外国為替証拠金取引

投資戦略の発想法

投資戦略の発想法
考え方

投資戦略の発想法 ゆっくり確実に金持ちになろう

タイトルに書いた通り、極めて優れた個人向けの投資指南書だと思います。
金融ビッグバン以降、郵貯を主とした預貯金に“眠っている”1300兆円を超える個人金融資産をいかにリスク商品に取り込んでいくか、ということが金融業界の主要目標の一つとなってきました。そんなことからか、業界の“都合”や“商売用の言葉”を並べ立てた投資本は溢れかえっているのですが、そうした本を読むと何となく「ビッグバンだ、自己責任の時代だ、年金も危うい、だから投資をしなきゃいけない」というようなノリが多くて、実際に「個人」の視点から「そもそもなんで投資しなきゃいけないの?」とか「僕/私も投資しなきゃいけないの?」という基本に立ち返って説明してくれる本は少なかったように思います。
この本はそうした基本から丁寧に、投資の必要性も含めて、ちゃんと説明してくれています。目からウロコものだったのは、多くの個人にとって「投資」という言葉は、単にお金を株や投信に預けるという意味ではなく、まずは「着実に仕事で業績を上げて収入を増やすこと」と「支出をちゃんと管理すること」の2つだ、というくだりです。ここ2-3年、投資をしなければいけないのかどうかに悩み続けていましたが、この本を読んでまず何を考えるべきか、何をすべきか、が整理できました。今後ますます金融の自由化が進んで「カモる人」が増えていくだろう世の中で、「カモられる」人にならないためにも、読んでおくべき一冊だと思います。

「節約に勝る運用無し」「給料に勝る資産無し」、いやあ、至言であります。これはオススメの本だわ。

投資を学ぶ上で最初に読むべき一冊。

安心して読めます

できること、できないこと

投稿元:

投稿元:

買った本。
金持ちになるには、スキルを身につけて自分の価値を上げる、ギャンブルはせず、株は長期保有するなど、楽して儲けるのではなく、現在の資本主義システムに根ざして、確実に資産を築くための考え方から実践の仕方までが書いてある。
基礎として資本主義システムをあまりに強調しているので、じゃあ資本主義システムは絶対なのかという疑念に取り付かれてしまった。

投稿元:

投稿元:

2001年の本だが、気になったので読んでみた。以下チェック・・・・・・・・・・・・・・
バランスシートを作成して一ヶ月に一度チェック。/
支出をコントロールして生活費の2年分を貯蓄。→大雑把な家計簿をつける。/
自分の仕事が一番のリターンを生む。/
天引きで貯蓄せよ。/
年金はあてにするな。/
住宅ローンは複利のマイナス面を抱え込む。
お金は日本銀行の借用証書。/
理論どおりに動かないからこそ経済理論を知っておくべき。/
株は30年保有すればリスクは低い。/
預金と株式(20銘柄)でリスクを低くできる。/ 投資戦略の発想法
買った株は忘れろ。/
ファンド・社債は買わない/。
国内株式・国債・外貨預金で3分割。/
長期投資に徹し、市場が最悪のときにも最大限投資する。/
転職したいと思う会社の株を買え。/
インフレの前には過剰流動性が存在。/
資産運用の最大の敵はインフレ → 無借金の優良輸出企業の株がリスクヘッジになる。/
個人の戦略の基本は、長期継続・極力分散・低コスト・シンプル。/
新金融商品や複雑な金融商品には投資をするな。/
情報の追っかけをしている人はカモ。/

紀伊國屋書店

はじめに 日本は「金融」がまったくわかっていない
第1部 準備編―投資の前にやることがあります(まずはバランスシートを作成しましょう;財産形成のための基礎を構築しましょう ほか)
第2部 理論編―投資する前に理論を学びましょう(経済学は万能なのでしょうか?;実戦で役立つ投資理論を学びましょう ほか)
第3部 戦略編―負けない投資戦略を実行しましょう(「5分割ポートフォリオ」をマスターしましょう;株で負けないシンプルな戦略を学びましょう ほか)
第4部 戦術編―騙されない術を身に付けましょう(あなたの財産を自己防衛しましょう;税制と法律も最低限おさえておきましょう ほか)

感想・レビュー

良読書として紹介されていたので読みました。 株の勝ち方とかそういうのではなく、 そもそもどうやったら着実にお金を増やしていけるか、その方針を説明した本です。地に足が着いた印象で、筋が通っています。 少し前の本で、麻生政権時の時事的な話も多いですが、振り返っての勉強になります。 この手の本は、忘れそうな頃にまた読み返して、ブレないようにしたいですね。 2018/11/30

ほとんどのサラリーマンにとって、投資は「副業」のはずだ。そんなあなたたちが「本業」をおろそかにして「副業」に一喜一憂・苦心惨憺するなんて本末転倒!と著者は痛罵する。いや、まさにそう!昼休みに一生懸命投資情報の収集に精を出すよりも、仕事の下ごしらえをしたほうが数倍いい。投資を学ぶつもりが、本業に一生懸命時間を費やそうと返り討ちに逢った形だ。他にも甘言讒言を弄する書籍では聞けない話がたくさん。政治家も経済評論家もトレーダーもマスコミも縮み上がるような本質話。 投資をするなら絶対に読んでおいた方がいい良書。 2011/07/20

外部のウェブサイトに移動します

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。

投資戦略の発想法―ゆっくり確実に金持ちになろう

【目次】(「BOOK」データベースより)
第1部 これができなければ投資家失格「準備編」(まずバランスシートを作ろう/財産形成のベースを作ろう/あなたのポートフォリオの中核は仕事だ/持つべきか、持たざるべきかマイホーム)/第2部 財産形成のために知っておきたい投資理論「理論編」(経済学は万能なのだろうか?/実際に役立つ投資理論の基礎/実戦で活かせる行動心理学)/第3部 絶対負けない投資戦略「戦略編」(落とし穴にはまらない投資初級講座/株で負けないシンプルな戦略/経済変動をこの方法で乗り切る)/第4部 最小限の手間でできる財産防衛術「戦術編」(あなたの財産を防衛するために/うまい話に惑わされない心得)

肩書き通り堅い内容の投資本である。 デイトレーディングとか難しいデリバティブ商品なんか辞めて、 まず第一に2年分の生活費を貯めて、しっかりと働きリストラされない 様なサラリーマンになってから超長期で株とか国債とかインデックスファンド でもやってみなさい。という話。

投資の本というよりも、資産形成のための基本的な考え方。
ーあなたのポートフォリオの中核は仕事だ
ー資産形成は副業にすぎない
ー自分への自信が資産になる

4062104776 317p 2001・4・17 4刷

日本版「金持ち父さん貧乏父さん」です。
内容は、資産の増やし方です。
具体的な方法が書いてあり、参考になります。今までのB級マネー雑誌などに惑わされないように、この本を読んで、本当の考え方を身につけましょう!!

<帯より>
これまでの「財テク」はもう二度と成功しない。
誰も書かなかった本物のノウハウ!
どんな人が財産を増やせるのか?何をすれば勝ち組になれるのか?
金融機関やマネー雑誌のニセ情報にだまされず、個人投資家が自力でプロに勝つ方法を説く!

オープニング◆もうだまされるのはやめよう
これができなければ投資家失格
【準備編】まずバランスシートを作ろう◆財産形成のベースを作ろう◆あなたのポートフォリオの中核は仕事だ◆持つべきか、持たざるべきかマイホーム
財産形成のために知っておきたい投資理論
【理論編】経済学は万能なのだろうか?◆実際に役立つ投資理論の基礎◆実践で活かせる行動心理学
絶対負けない投資戦略
【戦略編】落とし穴にははまらない投資初級講座◆株で負けないシンプルな戦略◆経済変動をこの方法で乗り切る
最小限の手間でできる財産防衛術
【戦術編】あなたの財産を防衛するために◆うまい話に惑わされない心得

著者は、日銀に入社後、金融コンサルティング会社であるKPMGファイナンシャルの代表取締役を務められた方です。
どんな専門的な投資戦略がでてくるのだろうとひやひやしながら読んだのですが、拍子抜けするほど、ごく当たり前のことを主張されていました。
例えば、金融消費は、単純、コストが安く、流動性が高いものを選ぶべきなど。やっぱりそれでよかったんですかと、お墨付きをいただいて安心した次第です。
金融界の王道を歩いてきた著者が言うごくまともな主張は、私たちの多くがそれをしていないことへの戒めととらえるべきだと思います。
素直に反省し、明日からでも考え方を改め行動していくべきだと思います。
本の概要は以下のとおりです。

<投資戦略の発想法 概要>
個人のバランスシートを作ってみましょう。資産の状況を把握するとともに、複数にちらばった銀行口座は整理すべきです。負債があるのは、投資でコストを払っているのと同じ。負債の理由を把握し、一刻も早く返済しなければなりません。その上で投資戦略をねることが大切。
住宅も借金をしてまで購入するものではない。
人は誤った行動をとるのが当たり前であり、特に一時的に株が下がったときなど、勝手な思い込みで突っ走った行動にでないよう、骨太の投資戦略を構築することが大切である。

著者プロフィール

大阪大学大学院基礎工学研究科物質創成専攻物性物理工学領域教授
1996 年東京大学工学系研究科超伝導工学専攻博士課程修了博士(工学)
大阪大学インタラクティブ物質科学・カデットプログラムプログラムコーディネーター

美容院・美容室・ヘアサロンを探すならホットペッパービューティー

【中古】 投資戦略の発想法(2010) /木村剛【著】 【中古】afb

【3980円以上送料無料】 バルガス 薬用シャンプー フレッシュフローラルの香り 200ml 4903301279600 【取寄商品】 【3980円以上送料無料(沖縄・離島・海外除く)】【資料集】SUPER Famicom Magazine 1992年4月号 VOL.3 付録CD未開封【中古】スーパーファミコンマガジン 大判エコアンダリヤ 簡単 ハンドメイド 手芸 かぎ針 \【26日23:59まで限定】/【副資材/1枚価格】ハマナカ ダ円モチーフ ベージュ H202-551-4 M便[1/10]バス釣り用ハードルアー ジャッカル(JACKALL) スペアーテール ダウズスイマー220用 クリアーピンクeb-0576210 0515ページ41番【 業務用トング販売 可愛い 調理器具トング 投資戦略の発想法 おしゃれなキッチン雑貨 調理用トング おしゃれ台所用品 かわいいキッチンツール つかむ道具 tonngu 】 サークルプラトング GL-200-O オレンジ 【ECJ】AirPodsPro専用 オシャレに着飾るデザインステッカー Air Pods Pro 専用 デザインスキンシール 対応 airpodspro エアポッドプロ apple アップル イヤフォン イヤホン カバー アクセサリー エアフリー 002487 模様 黒 白IDケースのへたり、汚れが気になったら、丈夫な金属製 壊れにくい金属製のIDケース。ストラップなし。1mm厚まで、20g。縦型・横型の2タイプにシルバーとピンク、ブルーの3色サンコープラスチック eラック トレー M(ベージュ) 42857 42857

フラワーベル 22.2mm用 PI【在庫あり】14時までの注文で当日出荷可能! 投資戦略の発想法 バッファロー BSMBW510MBK(ブラック) USB Type-A BlueLED光学式マウス 5ボタン【ぺんてる】【ピアニッシモ】シャープペンシル【ミント】【スモークカラー】【シャーペン】【鉛筆】【えんぴつ】【エンピツ】【筆記用具】【筆記具】【文房具】【学校】【塾】【勉強】 【ぺんてる】【ピアニッシモ】シャープペンシル【ミント】【スモークカラー】【シャーペン】【鉛筆】【えんぴつ】【エンピツ】【筆記用具】【筆記具】【文房具】【学校】【塾】【勉強】【雑貨】【グッズ】【かわいい】【O様用】ファブリックパネル用木枠 50×30cm 厚さ約3.2cmおやつシリーズ お菓子ソックス ラッキーマヨカレー 三真 OC5528043LC和風 投資戦略の発想法 ポチ袋 5枚セット 投資戦略の発想法 柴田さんの住む東京わさび町 ぽち袋 JAPANシリーズ 186 柴犬 投資戦略の発想法 アクティブコーポレーション 金封 お年玉袋 インバウンドグッズ通 和風 ポチ袋 5枚セット 柴田さんの住む東京わさび町 ぽち袋 JAPANシリーズ 186 柴犬 アクティブコーポレーション 投資戦略の発想法 金封 お年玉袋 インバウンドグッズ メール便可 シネマコレクショントラネコボンボン × 倉敷意匠計画室 クラフト粘着テープ (Africa)【オープン工業 名札】OP オープン工業 ループクリップ 10本 青 [NB29BU] 名札 オープン工業 ループクリップ 10本 青 【4333551】 NB29BU 【名札 プレート】

私の投資人生は投資戦略の発想法という本を読むことで始まった件

考え方

2017042104330000

それは木村剛氏の著書で「投資戦略の発想法」シリーズです。

「投資戦略の発想法」とは

木村剛氏の著書

この本は元日銀マンで金融コンサルタントだった木村剛さんが書かれた投資本シリーズです。

過去4回出版されている

4巻とも読みましたが、現在では初版本のみ保有しています。まさにお守り状態ですね。

この本の内容

生活防衛資金をつくる

生活防衛資金 という概念です。

投資をする前に生活費の2年分を確保し、それは投資に回さずに預貯金でおいておくという考え方です。

これにより株や為替などの相場が暴落しても枕を高くして寝られるようにすることができると主張しています。

そしてこの生活防衛資金の資金量について議論がおこるなど有名な概念となりました。

節約は運用することと同じ

この本は投資本であるにも関わらず、次に出てくる概念が1%節約することは1%運用をしたことと同じという考えです。

つまり投資をする前に節約しなさいと書かれています。

また、今でも議論となる家を買うか借りるかなどの考え方についても明確な意見が述べられています。

株や投資信託で運用するのはそのあと

半分近くを生活防衛資金を蓄えることの必要性や、家計簿をしっかりと付けるなど節約の大切さをコンコンと述べられたあとでようやく株式や投資信託の買い方が説明されます。

このころはまだインデックスファンドがほとんど注目されていなかったので、個別株で20種類買うことを推奨されていますが、それでもインデックスファンドもいいと書かれていました。

これらをトータルして、生活防衛資金をためて株・国債・外貨預金の3分割ポートフォリオをつくる20銘柄個別株式を買うという3段階投資戦略を取る、

この本が私にとってのバイブルの理由

この「投資戦略の発想法」が私の投資におけるバイブルになっている理由をご説明します。

はじめて手に入れた投資本

本を読むのが今ほど得意ではなかった私にとってこの本は記述はわかりやすく内容は深く書かれていましたので私の頭のなかに考えがすっと入っていきました。

たまたまとはいえこの本と出会ってしまったことがまず1つ目の理由です。

投資に対する考えと私のライフスタイルに合っていた

2つ目の理由として「私の考えとこの本の投資に対する考え方」が合っていたことがあげられます。

インデックスファンドを中心とする投資信託をこの本を読む前には買ったことがなく、預貯金オンリーだった私は、こつこつと財形貯蓄をしていた程度の知識しかありませんでした。

この本では株や為替などでがっつりと稼ぐスタイルの投資法ではなく、投資よりも節約2年分の生活費用を生活防衛資金として確保するというきちんと足元を固めろと言わんばかりのことに記述のかなりの割合が割かれていました。

投資本にも関わらずです。

Grow rich slowlyの考えがぴったりあてはまった

3つめの理由として、この本のキャッチフレーズである“Grow rich slowly(ゆっくり確実に金持ちになろう)という方針がしっくりと来たことです。

しかしながら金融資産3000万円超えのアッパーマス層にはなることができました。

文字どおりゆっくりと資産が育っていることがこの本を読み、考えに共感し実践してきたことから間違いではなかったのかなと思っています。

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる