FX口座開設

バイナリーオプションを始めてみませんか

バイナリーオプションを始めてみませんか
ユーロ/米ドル 直近3日間のチャート

5月30日(月)■『主要な株式市場及び米国債利回りの動向』と『米ドルと日本円、ユーロの方向性』、そして『月末要因』に注目!

米ドル/円 直近3日間のチャート

ユーロ/米ドル 直近3日間のチャート


米国の経済指標及びイベントは、
・24時00分: 米) ウォラーFRB理事の発言(投票権あり)
に注目が集まる。
※ 本日→ 注目度の高い米国の経済指標の発表 はない

米国以外では、
・21時00分: バイナリーオプションを始めてみませんか 独)消費者物価指数【速報値】
・21時30分: 加)第1四半期経常収支
に注目が集まる。

経済指標及び要人発言以外では、
・ 米国が祝日・休場
・ 5月・月末間近(明日・5月31日が5月月末での最後の営業日)
・今週→カナダ(6月1日)の金融政策の発表を予定(議事録の公表はなし)
・今週→米国の主要企業の決算発表が多い(ピークアウト)
・主要な株式市場(米国中心)の動向
・米国の国債利回りの動向 バイナリーオプションを始めてみませんか
・米国の金融政策への思惑(5月4日に金融政策の発表を消化済み→5月25日に議事録の公表を消化済み→6月15日に次回金融政策発表を予定、引き続き今後の金融政策への思惑が高まる)
・米ドルと日本円、ユーロの方向性
・金融当局者や要人による発言(FRB高官の発言に注目が集まる、今週もFRB高官の発言多数あり)
・注目度の高い米国の経済指標の発表(米国中心、今週はISM製造業指数と雇用統計がメイン) バイナリーオプションを始めてみませんか
・金融市場のリスク許容度
・原油と金を中心とした商品市場の動向
・欧州の金融政策への思惑(4月14日に金融政策の発表を消化済み→5月19日に議事録の公表を消化済み→6月17日に次回金融政策発表を予定)
・日本の金融政策への思惑(4月28日に金融政策の発表を消化済み→来週・6月9日に次回金融政策発表を予定、毎営業日指値オペを実施中)
・ウクライナ情勢(地政学リスク)
・バイデン米大統領の発言
・新型コロナウイルス感染症への懸念
などが重要となる。

本日は、 米国は祝日で休場 だが、 週明け で 5月の月末間近(明日・5月31日が5月月末での最後の営業日) でもある。

本日の 米国の経済指標 は、注目度の高いものの発表はない。
一方、 経済指標以外のイベント では、 ウォラーFRB理事の発言(投票権あり) が予定されている。

本日は、 米ドル・日本円・ユーロの方向性 と 主要な株式市場 及び 米国債利回りの動向 、 米国の金融政策への思惑 、 米国が祝日で休場 となる点 、 5月の月末要因 が重要となる。
その他、 金融市場のリスク許容度 や 金融当局者や要人による発言(FRB高官の発言に注目) 、 ウクライナ情勢 、 原油と金を中心とした商品市場 、 米国の主要企業の決算発表(ピークアウト) 、 欧州の金融政策への思惑 、 日本の金融政策への思惑 などにも注意したい。


■□■ 本日のトレード用のエサ (バイナリーオプションを始めてみませんか 羊飼いの見解)■□■( ※毎日更新 )

・24時00分: 米) ウォラーFRB理事の発言(投票権あり)
※ 本日→ 注目度の高い米国の経済指標の発表 はない
→ 週明け で 5月の月末間近(明日・5月31日が5月月末での最後の営業日) だが、 米国が祝日で休場 で仕掛けづらい
中でも、月末要因に注意して、火傷しないことを第一に考えたい


■ バイナリーオプションを始めてみませんか 5月30日~の週の為替相場の焦点(ユーロドル及びドル円中心)
▼ 今週→カナダ(6月1日)の金融政策の発表を予定(議事録の公表はなし)
▼ 今週→米国の主要企業の決算発表が多い(ピークアウト)
▼ 5月の月末要因(5月31日が5月月末での最後の営業日)
▼ 6月の月初め要因(6月1日が6月月初めでの最初の営業日)
▼ 30日(月)→米国が祝日・休場
▼ 31日(火)→5月・月末最後の営業日
▼ 1日(水)→6月入り、米国のISM製造業指数の発表、BOC金融政策の発表、FRBがQTを開始
▼ バイナリーオプションを始めてみませんか 2日(木)→英国が祝日・休場(連休)
▼ 3日(金)→英国が祝日・休場(連休)、米国の雇用統計の発表、米国のISM非製造業指数の発表
▼ 主要な株式市場(米国中心)の動向
▼ 米国の国債利回りの動向
▼ 米国の金融政策への思惑(5月4日に金融政策の発表を消化済み→5月25日に議事録の公表を消化済み→6月15日に次回金融政策発表を予定、引き続き今後の金融政策への思惑が高まる)
▼ 米ドルと日本円、ユーロの方向性
▼ 金融当局者や要人による発言(FRB高官の発言に注目が集まる、今週もFRB高官の発言多数あり)
▼ 注目度の高い米国の経済指標の発表(米国中心、今週はISM製造業指数と雇用統計がメイン)
▼ 金融市場のリスク許容度
▼ 原油と金を中心とした商品市場の動向
▼ 欧州の金融政策への思惑(4月14日に金融政策の発表を消化済み→5月19日に議事録の公表を消化済み→6月17日に次回金融政策発表を予定)
▼ 日本の金融政策への思惑(4月28日に金融政策の発表を消化済み→来週・6月9日に次回金融政策発表を予定、毎営業日指値オペを実施中)
▼ ウクライナ情勢(地政学リスク)
▼ バイデン米大統領の発言
▼ 新型コロナウイルス感染症への懸念

Mettis Global News

May 30, 2022 (MLN): The Attock Refinery Limited (ATRL) is projected to recover from the losses incurred previously during the lockdown period, Pakistan Credit Rating Agency (PACRA) said in its press release issued on Friday.

While maintaining the negative outlook of the company, the バイナリーオプションを始めてみませんか rating agency said ATRL’s outlook is expected to improve as the company is projected to recover from the losses incurred previously during the lockdown period on account of sustainability in international oil prices and available demand drivers in the market.

The rating agency has maintained the company’s long-term rating at AA and short-term rating at A+.

As per the rating agency, ratings reflect ATRL's sound risk absorption capacity emanating from its sizable equity base. ARL's core business remains exposed to the vicissitudes in international crude oil and product prices, which in turn, steer the gross refining margins (GRMs) of the Company.

The global recovery has been witnessed in the oil demand leading to higher volumetric sales coupled with a higher pricing of petroleum products, leading to better バイナリーオプションを始めてみませんか GRMs and profitability margins for the local refinery sector. Uncertainty still prevails with respect to oil supplies as a result of Russia- Ukraine conflict which could further impact the pricing dynamics.

However, ARL is less susceptible バイナリーオプションを始めてみませんか to this risk due to its predominantly local procurement of crude oil. During the period ended March 2022, the company supplied 1,348 thousand Metric Tons of various petroleum products while operating at about 78% (9MFY21: 76%) of the capacity.

The Company earned a profit after tax of PKR 2,840mln from refinery operations with the addition of dividend income after tax of PKR バイナリーオプションを始めてみませんか 947mln from associated companies, resulting in a total profit after taxation of PKR 3,787mln. Sales have improved majorly on the バイナリーオプションを始めてみませんか back of an increase in the sales price and better volumes. The increase in oil prices resulted in an overall inventory gain to the company. However, this was partially offset by the exchange loss due to decline in Pak Rupee against US Dollar during the period.

The local refinery sector is going through some significant challenges pertaining to the up-gradation of the refining complex. The company along with other refineries has been in continuous discussion with the government to finalize a refinery policy that would address the upgradation concerns along with certain fiscal バイナリーオプションを始めてみませんか and tariff concessions to the refining sector. However, バイナリーオプションを始めてみませんか no final approval has been granted by the government which is expected to get delayed further amid current political instability in the country.

The ratings remain dependent on ARL's ability to effectively shield its business profile from external vulnerabilities. Revived performance indicators and a prudent financial matrix are imperative to uphold the ratings.

Further outlook of the Company is expected to improve as the company is projected to recover from バイナリーオプションを始めてみませんか the losses incurred previously during the lockdown period on account of sustainability in international oil prices and available demand drivers in the market. Further, the approval of the proposed Refining Policy, which will enhance Refineries’ ability to upgrade remains imperative for the ratings.

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる