最高の暗号取引プラットフォーム

トレードとは?

トレードとは?

フェアトレードとは?意味やフェアトレード商品を簡単に・わかりやすく解説

フェアトレードとは?商品の意味やメリット・デメリットを簡単に・わかりやすく解説

経済的に豊かな先進国と発展途上国には、大きな格差が生じている現実を変えるために重視されるようになったのがフェアトレードです。 フェアトレード商品とは? フェアトレードで取り扱う商品・品目は、以下の通り決められています。
※世界フェアトレード機関(WFTO:World Fair Trade Organization)で定められたもの。
・コーヒー
・紅茶
・カカオ
・スパイス・ハーブ
・果物
・加工果物
・ワイン
・オイルシード・油脂果物
・食品その他
・切花
・コットン製品
・食品以外その他

また、フェアトレード商品には「認証ラベル」があり、「国際フェアトレード認証ラベル」や「WFTO参加団体認証ラベル」などがあります。
※国際フェアトレード認証ラベルは、原料生産・輸出入・加工・製造の各工程がフェアトレードだと認められた製品であることを証明するラベル。 国際フェアトレード基準の原則とは? 国際フェアトレード認証ラベルを受けるための基準があり、以下のように定められています。
(1)経済的基準
フェアトレード最低価格の保証
フェアトレード・プレミアムの支払い
長期的な取引の促進
必要に応じた前払いの保証など

フェアトレード一番の特徴である項目は「経済的基準」の「最低価格の保障」と言えるでしょう。
発展途上国の生産者に対して「この価格以上で購入します(最低価格の保障)」と約束することで、生産者の収入が保証されるようになります。
生産者側の生活が安定することで、公平・公正な取引に繋ぐことが目的です。 フェアトレードのメリットとは? 購入者・消費者、生産者、企業、社会全体など、立場や環境に応じてメリットは変わってきますが、概ね以下のようなメリットがあると考えられます。

トラッキングトレード

裁量トレードでは、値動きの点と点を結び、値上がり幅や値下がり幅をできるだけ大きく獲得して利益を狙います。
一方でリピート型自動売買注文は値動きが発生しそうな価格のエリアを予想します。
一度のトレードで大きな利益を狙うのではなく、何度も利益を確定できそうな回数を多く狙える位置へ注文を仕掛けます。
常に値動きを見ながら目標化価格をピンポイントに予想しなければいけないのに比べると、相場の大きな流れをイメージして値動きが通過しそうな価格エリアを予想するのは難しくなさそうです。

まだ他にもあるリピート型自動売買手法のメリット

トレードとは?

リピート型自動売買手法のデメリット

既にここまでの説明を読まれてお気付きの方もいると思いますが、リピート型自動売買注文は注文をいくらに設定するかが最大の難関です。
取り引きしようとせっかく注文を仕掛けても、値動きが遠ざかってしまうと取引は発生しません。
もちろん、トレードが発生しなければ損失を出すリスクもありませんが、注文を設定する価格や狙う利益の値幅の設定が、リピート型自動売買手法を使ってみようと思うFX初心者にとっては高いハードルとなってしまいます。

リピート型自動売買注文の進化形「トラッキングトレード」

●進化したリピート型自動売買注文『トラッキングトレード』とは?
トラッキングトレードは、リピート型自動売買の注文手法を基本戦略とした自動発注機能です。
リピート型自動売買注文とは、これから値動きが発生しそうな価格帯へ「△△円で買って、(例えば10銭値上がりした)××円で売る」という売り買いワンセットの注文を仕掛け、値動きによってこまめに利益を積み上げようという戦略の取引手法です。

値動きは絶えず上下動を続け、時に大きく変動することもあれば揺らぎのような小動きで波動を止めることはありません。
トラッキングトレードは、値段が動くことで安く買い高く売る取引を生み出すリピート型自動売買の基本戦略を守りながら、値動きの発生する範囲へ複数のリピート型自動売買注文を配置することで取引チャンスの最大化を図ります。
まさにトラッキングトレードは、値動き全体を取引チャンスに変える進化したリピート型自動売買注文と言えるでしょう。

フェアトレードとは?意味やフェアトレード商品を簡単に・わかりやすく解説

フェアトレードとは?商品の意味やメリット・デメリットを簡単に・わかりやすく解説

経済的に豊かな先進国と発展途上国には、大きな格差が生じている現実を変えるために重視されるようになったのがフェアトレードです。 フェアトレード商品とは? フェアトレードで取り扱う商品・品目は、以下の通り決められています。
※世界フェアトレード機関(WFTO:World Fair Trade Organization)で定められたもの。
・コーヒー
・紅茶
・カカオ
・スパイス・ハーブ
・果物
・加工果物
・ワイン
・オイルシード・油脂果物
・食品その他
・切花
・コットン製品
・食品以外その他

また、フェアトレード商品には「認証ラベル」があり、「国際フェアトレード認証ラベル」や「WFTO参加団体認証ラベル」などがあります。
※国際フェアトレード認証ラベルは、原料生産・輸出入・加工・製造の各工程がフェアトレードだと認められた製品であることを証明するラベル。 国際フェアトレード基準の原則とは? 国際フェアトレード認証ラベルを受けるための基準があり、以下のように定められています。
(1)経済的基準
フェアトレード最低価格の保証
フェアトレード・プレミアムの支払い
長期的な取引の促進
必要に応じた前払いの保証など

フェアトレード一番の特徴である項目は「経済的基準」の「最低価格の保障」と言えるでしょう。
発展途上国の生産者に対して「この価格以上で購入します(最低価格の保障)」と約束することで、生産者の収入が保証されるようになります。
生産者側の生活が安定することで、公平・公正な取引に繋ぐことが目的です。 フェアトレードのメリットとは? 購入者・消費者、生産者、企業、社会全体など、立場や環境に応じてメリットは変わってきますが、概ね以下のようなメリットがあると考えられます。

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる