FXの自動売買とは

キャピタルゲインとインカムゲインってなに

キャピタルゲインとインカムゲインってなに
一方でインカムゲインとは、資産運用に際し、ある資産を保有することで得られる安定的かつ継続的な現金収入のことをいいます。代表的なものとして預貯金や債券、株式の配当金、不動産による賃貸収入などが挙げられます。

キャピタルゲインとは?

キャピタルゲインの定義とメリットやデメリット、事例についてくわしく説明します。
一般的に資産とは、株式や債券などの有価証券をはじめ、土地や不動産、貴金属など幅広いものが該当します。これらの資産を保有する場合、その価格は時期や情勢によって変動するものとなります。投資をする側としては、資産の価格が変動する中で安価な時に購入し、高価な時に売却することで、売買の差が利益となります。
ここで生じる利益がキャピタルゲインです。逆に、損失が出た場合はキャピタルロスと言います。

ここで、キャピタルゲインの具体的な事例について考えてみましょう。
たとえば株式取引の場合、1株10,000円の銘柄を100株購入した場合、10,000円×100株で100万円分の資産となります。
その後、株価が変動して1株12,000円に値上がりした際に、資産100株全てを売却すると、12,000円×100株で120万円となり、売買差の20万円分が売却益、つまりキャピタルゲインとなります。
もし、株価が1株8,000円に値下がりした際に、資産100株全てを売却することになれば、8,000円×100株で80万円となり、売買差の20万円が売却損、つまりキャピタルロスとなります。
このように、キャピタルゲインは売却によってはじめて得られる利益であり、価格の変動によって利益にも損失にもなり得るものです。

また、投資で得られる利益として、キャピタルゲインと並ぶ用語のインカムゲインについても補足します。 キャピタルゲインとインカムゲインってなに
インカムゲインとは、株式や債券などの様々な資産を保有している間に得られる利益のことです。たとえば、株式取引であれば銘柄を保有している間に得られる配当金や株主優待などがインカムゲインとなります。キャピタルゲインとは異なり、資産を保有している状態での損失はありませんので、インカムロスは存在しません。

インカムゲインのメリットとしては、配当金のように半年間や1年間など定期的で安定した利益を得られる点が挙げられます。たとえば、株式取引の配当金では1株10,000円の銘柄を100株購入した場合、1年間での配当金は1株500円とすると、1年間で500円×100株=5万円の利益を得られます。業績によって配当金が変動することもありますが、株式を保有している間は原則、これらの配当金を継続して得ることが可能です。
しかし、1回に発生する利益が小さいことはデメリットとなります。先ほどの例では、1年間で5万円の配当金が続いた場合、同じ株式を20年間保有し続けることによって、購入金額の100万円を回収することになります。
このように、インカムゲインの利益はキャピタルゲインに比べて小さいですが、資産を長期的に保有し続けることで、利益を安定的に得られるといった違いがあります。

ここまでで、キャピタルゲインの定義やメリットとデメリット、似た用語のインカムゲインについて説明しましたが、まとめると次の通りとなります。
・キャピタルゲインは株式や債券などの資産を売却することによって得られる売買差益である。
・キャピタルゲインのメリットは売却によって利益が大きい可能性がある一方、価格の変動によって損失つまりキャピタルロスが生じることがデメリットとなる。
・キャピタルゲインと並ぶ用語としてインカムゲインがあり、株式取引での配当金など資産を保有している間に得られる利益を意味する。キャピタルゲインに比べると利益は小さいが、資産を保有する間は継続的に安定して利益を得られるものである。

不動産投資ならインカムゲイン・キャピタルゲインどっち?

■インカムゲインのデメリット
安定収入がメリットとは言いましたが、不動産投資の場合は入居者がいなければ当然収入を得ることはできません。
また、インカムゲインは長期的な投資方法であるため、何年もかけて投資を行うことが前提となっております。利益を得るためには時間がかかり、とにかく長い目で見なくてはならないのです。
さらに不動産経営には維持管理費などはもちろん、固定資産税や都市計画税といった税金、それらに伴った手数料など様々な経費が必要となるため、全体的な収益がわかりにくいというデメリットも存在しています。実際には利益が出ていなかったというケースもありますので、収支管理をきっちりと行う必要があるでしょう。

2. キャピタルゲインとは

■キャピタルゲインのメリット
インカムゲインと比較して、発生する利益が大きいことが挙げられます。
例えば100万円で購入した資産が倍の200万円で売却できれば、差額の100万円が利益として手に入ることになるのです。実際には手数料などで引かれてしまうものの、1度に手に入る金額が大きいのがキャピタルゲインの特徴になっています。特に不動産の売買によって動く額はかなり大きいため、場合によっては非常に大きな利益が得られる可能性があるのです。

■キャピタルゲインのデメリット
利益が大きいとされる反面、その利益が確実に発生するかがわからないというのがキャピタルゲインを狙う際でのデメリットになります。不動産の場合は価格が下がるケースもめずらしくないため、大きな損失を被る可能性もあるのです。売却タイミングもいつでも良いというものではなく、不動産投資の際は特に“利益が出せる売却時期”を見定めなくてはなりませんので、「収益を得たい時に得られない」という事態もあるでしょう。
また、売却しない限り利益を得ることができないスタイルですので、ほとんどのケースでチャンスは1度限りであり、手元に資産が残らないのもデメリットと言えるかもしれません。

3. 不動産投資から見たインカムゲインとキャピタルゲイン

■インカムゲインの場合
上述した通り、不動産投資におけるインカムゲインは“家賃収入”にあたります。
そもそもインカムゲインの特徴が「長期的な安定収入」であるため、将来への備えとして不動産投資をしようと考えているのであればこちらがおすすめです。

■キャピタルゲインの場合
不動産投資で大きな収益を短期間で得たいと考えている方は、こちらのキャピタルゲイン狙いになります。特に不動産投資は1度に動く金額が非常に大きいため、発生するキャピタルゲインも必然的に大きくなりやすいのです。

不動産投資で利益が出る仕組みとは?投資でのリスクも合わせて解説

不動産投資で利益が出る仕組みとは?投資でのリスクも合わせて解説

インカムゲインとは、何らかの資産を保有し運用することで安定的に得られる収入のことを指します。
不動産投資の場合は、家賃収入がこのインカムゲインに当たります。
インカムゲインは、一度に大きな利益を生むことはありませんが、安定的にかつ安全に収入を得ることができるのが特徴です。
また、運用する資産が多ければ多いほどリターンが大きくなります。
ですので、継続して投資をおこなっていくことで資産を増やしつつ、収入を増やすことができます。

家賃収入を得る仕組み(インカムゲイン)

不動産投資でインカムゲインを得るには、マンションやアパートなどを保有して運用するのが一般的です。
自分で保有する不動産を賃貸物件として貸し出し、そこに居住する方から家賃収入を得ることで収益を発生させます。
そして、発生した収益から不動産の管理費用などを引いた金額が利益となるのです。
たとえば部屋の数が10部屋あるアパートを家賃3万円で運用した場合、満室になれば毎月30万円の家賃収入を得ることができます。
ここから、アパートにかかる税金や修繕費用を引いた金額が、実際の利益(インカムゲイン)として手元に残るのです。
不動産投資は、このようにして収益の予測を立てるのが簡単なので、投資初心者でも安心して運用することができます。

インカムゲインで得た収益にかかる税金

キャピタルゲインで利益を出す仕組み

キャピタルゲインで利益を出す仕組み

キャピタルゲインとは

キャピタルゲインとは、資産を短期的に売買したときの売買差額で利益を出す方法です。
不動産投資では不動産そのものが資産となるので、不動産を短期的に売買することで利益を出します。
インカムゲインとは違い、安定的な収入を得ることはできませんが、一度に大きな利益を出すことができるのが特徴です。
キャピタルゲインの場合は、投資のスキルが上がればインカムゲインの何倍もの利益を生むことができます。
しかし、インカムゲインのように資産的価値は持っていないので継続的な収入は見込めません。

売買益(キャピタルゲイン)で利益を出す仕組み

不動産投資でキャピタルゲインを得る際もアパートやマンションなどの不動産を売買するのが一般的です。
購入する不動産は、将来価格が上昇する見込みのある不動産を購入します。
そして、購入した不動産価格が上昇し売却益が出るタイミングで不動産を売却して利益を確定させます。
たとえば3000万円で購入した不動産が、2年後に4000万円まで上昇した場合、このタイミングで売却すれば購入時と売却時の差額が収益となるのです。
こちらもインカムゲイン同様に税金など諸費用を引いた金額が実際の利益(キャピタルゲイン)となるのです。
仕組みは簡単ですが、値上がりする不動産を見極めるには非常に高い投資スキルが必要となるので、初心者には向いていません。

キャピタルゲインで得た収益にかかる税金

キャピタルゲインで得た収入にかかる税金は、不動産の保有期間によって変化するので覚えておきましょう。
不動産を購入してから、売却するまでの期間が5年未満であれば39.63%の税金が課税されます。
そして購入から5年以上たってから売却した場合は、20.315%と短期で売買したときより低い税率となります。
キャピタルゲイン目的で投資をおこなうときは課税される税金を把握して売買しなければいけません。

不動産投資の方法によるメリットとリスク

不動産投資の方法によるメリットとリスク

不動産投資をインカムゲイン目的でおこなうメリット

インカムゲイン目的で投資をおこなうメリットは、主に2つあります。
まず1つ目は、安定した収入を得られる点です。
運用している不動産の場合、毎月安定した収益を得ることができます。
入居者がいる限り、継続して運用益を出すことができます。
2つ目は、投資初心者でも利益を出しやすい点です。
アパートやマンションは、立地がよければ空室といったことがないので、比較的簡単に運用益を出すことができます。
また、一度購入してしまえば市場の様子などを確認する必要がなくなるので、こういった面も初心者にとってメリットといえます。 キャピタルゲインとインカムゲインってなに

不動産投資をインカムゲイン目的でおこなうリスク

不動産投資をインカムゲイン目的でおこなうリスクは、主に2つあります。
1つ目は、入居者が集まらず収益が発生しないことです。
購入した不動産に問題があったり、立地の問題で人が入らなければ、税金などの費用ばかりが出ていってしまいます。
また、人が入っていても収益を支出が上回っていれば損失となってしまうので、こういったリスクがあります。
2つ目のリスクは、資産価値の減少です。
不動産は常に劣化が進んでいるので、長期運用していると不動産自体の価値が減少してきます。
投資した資金を回収できていれば問題ありませんが、ローンが残っている状態で資産価値が無くなってしてしまうのはリスクといえます。
また、地震などのリスクも抱えているのでその点もリスクといえるでしょう。

キャピタルゲインのメリット

キャピタルゲインのメリットは、2つあります。
1つ目は、一度の取引で大きな収益を出せる点です。
インカムゲインと違い長期運用せずとも大きな利益を出すことができるので、この点が大きなメリットといえます。
2つ目のメリットは、不動産の運用をしなくて良い点です。
マンションやアパートを運用していると、建物の管理や住人とのやりとりが発生しますが、キャピタルゲイン目的の投資であればその必要もありません。

キャピタルゲインのリスク

キャピタルゲインのリスクは2つあります。
1つ目のリスクは安定的な収益を得られない点です。
インカムゲインと違い毎月の固定収入がないため、資金計画を立てにくくなります。
また、収益の増減が年によって変わる場合は、税金の支払いも考えなければいけません。
収益があった年の翌年は税金が高くなりますが、その年に収益が発生しなければ税金の支払いが大変になるので、この点はリスクといえます。
2つ目のリスクは、売買に失敗してしまうことです。
不動産の目利きを誤ると、購入した価格より低い価格で売却することになります。
こうなると一度の取引で大きな損失を出してしまうのでこの点はリスクといえます。

不動産投資で利益が出る仕組みとそれぞれの投資法で起こりうるリスクをご紹介しました。
不動産投資は資産運用の定番ですが、しっかり理解を深めて始めなければ大きく資産を減らすことになります。
しっかりリスク管理をおこない、余裕を持って投資をおこなうようにしてください。

資産運用基礎まとめ!初心者が読むべき本を紹介

資産運用は正しい方法で行えば着実にお金を増やすことができます。しかし生半可な知識でいきなり資産運用に手を出してしまっては、かえって損をすることになりかねません。きちんと資産運用に関する正しい知識とノウハウを身につけることができれば、安定して利益を上げる可能性はぐっと上がります。
本記事では、資産運用に関して全くの初心者が知っておくべき最低限の知識と、今後知識を習得していく上で読むべき本をご紹介しています。

不動産投資のご相談・お問い合わせで 「不動産投資の基本がわかる書籍」等 プレゼント!

初心者でも分かる「キャピタルゲイン」「インカムゲイン」

資産運用でまず大事になってくるのが、利益をどのようにして生み出していくかという点です。
資産運用で利益を上げる方法として、大きく キャピタルゲインインカムゲイン の2種類に分けることができます。
どのような資産運用でも、利益の上げ方はこれらのうちのどちらかに当てはまるので、理解しておきましょう。

キャピタルゲインとは

図1:キャピタルゲインとキャピタルロスの解説図

債権や株式、不動産などの価値は時々刻々と変化しますが、保有しているこれらの資産を売却することによって得られる売却益のことを キャピタルゲイン といいます。例えば1,000万円でマンションの部屋を購入し、1,250万円で売却すれば250万円(手数料や税金は除く)がキャピタルゲインとなります。

反対に、売却することによって損失が生じた場合は、その損失のことをキャピタルロスといいます。

インカムゲイン

図2:インカムゲインの解説図

一方でインカムゲインとは、資産運用に際し、ある資産を保有することで得られる安定的かつ継続的な現金収入のことをいいます。代表的なものとして預貯金や債券、株式の配当金、不動産による賃貸収入などが挙げられます。

キャピタルゲインとインカムゲインの違い

一方でインカムゲインはキャピタルゲインに比べてローリスク・ローリターンといえます。
こちらの場合には、不動産のような資産を保有しているだけで利益を得られるので安定しています。
そのため、初心者が資産運用を始める際は、リスクの低いインカムゲインによる運用をおすすめします。

資産運用の種類を解説

リスクとリターンのレベル別投資商品について

ローリスク・ローリターンの金融商品

銀行にお金を預け、金利というリターンを得て資産運用する方法です。
元本が保証されているためリスクはほとんどないのですが、その分金利もかなり低く設定されています。
金利は経済状況などに応じて変動しますが、日本においては安定して低水準で推移しており、0.01%から、高くても0.1%程度となっています。

3年固定 キャピタルゲインとインカムゲインってなに 0.05%
5年固定 0.05% キャピタルゲインとインカムゲインってなに
10年変動 0.06%

ミドルリスク・ミドルリターンの金融商品

外貨MMF

外貨MMF(Money Management Fund)とは、外貨に両替して、国債や社債などの安全性の高い債券で運用する投資信託のことです。

外貨MMFは、元本保証されていないというリスクがあるものの、一般的に外貨預金に比べて金利が高く、手数料が安いという面で優れています。
また、満期がなく、買い付けた翌日から解約することも可能ですので、為替レートが予期せぬ動きを見せたときなどに柔軟に対応し、損失を最小限に抑えるようにリスクを回避することができます。
さらに、月末に配当金が元本に加えられるため、利息によって利息が生み出されるという複利効果も期待できる仕組みになっています。

投資信託とは、投資家が運用資金を委託会社に渡し、投資家の代わりにプロ(ファンドマネージャー)に運用してもらう方法です。
ファンドマネージャーが株式、公社債、不動産といった様々な金融商品に分散投資し、収益を狙います。
利益が出た場合は投資金額に応じて分配金を得られます。また、資産運用の初心者にとっては株式の銘柄などを選択する必要もなく、知識や時間があまりなくてもお手軽に行えるのが特徴です。

ETF(Exchange Traded Funds)とは、証券取引所に上場し、株価指数などに代表される指数への連動を目指す投資信託のことです。
通常の投資信託は1日1回ファンドの純資産額を計算して価格を計算するのに対し、ETFは株価と同じようにリアルタイムで変動しており、市場が開いている時間帯であればいつでも売買が可能です。

REIT(Real Estate Investment Trust)とは、投資家から資金を集め、オフィスビルや商業施設、マンションなど複数の不動産に投資して運用し、投資家に不動産から得られるインカムゲインやキャピタルゲインを分配する商品です。

不動産投資

初心者が不動産投資を行う際はワンルームタイプのマンションの部屋がおすすめです。
マンションでは管理組合があるのに対し、アパートではそのようなものはないため、建物管理のリスク分散が難しくなります。
また、アパートの場合は複数の部屋が同時に空室になってしまうリスクがあるため、中上級者向けといえます。

インカムゲインで安定収入を得るポイントとキャピタルゲインとの違い

アマギフ最大20,000円もらえる! (バナーの飛び先からご予約いただいた方限定)
無料で学ぶマンション投資セミナー・個別相談

WEB面談・個別相談

J.P.RETURNSの人気No.1サービス。マンション投資について、知りたいことをプロから直接学べます。(無料)
あなたの目的や知識量に合わせて、プライベートセミナー形式でご説明いたします。「ネット検索で調べるより 正確で話が早い」と、大変ご好評をいただいております。都心好立地の未公開物件もご紹介いたします。

WEBセミナー・少人数セミナー

累計1万2,000人以上が受講した、マンション投資の戦術セミナー。(無料)
初心者でも再現できる不動産投資を、人気講師が解説します。 前半の第1部はセミナー形式で学び、第二部はベテランのコンサルタントに一対一で 疑問点について質問・相談ができます。初心者から経験者まで、満足度の高いセミナーです。

アマギフ最大20,000円もらえる!(バナーの飛び先からご予約いただいた方限定) 無料で学ぶマンション投資セミナー・個別相談

WEB面談・個別相談

J.P.RETURNSの人気No.1サービス。マンション投資について、知りたいことをプロから直接学べます。(無料)
あなたの目的や知識量に合わせて、プライベートセミナー形式でご説明いたします。「ネット検索で調べるより 正確で話が早い」と、大変ご好評をいただいております。都心好立地の未公開物件もご紹介いたします。

WEBセミナー・少人数セミナー

累計1万2,000人以上が受講した、マンション投資の戦術セミナー。(無料)
初心者でも再現できる不動産投資を、人気講師が解説します。 前半の第1部はセミナー形式で学び、第二部はベテランのコンサルタントに一対一で 疑問点について質問・相談ができます。初心者から経験者まで、満足度の高いセミナーです。

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる