・経営支援の業務に携わり、確定拠出年金など起業家の将来の資産形成と経営のサポートを行っている。投資信託や資産形成の分野を得意としている。

FXのチャートの見方

レバレッジとは?

三角持ち合いとは?

ナスダック(NASDAQ)とは?

注目のキーワード

人気記事ランキング

キャンペーン

LINE証券の公式SNS

LINE証券 LINE公式アカウントでおトクな情報を受け取ろう

LINE証券 最短3分・スマホで完結 いますぐ無料口座開設

当社でのお取引にあたっては、各商品毎に所定の手数料や諸経費等をご負担いただく場合があります。
金融商品のお取引においては、株価の変動、為替その他の指標の変動等により損失が生じるおそれがあります。
また、商品等の種類により、その損失の額が保証金等の額を上回るおそれがあります。
上記の手数料等およびリスク・ご注意事項についての詳細はこちらをよくお読みください。
お取引に際しては、契約締結前交付書面および目論見書等の内容をよくお読みください。
当社は日本国内にお住まいのお客様を対象にサービスを提供しています。

FX取引(店頭外国為替証拠金取引)は、一定の証拠金を当社に担保として差し入れ、外国通貨の売買を行う取引です。
多額の利益が得られることもある反面、多額の損失を被る危険を伴う取引です。預託した証拠金に比べて大きな金額の取引が可能なため、金利、通貨の価格、金融商品市場における相場その他の指標に係る変動を直接の原因として損失が生じ、その損失の額が預託した証拠金の額を上回るおそれがあります。
取引手数料は0円です。ただし、当社が提示する通貨の価格の売値と買値の間には差額(スプレッド)があります。
注文の際には、各通貨ペアとも取引金額に対して4%以上(レバレッジ25倍)の証拠金が必要になります。当社でお取引を行うに際しては、 FX取引の利点 「店頭外国為替証拠金取引の取引説明書」等をよくお読みいただき、取引内容や仕組み、リスク等を十分にご理解いただき、ご自身の判断にてお取引ください。

CFD取引は預託した証拠金に比べて大きな金額の取引が可能なため、原資産である株式・ETF・ETN・株価指数・その他の指数・商品現物・商品先物、為替、各国の情勢・金融政策、経済指標等の変動により、差し入れた証拠金以上の損失が生じるおそれがあります。
取引金額に対して、商品CFDは5%以上、指数CFDは10%以上、株式CFD・バラエティCFDは20%以上の証拠金が必要となります。
取引手数料は無料です。手数料以外に金利調整額・配当調整額・価格調整額が発生する場合があります。
当社が提示する価格の売値と買値の間には差額(スプレッド)があります。相場急変時等にスプレッドが拡大し、意図した取引ができない可能性があります。
原資産が先物のCFDには取引期限があります。その他の銘柄でも取引期限を設定する場合があります。
当社の企業情報は、当社HP及び日本商品先物取引協会のHPで開示されています。

LINE証券株式会社/金融商品取引業者 関東財務局長(金商)第3144号、商品先物取引業者
加入協会/日本証券業協会、一般社団法人 金融先物取引業協会、日本商品先物取引協会

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる