海外バイナリーオプション

株価収益率の定義

株価収益率の定義
GFS 編集部

EPS(1株当たり利益)とは|計算方法とPERとの関係

そのため、成長過程の会社であれば、設備投資などをしてより成長するために、内部留保を潤沢に蓄えることが一般的だからです。
したがって、配当性向が低いからといって一概に株主への配当を軽視しているとも言い切れません。
欧米企業は株主還元を最重視する観点から、配当性向が重視される傾向がありますが、日本企業は安定性を重視することから、配当金額を一定として配当性向は毎期変動する傾向があります。また、日本企業は内部留保を重視しますので、一般的には欧米企業よりも配当性向は低くなります。
日本企業の内部留保は年々増加傾向にあり、その額は480兆円を超えているとも言われます。欧米企業と比較すると極めて高い数字ですが、内部留保が多ければ多いほど、企業としては安定した経営を行うことができるともいえます。

以上、EPSの意味や計算方法、EPSを使って計算できるPERや配当性向についてご紹介しました。
なお、株取引をして儲けが出ると、その儲けには約20%の所得税がかかります。また、株の配当金にも同じ税率で税金がかかります。利益や配当金が年間で20万円以下なら申告不要ですが、利益が20万円以上出て、かつ証券会社の口座が特定口座で「源泉徴収なし」を選択している場合には、確定申告が必要です。
「クラウド会計ソフト freee会計」 は、株やFX取引をしている場合の確定申告に対応している会計ソフトです。導入方法などが分からない場合には、freeeの認定アドバイザーである税理士のサポートを受けることもできます。

EPSについて相談できる税理士をさがす

freee税理士検索 では2,800以上の事務所の中から株式投資などを行う個人の確定申告について相談できる税理士や、EPSの計算方法について相談できる税理士を検索することができます。
また、コーディネーターによる「税理士紹介サービス」 もあるので併せてご利用ください。

税理士の報酬は事務所によって違いますので、「税理士の費用・報酬相場と顧問料まとめ」 で、税理士選びの金額の参考にしていただければと思います。

PER(株価収益率)とは?数値の見方や計算方法を解説

PERイメージ

PERとは、Price Earnings Ratioの略語で、株価収益率と訳されます。
M&Aの買い手企業や株式投資を行う投資家は、リストアップされた資料の中からスクリーニングを行い、最終的にどの企業に対して投資を行うのかを絞り込んでいきます。このスクリーニングを行うために、さまざまな指標を用いて企業価値評価を算出し、それに基づいて企業同士を比較・検討します。この企業価値評価の算出を「バリュエーション」といい、その際に用いられる指標が、本記事で解説するPERです。
ちなみに、スクリーニング時に用いられる指標には、PER以外にもROE(Return On Equity:自己資本利益率)やPCFR(Price Cash Flow Ratio:株価キャッシュフロー倍率)などがあり、これらは比較する企業の業種や投資の目的などに応じて最適なものが選択されています。

利益に対して株価が「割高」か「割安」かをあらわす

株価収益率の定義
PER(株価収益率)の計算式
PER=株価÷1株あたりの純利益

A社のPER=10万円÷(1億円÷1万株)=10

A社のPER=1万円÷(1億円÷1万円)=1

この2つの例から、税引き後の当期純利益が同じであっても、株価が10分の1になるとPERも10分の1になることがわかります。もしこの2つが別の会社だったとしたら、どちらが割安になるでしょうか?会社の財務諸表は同じわけですから、当然株価が低いほう、つまりPERの低いほうが割安です。 株価収益率の定義
まとめると、 PERは利益に対して株価が割高か割安かを表す ことができ、 PERが低くなればなるほど割安に、そして反対に高くなればなるほど割高 になります。

投資した金額がどれくらいで回収できるかを表す

PERは、株価が割高か割安かを表すだけでなく、 株価収益率の定義 投資した金額が何年くらいで回収できるのか 、その目安を表すこともできます。
たとえば、1株あたりの当期純利益が1万円の企業の株価が15万円の場合であれば、この投資金額は15年(株価15万円÷1株あたりの当期純利益1万円=10=PER)で回収できることになります。ただし注意しなければならないのは、ここで用いる当期純利益は 投資時点における当期純利益 である点です。計算上15年で投資金額が回収できるとしても、向こう15年間まったく同じ当期純利益で推移することはまずありません。したがって、これらの数字は あくまで目安としての投資回収期間 を表しているに過ぎない点に留意しなければなりません。

「割高」と「割安」の目安は?

PERが何倍以上であれば割高で、何倍以下であれば割安なのかを一概に言い切ることはできません。業種によっても異なりますし、また国によっても異なります。
しかし一般的に日本国内の上場企業であれば、 PER15倍あたり が1つの目安とされています。なぜなら上場企業の経営者が合理的な経営を行った場合の平均値が、PERでおよそ15倍になるからです。約10年間の日経平均のPERを見ると15倍前後を推移していることから、PERが15倍を超えれば超えるほど「割高」と判断し、逆に15倍よりも低くなれば低くなるほど「割安」と判断できます。

マイナスのPERが出る場合もある

PERを算出するための算式は上述の通りですが、 当期純利益が赤字の場合 は算式中にマイナスの数字が加わるため、結果的にPERはマイナスに転じてしまいます。
たとえば税引き後の当期純利益が1億円の赤字で、発行済み株式総数は1万株であるA社の株価が10万円のPERを求めてみましょう。

PER=10万円÷(△1億円÷1万株)=△10

「PER」と「PBR」の違いは?

PERと名前の似ている指標に PBR(Price Book-value Ratio:株価純資産倍率) があります。PERが 1株あたりの当期純利益に対して、何倍の株価になっているのかを比較する指標 であるのに対し、PBRは 1株あたりの純資産に対して何倍の株価になっているのかを比較 しています。なお、PBRを求める場合は以下の算式を用いて算出可能です。

PBR(株価純資産倍率)の計算式
PBR=株価÷(純資産÷発行済み株式数)

PBR=100÷(10,000÷100)=1

純資産10,000を発行済み株式数100で割った数字は、その会社が現時点で解散した場合株主に戻って来る1株あたりの金額のことを意味します。これが10,000÷100=100となり、これは株価100と等価です。つまり、PBR=1が、理論上投資段階で会社が解散しても同額が株主に戻ってくるボーダーラインとなります。このことから、 PBRが1を割ると割安に、逆にPBRが1を超えると割高である とみなされます。ただし、会社が創業間もない場合は借入金などの負債が多くなりがちです。PBRは高くなりがちですが、ただちに「割高である」と判断はできません。

株価収益率 (読み)かぶかしゅうえきりつ

株価水準を評価する際に用いられる指標の一つで、株価を1株当りの年間税引純利益で除して求められる。PER(price earning ratio)ともいう。従来日本では、株式投資の基準として、配当を株価で除して算出される「利回り」が中心となっていたが、アメリカでは有力な株式投資の指標として、また企業の業績を示す有力な財務指標として、株価収益率が利用されている。一般に収益率が高ければその株式は成長性が買われて割高であることを意味しているが、株価は理論的には「将来利益の現在価値の総額」と考えられることから、かならずしも「高いから割高」ともいえないことには注意が必要である。つまり、分子にある「株価」は、理論上、「今後得ることができるであろう将来の利益の総額」であり、それを「現時点の利益」で除しているとも考えられるので、この値が「高い」ということは、それだけ「現時点の利益に比べて、将来の成長力が高い」ともいえることにもなる。とはいえ、グローバル化の進展とともに、配当より利益が企業の実力を反映しているという観点から、株式市場の国際化が進むに伴い、株価収益率の利用度が高まっている。

ASCII.jpデジタル用語辞典 「株価収益率」の解説

株価収益率

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典 「株価収益率」の解説

株価収益率
かぶかしゅうえきりつ
price earnings ratio

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典 株価収益率の定義 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディア 「株価収益率」の解説

株価収益率【かぶかしゅうえきりつ】

1株当りの会社利益(税引後)に対する株価の倍率で,price earnings ratioという。PERあるいは単にレシオratioという呼称が一般的。この数値が小さいものは会社利益に対して株価が相対的に低水準にあることを示す。株式投資の判断基準として利用される。資本市場の国際化,経済成長への認識の高まりなどから,指標としての株価収益率が重視されるようになった。

株価収益率(PER)

【取引に関する注意事項】
■店頭外国為替証拠金取引「みんなのFX」「みんなのシストレ」、店頭外国為替オプション取引「みんなのオプション」及び店頭暗号資産証拠金取引「みんなのコイン」は元本や利益を保証するものではなく、相場の変動等により損失が生ずる場合がございます。お取引にあたっては契約締結前交付書面及び約款を十分にご理解頂き、ご自身の責任と判断にてお願いいたします。
■みんなのFX、みんなのシストレにおける個人のお客様の証拠金必要額は、各通貨のレートを基に、お取引額の4%(レバレッジ25倍)となります。ただし、トルコリラ/円及びロシアルーブル/円においてはお取引額の10%(レバレッジ10倍)となります。法人のお客様の証拠金必要額は、金融先物取引業協会が算出した通貨ペアごとの為替リスク想定比率を取引の額に乗じて得た額又は当該為替リスク想定比率以上で当社が別途定める為替リスク想定比率を乗じて得た額となります。為替リスク想定比率とは、金融商品取引業等に関する内閣府令第 117 条第 27 項第 1 号に規定される定量的計算モデルを用い算出されるものです。
■みんなのコインにおける証拠金必要額は、各暗号資産の価格を基に、個人のお客様、法人のお客様ともにお取引額の50%(レバレッジ2倍)となります。
■みんなのFX、みんなのシストレ、みんなのコインはレバレッジの効果により預託する証拠金の額以上の取引が可能となりますが、預託した証拠金の額を上回る損失が発生するおそれがございます。
■みんなのFX、みんなのシストレ、みんなのオプション、みんなのコインの取引手数料及び口座管理費は無料です。ただし、みんなのコインにおいて建玉を翌日まで持ち越した場合、別途建玉管理料が発生します。 株価収益率の定義
■みんなのシストレの投資助言報酬は片道0.2Pips(税込)でありスプレッドに含まれております。
■みんなのFX、みんなのシストレにおけるスワップポイントは金利情勢等に応じて日々変化するため、受取又は支払の金額が変動したり、受け払いの方向が逆転する可能性がございます。
■みんなのFX、みんなのシストレ、みんなのコインにおいて当社が提示する売付価格と買付価格には価格差(スプレッド)がございます。お客様の約定結果による実質的なスプレッドは当社が広告で表示しているスプレッドと必ずしも合致しない場合もございます。お取引に際して、当社が広告で表示しているスプレッドを保証するものではありません。
■みんなのFX、みんなのシストレ、みんなのコインにおけるロスカットルールは、必ずしもお客様の損失を限定するものではなく、相場変動等により、預託した証拠金以上の損失が発生するおそれがございます。
■みんなのオプションは満期時刻が到来すると自動行使されるヨーロピアンタイプのバイナリーオプション取引です。オプション料を支払うことで将来の一定の権利を購入する取引であることから、その権利が消滅した場合、支払ったオプション料の全額を失うこととなります。購入価格と売却価格は変動します。1Lotあたりの最大価格は、購入の場合990円、売却の場合1,000円です。オプション購入後の注文取消は行う事ができませんが、取引可能期間であれば売却は可能です。ただし、売却価格と購入価格には価格差(スプレッド)があり、売却時に損失を被る可能性があります。相場の変動により当社が提示する購入価格よりもお客様に不利な価格で購入が成立する場合があります。また当社の負うリスクの度合いによっては注文の一部もしくは全部を受け付けられない場合がございます。
■暗号資産は本邦通貨または外国通貨ではありません。法定通貨とは異なり、特定の国等によりその価値が保証されているものではなく、代価の弁済を受ける者の同意がある場合に限り代価の弁済に使用することができます。

日本証券業協会

金融商品取引業者 関東財務局長(金商)第123号 加入協会:日本証券業協会 一般社団法人 金融先物取引業協会 一般社団法人 第二種金融商品取引業協会 一般社団法人 日本投資顧問業協会 一般社団法人 日本暗号資産取引業協会 日本投資者保護基金
FX・バイナリーオプション・システムトレードなら、「みんエフ」でお馴染みのみんなのFX!みんなのFXは、トレイダーズホールディングス株式会社(スタンダード市場上場8704)の100%子会社であるトレイダーズ証券株式会社が運営しています。

金融商品取引業者 関東財務局長(金商)第123号 加入協会 日本証券業協会 金融先物取引業協会 第二種金融商品取引業協会 日本投資顧問業協会 トレイダーズ証券は、上場企業トレイダーズホールディングス(スタンダード市場上場8704)の100%子会社です。

株の割高・割安はPERとPBRで分かる!指標の使い方と注意点

author-avatar

GFS 編集部

「株式投資に出てくるPER、PBRって何? どう使えばいいの?」

PER、PBRとは、それぞれ 「(PER)株価収益率」「(PBR)株価純資産倍率」のことで、どちらも株の割安感を判断するための指標 です。

PER(株価収益率)とPBR(株価純資産倍率)の違いは、 PERが「企業の収益」に対する株価の割安・割高感を示すのに対し、PBRは、「企業の純資産」に対する株価の割安・割高感を示す点 です。

  • PER・PBRとは?
  • PER・PBRの活用場面
  • PER・PBRの見方・使い方
  • 株価収益率の定義
  • PER・PBRのどちらを見るべきか
  • PER・PBRを使うときの注意点
  • EPS・BPS・ROEなど確認しておきたい他のファンダメンタル分析指標

最後まで読むことで、PER・PBRを使う上での注意点や、他にも確認しておくべきEPS・BPS・ROEといった指標についても把握することができます。ぜひ最後まで目を通し、有力銘柄選びに活用してください。

1. PERとPBRは株価の割安・割高感を知るための指標

  • PER(株価収益率)とは、「企業の収益」に対する株価の割安・割高感を示す指標
  • PBR(株価純資産倍率)とは、「企業の純資産」に対する株価の割安・割高感を示す指標

  • 「何に対して」割安・割高かという点
  • 割安・割高を判断する基準

株価の割安感を的確に判断するためにも、PERとPBRの意味や違いについて正確に把握するようにしましょう

1-1. PER(株価収益率)は企業の業績に対する株価の割安感を示す

PER(Price 株価収益率の定義 Earnings Ratio)とは「株価収益率」のことで、株価が企業の収益に対して割安なのか割高なのかといった関係を示す指標です。

PERは、株価を純利益で割って計算することから「株価が企業の純利益の何倍で買われているか」を意味するものと言えます。

PERは、値が低いほど割安となります。

■PERの割安・割高判断の具体例
PERの判断の具体例について、次のA社とB社のケースで見てみましょう。


A社 株価1000円、1株当たり純利益50円
B社 株価1000円、1株当たり純利益100円

上記ケースについて、
「PER(株価収益率)= 株価 ÷ 一株当たり純利益」に基づいて計算すると下記の通りとなります。

A社のPER=1000 ÷ 50 =20倍……A社の株価は企業価値の20倍で買われている
B社のPER=1000 ÷ 20 株価収益率の定義 =10倍……B社の株価は企業価値の10倍で買われている

利益の20倍の株価で買えるA社よりも、利益の10倍の株価で買える B社の方が割安 となります。

■PERは「☓☓年で投資資金を回収できる」という見方でも使う
ここで、PERの意味を少し補足します。

PERは、「利益の☓☓倍で株価が買われている」という解釈ができる一方で、 「現在の純利益の☓☓年分で株価を回収できる」 という解釈でも使われます。

  • PER(株価収益率)= 株価 ÷ 一株当たり純利益

A社のPER=1000(株価) ÷ 50(純利益) =20倍 ……A社の株価は20年で回収できる
B社のPER=1000(株価) ÷ 20(純利益) =10倍 ……B社の株価は10年で回収できる

株価に投資した金額を20年で回収できるA社よりも、 10年で回収できるB社 の方がお得(割安)と言えます。

1-2. PBR(株価純資産倍率)は企業の資産に対する株価の割安感を示す

PBR(Price Book-value Ratio)とは、「株価純資産倍率」のことで、株価が企業の純資産(資産価値)に対して割安なのか割高なのかどうかを示す指標です。

PBRは、「株価が企業の純資産(資産価値)の何倍で買われているか」を示します。

PBRの値については、PBR=1を上回るか下回るかで割安かどうか判断されます。1を下回る方が割安、1を上回ると割高となります。

■PBRの割安・割高判断に「PBR=1」を基準とする理由
ちなみに、PBRの割安・割高を測るのにPBR=1を基準とするのは、次の理由からです。

「PBR = 株価 ÷ 1株当たり純資産 = 1」とは、「株価」と「1株あたり純資産」が等しいことを指します。

この「1株当たり純資産」は、仮に企業が解散した場合に株主の手元に残る価値(解散価値)に相当すると考えられています。

■PBRの割安・割高の判断についての具体例
PBRの割安・割高の判断について、次のA社とB社とC社のケースで具体的に見てみましょう。


A社 株価1000円、1株当たり純資産500円
B社 株価1000円、1株当たり純資産1000円
C社 株価1000円、1株当たり純資産2000円

A社のPER=1000 ÷ 500 =2倍
B社のPER=1000 ÷ 1000 =1倍
C社のPER=1000 ÷ 2000 =0.5倍

この場合、
A社=2倍=割高株 > B社=1倍=適性価格の株 > C社=0.5倍=割安株
となります。

2. PER・PBRの活用場面3つ

PERは「企業の利益に対する株価の割安感を示す指標」、PBRは「企業の資産に対する株価の割安感を示す指標」であると理解していただけたことと思います。

さらにここでは、 PERとPBRをいったいどのような場面で活用するかについて紹介 株価収益率の定義 します。

ただし、どの場面においてもPERとPBRのみで判断することは禁物です。

2-1. 投資する株を選ぶとき

投資する株を選ぶときに、PERとPBRを活用することができます。 株価収益率の定義

ただし、注意したい点は、PERとPBRだけでは、将来株価が適性価格へと上がるかどうかの判断まではできないことです。

2-2. 株を手放すタイミングを知りたいとき

PERとPBRは株を手放すタイミングを測るときにも使えます。

2-3. 市場全体が値下がりしているとき

市場全体が値下がりしていて株の購入を迷っている場合などは、PBRで割安株を探すことがおすすめです。

3. PERとPBRどちらを見るべきか

PERとPBRのどちらが重要かについては一概には言えませんが、

の注目度が高いと言えます。

PERやPBRはどちらも重要な指標ですが、短期投資か長期投資かなど使う目的や場面によって使い分けるようにしましょう。

4. PERとPBRの見方・使い方

  • PERについては低い方が割安
  • PBRについては1を下回る方が割安
  • PERとPBRをどこで見るか
  • PERの実際の見方・使い方
  • PBRの実際の見方・使い方

4-1. PERやPBRは企業の証券会社や投資情報サイトの銘柄紹介などで確認できる

PERとPBRは、証券会社の銘柄検索画面、株式・投資情報サイトで閲覧・検索することができます。

ほとんどのサイトでは、PERは「予想PER」と表示されているため、PERは「予想PER」の数値で確認しましょう。

PBRについては、「実績PER」と表示されているため「実績PBR」の数値を確認します。

4-2. PER(株価収益率)の見方・使い方

まずは、PERの見方・使い方について見てみましょう。

PERは「☓☓倍以上だと割安」といった見方をするのではなく、他の銘柄のPERなどと比較して割高か割安かを判断します。

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる